試訳(旧版、2013年3月25日に訂正版に差替済)

翻訳 和久井 理子  (翻訳作成掲載日 2012118日、訂正 2012127日)

Tentative Translation by Masako Wakui (Translation Website Created: 18 January 2012)

 

 

この翻訳は、欧州連合出版局によりEUR-Lexウエブサイトに掲載された英語版の一部を訳したものである。日本語への翻訳の責任は、完全に翻訳者が負う。

 

Translated from the original Engish edition published by the Publications Office of the European Union on the EUR-Lex website:

 

© European Union, http://eur-lex.europa.eu/,Proposal for a REGULATION OF THE EUROPEAN PARLIAMENT AND OF THE COUNCIL on a Common European Sales Law

 

Responsibility for the translation into Japanese lies entirely with Masako Wakui.

 

 

Proposal for a

REGULATION OF THE EUROPEAN PARLIAMENT AND OF THE COUNCIL

on a Common European Sales Law

欧州共通販売法に係る欧州議会及び理事会規則(案)

 

Brussels, 11.10.2011

COM(2011) 635 final

2011/0284 (COD)

20111011日]

 

[前文

 

Article 1  Objective and subject matter

第1条 目的と規律事項

1. The purpose of this Regulation is to improve the conditions for the establishment and the functioning of the internal market by making available a uniform set of contract law rules as set out in Annex I ('the Common European Sales Law'). These rules can be used for cross-border transactions for the sale of goods, for the supply of digital content and for related services where the parties to a contract agree to do so.

1. この規則は、この規則の附則(「欧州共通販売法」)のとおり統一された契約法の準則を提供することにより、域内市場の確立と機能のための条件を改善することを目的とする。この準則は契約の当事者が用いることを合意した場合に物品を販売し、デジタルコンテンツを提供し、及び関係する役務を提供する国際取引に用いることができる。

2. This Regulation enables traders to rely on a common set of rules and use the same contract terms for all their cross-border transactions thereby reducing unnecessary costs while providing a high degree of legal certainty.

2. この規則は、事業者が国際取引のすべてについて共通の準則に依拠し同じ契約条項を用いることを可能とすることにより、高度の法的安定性を確保するとともに、必要のない経費を削減するものである。

3. In relation to contracts between traders and consumers, this Regulation comprises a comprehensive set of consumer protection rules to ensure a high level of consumer protection, to enhance consumer confidence in the internal market and encourage consumers to shop across borders.

3.事業者と消費者との間の契約について、この規則は、高い水準で消費者が保護されるようにし、消費者の域内市場に対する信頼を高めて、消費者が国際的に購買を行うことを促進する包括的な消費者保護準則を構成する。

 

Article 2  Definitions

2条 定義

For the purpose of this Regulation, the following definitions shall apply:

この規則の適用上、次の定義を適用する。

(a) ‘contract’ means an agreement intended to give rise to obligations or other legal effects;

(a)「契約」とは、義務その他法的効果を生じさせる意思をもってなされる合意をいう。

(b) ‘good faith and fair dealing’ means a standard of conduct characterised by honesty, openness and consideration for the interests of the other party to the transaction or relationship in question;

(b)「信義誠実と公正取引の原則」とは、誠実、開放性、取引又は関係における相手方の利益に対する配慮を特徴とする行動の基準をいう。

(c) ’loss’ means economic loss and non-economic loss in the form of pain and suffering, excluding other forms of non-economic loss such as impairment of the quality of life and loss of enjoyment;

(c)「損失」とは、経済的損失及び、苦痛の形をとる非経済的損失であって、生活の質に対する障碍及び失職等他の形をとる非経済的損失を除くものをいう。

(d) ‘standard contract terms’ means contract terms which have been drafted in advance for several transactions involving different parties, and which have not been individually negotiated by the parties within the meaning of Article 7 of the Common European Sales Law;

(d)「標準契約条項(約款)」とは、異なる当事者が関わる複数の取引について予め作成され、欧州共通販売法第7条の規定する当事者による個別交渉がなされない契約条項に該当する契約条項をいう。

(e) ‘trader’ means any natural or legal person who is acting for purposes relating to that person’s trade, business, craft, or profession;

(e)「事業者」とは、自己の取引、事業、工芸又は専門職業の内で活動する自然人又は法人をいう。

(f) ‘consumer’ means any natural person who is acting for purposes which are outside that person's trade, business, craft, or profession;

(f)「消費者」とは、自己の取引、事業、工芸又は専門職業の外で活動する自然人をいう。

(g) ‘damages’ means a sum of money to which a person may be entitled as compensation for loss, injury or damage;

(g)「損害賠償」とは、損失、傷害又は損害の償いとして得ることができる金銭をいう。

(h) ‘goods’ means any tangible movable items; it excludes:

(h)「物品」とは、次に掲げるものを除く、有体の動産をいう。

(i) electricity and natural gas; and

(i) 電気及び天然ガス

(ii) water and other types of gas unless they are put up for sale in a limited volume or set quantity;

(ii) 水及び他の種類のガス(ただし、限られた分量で又は数量を限って販売に供されているものを除く。)

(i) 'price’ means money that is due in exchange for goods sold, digital content supplied or a related service provided;

(i)「代金」とは、販売される物品、提供されるデジタルコンテンツ又は提供される関係する役務と引換えに支払わなければならない金銭をいう。

 (j) ‘digital content’ means data which are produced and supplied in digital form, whether or not according to the buyer's specifications, including video, audio, picture or written digital content, digital games, software and digital content which makes it possible to personalise existing hardware or software; it excludes:

(j)「デジタルコンテンツ」とは、買主の指定に従うものか否かを問わず、デジタル方式で制作され提供されるデータ(映像、音声又は画像若しくは文字のデジタルコンテンツ、デジタルゲーム、ソフトウェア又は既存のハードウェア若しくはソフトウェアを個人用化することを可能にするデジタルコンテンツを含む。)をいう。ただし、次に掲げるものを除く。

(i) financial services, including online banking services;

(i) 金融サービス(オンライン・バンキング業務を含む。)

(ii) legal or financial advice provided in electronic form;

(ii) 電子的方式により提供される法律相談又は財務相談

(iii) electronic healthcare services;

(iii) 電子医療サービス

(iv) electronic communications services and networks, and associated facilities and services;

(iv) 電子通信役務及びネットワーク並びにこれらに関連する設備と役務

(v) gambling;

(v) 賭博

(vi) the creation of new digital content and the amendment of existing digital content by consumers or any other interaction with the creations of other users;

(vi) 消費者による新しいデジタルコンテンツの作成及び既存のデジタルコンテンツの改変その他利用者の創作物との間の相互作用

(k) ‘sales contract’ means any contract under which the trader ('the seller') transfers or undertakes to transfer the ownership of the goods to another person ('the buyer'), and the buyer pays or undertakes to pay the price thereof; it includes a contract for the supply of goods to be manufactured or produced and excludes contracts for sale on execution or otherwise involving the exercise of public authority;

(k)「売買契約」とは、事業者(「売主」)が物品の所有権を他の者(「買主」)に移転し又は移転することを約し、買主がその代金を支払い又は支払うことを約する契約をいう。ただし、物品を製造又は生産して供給する契約を含み、強制執行その他公権力の行使を伴う販売契約を除く。

(l) ‘consumer sales contract’ means a sales contract where the seller is a trader and the buyer is a consumer;

(l)「消費者売買契約」とは、売主が事業者であって、買主が消費者である売買契約をいう。

(m) ‘related service’ means any service related to goods or digital content, such as installation, maintenance, repair or any other processing, provided by the seller of the goods or the supplier of the digital content under the sales contract, the contract for the supply of digital content or a separate related service contract which was concluded at the same time as the sales contract or the contract for the supply of digital content; it excludes:

(m)「関係する役務」とは、物品の売主又はデジタルコンテンツの提供者により、売買契約、デジタルコンテンツ提供契約又は売買契約又はデジタルコンテンツ提供契約締結と同時に締結される別の関係役務提供契約に基づいて提供される設置、保守、修補その他の処理等の物品又はデジタルコンテンツに関係する役務をいう。ただし、次に掲げるものを除く。

(i) transport services,

(i) 運送業務

(ii) training services,

(ii) 訓練業務

(iii) telecommunications support services; and

(iii) 電気通信支援業務

(iv) financial services;

(iv) 金融サービス

(n) ‘service provider’ means a seller of goods or supplier of digital content who undertakes to provide a customer with a service related to those goods or that digital content;

(n)「役務提供者」とは、物品の売主又はデジタルコンテンツの提供者であって、これら物品又はデジタルコンテンツに関係する役務を顧客に提供することを引き受ける者をいう。

(o) ‘customer’ means any person who purchases a related service;

(o)「顧客」とは、関係する役務を購入する者をいう。

(p) ‘distance contract’ means any contract between the trader and the consumer under an organised distance sales scheme concluded without the simultaneous physical presence of the trader or, in case the trader is a legal person, a natural person representing the trader and the consumer, with the exclusive use of one or more means of distance communication up to and including the time at which the contract is concluded;

(p)「隔地者間の契約」とは、契約の締結時を含め締結にいたる時まで専ら一又は複数の隔地者間通信の手段を用いて、事業者又は事業者が法人であるときは事業者のために取引を行う自然人と消費者とが同時に物理的に存在することなく組織化された隔地者間販売制度の下で、事業者と消費者との間で締結される契約をいう。

(q) ‘off-premises contract’ means any contract between a trader and a consumer:

(q)「営業所外契約等」とは、次のいずれかに該当する事業者と消費者との間の契約をいう。

(i) concluded in the simultaneous physical presence of the trader or, where the trader is a legal person, the natural person representing the trader and the consumer in a place which is not the trader's business premises, or concluded on the basis of an offer made by the consumer in the same circumstances; or

(i) 事業者の営業所外において事業者又は事業者が法人であるときは事業者のために取引を行う自然人と消費者とが同時に物理的に存在するところで締結される契約、又は、このような状況において消費者が行う申込みに基づいて締結される契約

(ii) concluded on the trader's business premises or through any means of distance communication immediately after the consumer was personally and individually addressed in a place which is not the trader's business premises in the simultaneous physical presence of the trader or, where the trader is a legal person, a natural person representing the trader and the consumer; or

(ii) 事業者又は事業者が法人であるときは事業者のために行為を行う自然人と消費者とが同時に物理的に存在するところで、かつ、営業所外において、当該消費者に対する個人的な対応がなされた直後に、事業者の営業所において、又は隔地者間通信の方法により締結される契約

(iii) concluded during an excursion organised by the trader or, where the trader is a legal person, the natural person representing the trader with the aim or effect of promoting and selling goods or supplying digital content or related services to the consumer;

(iii) 事業者又は事業者が法人であるときは事業者のために取引を行う自然人により、消費者に対して物品の販売促進及び販売又はデジタルコンテンツ若しくは関係する役務の販売促進及び提供を行う目的又は効果をもって組織された見学旅行の間に締結される契約

(r) ‘business premises’ means:

(r)「営業所」とは、次のいずれかをいう。

(i) any immovable retail premises where a trader carries out activity on a permanent basis, or

(i) 事業者が永続的に活動を行う固定された店舗

(ii) any movable retail premises where a trader carries out activity on a usual basis;

(ii) 事業者が日常的に活動を行う可動の店舗

(s) ‘commercial guarantee’ means any undertaking by the trader or a producer to the consumer, in addition to legal obligations under Article 106 in case of lack of conformity to reimburse the price paid or to replace or repair, or service goods or digital content in any way if they do not meet the specifications or any other requirements not related to conformity set out in the guarantee statement or in the relevant advertising available at the time of, or before the conclusion of the contract;

(s)「事業上の保証」とは、第106条に規定する不適合の場合に生じる法律上の義務に加えて、契約締結時以前に提供されていた保証の言明又は広告において述べられた、適合性とは関係しない指定その他要求を満たさない場合に、支払われた代金を返金し、又は物品又はデジタルコンテンツの取換え、修補又は修理を行うこととする事業者又は製造者による消費者に対する約束をいう。

(t) ‘durable medium’ means any medium which enables a party to store information addressed personally to that party in a way accessible for future reference for a period of time adequate for the purposes of the information and which allows the unchanged reproduction of the information stored;

(t)「耐久性ある記録媒体」とは、当事者が情報の目的に照らして十分な期間、将来に参照することができるように、この当事者に向けて個人的に提供された情報を保存することを可能とする記録媒体であって、保存された情報を変更されることなく複製することができるようにするものをいう。

(u) 'public auction' means a method of sale where goods or digital content are offered by the trader to the consumer who attends or is given the possibility to attend the auction in person, through a transparent, competitive bidding procedure run by an auctioneer and where the successful bidder is bound to purchase the goods or digital content;

(u)「公開競り売買」とは、競売人が運営する透明な競争的オークションが行われる競り売買に直接に参加し、又は参加する可能性を認められた消費者に対して、事業者により物品又はデジタルコンテンツの申込みが行われ、落札者がこの物品又はデジタルコンテンツを購入する義務を負う販売方法をいう。

(v) 'mandatory rule' means any provision the application of which the parties cannot exclude, or derogate from or the effect of which they cannot vary;

(v)「強行的準則」とは、当事者がその適用を排除し、又はその効力を変更することができない規定をいう。

(w) 'creditor' means a person who has a right to performance of an obligation, whether monetary or non-monetary, by another person, the debtor;

(w)「債権者」とは、金銭債務か非金銭債務かを問わず、債務者である者の義務の履行について権利を有する者をいう。

(x) 'debtor' means a person who has an obligation, whether monetary or non-monetary, to another person, the creditor;

(x)「債務者」とは、金銭債務か非金銭債務かを問わず、債権者である者に対して義務を負う者をいう。

(y) 'obligation' means a duty to perform which one party to a legal relationship owes to another party.

(y)「義務」とは、法律関係の当事者が相手方に対して負う、履行されるべき努めをいう。

 

Article 3  Optional nature of the Common European Sales Law

3条 欧州共通販売法の任意性

The parties may agree that the Common European Sales Law governs their cross-border contracts for the sale of goods, for the supply of digital content and for the provision of related services within the territorial, material and personal scope as set out in Articles 4 to 7.

当事者は物品の販売、デジタルコンテンツの提供及び関係する役務の提供に関する国際的契約であって、第4条から第7条までに定められる地理、事項及び人的範囲に含まれるものについて欧州共通販売法を適用法とすることを合意することができる。

 

Article 4  Cross-border contracts

4条 国際的契約

1. The Common European Sales Law may be used for cross-border contracts.

1. 欧州共通販売法は国際的契約に用いることができる。

2. For the purposes of this Regulation, a contract between traders is a cross-border contract if the parties have their habitual residence in different countries of which at least one is a Member State.

2. この規則の適用上、事業者間の契約は、当事者の常居所が異なる国にある場合であってそのいずれか一が加盟国内にあるときに、国際的契約とされる。

3. For the purposes of this Regulation, a contract between a trader and a consumer is a cross-border contract if:

3. この規則の適用上、事業者と消費者との間の契約は、次に掲げる要件を満たす場合に、国際的契約とされる。

(a) either the address indicated by the consumer, the delivery address for goods or the billing address are located in a country other than the country of the trader's habitual residence; and

(a) 消費者が指示する住所、物品の配達先住所又は請求先住所が、事業者が常居所とする国以外の国にあること。

(b) at least one of these countries is a Member State.

(b) これらの国の少なくとも一つが、加盟国であること。

4. For the purposes of this Regulation, the habitual residence of companies and other bodies, corporate or unincorporated, shall be the place of central administration. The habitual residence of a trader who is a natural person shall be that person's principal place of business.

4. この規則の適用上、会社その他機関の常居所は、法人として設立されているか否かを問わず、管理の中心がある場所とする。自然人である事業者の常居所は、この者の主たる営業所とする。

5. Where the contract is concluded in the course of the operations of a branch, agency or any other establishment of a trader, the place where the branch, agency or any other establishment is located shall be treated as the place of the trader's habitual residence.

5. 契約が、支店、代理店その他事業者の事務所が業務として締結される場合には、支店、代理店その他事務所の所在地が、事業者の常居所とみなされる。

6. For the purpose of determining whether a contract is a cross-border contract the relevant point in time is the time of the agreement on the use of the Common European Sales Law.

6. 契約が国際的契約か否かを決定するに当たっては、欧州共通販売法を用いることについて合意がなされた時における状況を考慮する。

 

Article 5  Contracts for which the Common European Sales Law can be used

5条 欧州共通販売法を用いることができる契約

The Common European Sales Law may be used for:

欧州共通販売法は、次の契約に用いることができる。

(a) sales contracts;

(a) 売買契約

(b) contracts for the supply of digital content whether or not supplied on a tangible medium which can be stored, processed or accessed, and re-used by the user, irrespective of whether the digital content is supplied in exchange for the payment of a price.

(b) デジタルコンテンツを提供する契約(有体の記録媒体であって、保存、処理又は閲覧し、利用者が再利用することができるものにより提供されるか否かを問わない。デジタルコンテンツが、代金の支払と引換えに提供されるかどうかを問わない。)

(c) related service contracts, irrespective of whether a separate price was agreed for the related service.

(c) 関係する役務を提供する契約(関係する役務について、価格が別に設定されるか否かを問わない。)

 

Article 6  Exclusion of mixed-purpose contracts and contracts linked to a consumer credit

6条 目的が複数ある契約及び消費者信用に関係する契約の除外

1. The Common European Sales Law may not be used for mixed-purpose contracts including any elements other than the sale of goods, the supply of digital content and the provision of related services within the meaning of Article 5.

1. 欧州共通販売法は、目的(第5条に規定する物品の販売、デジタルコンテンツの提供又は関係する役務の提供以外の要素を含む。)が複数ある契約に用いることはできない。

2. The Common European Sales Law may not be used for contracts between a trader and a consumer where the trader grants or promises to grant to the consumer credit in the form of a deferred payment, loan or other similar financial accommodation. The Common European Sales Law may be used for contracts between a trader and a consumer where goods, digital content or related services of the same kind are supplied on a continuing basis and the consumer pays for such goods, digital content or related services for the duration of the supply by means of instalments.

2. 欧州共通販売法は、事業者が消費者に対して、支払の繰延、貸付その他類似する金銭上の取決めにより消費者に対する信用を供与し又は供与することを約束する事業者と消費者との間の契約には用いることができない。欧州共通販売法は、同種の物品、デジタルコンテンツ又は関係する役務が、継続して供給され、消費者がこの物品、デジタルコンテンツ又は関係する役務に分割払いの方法により、供給される間支払を行う契約には、用いることができる。

 

Article 7  Parties to the contract

7条 契約の当事者

1. The Common European Sales Law may be used only if the seller of goods or the supplier of digital content is a trader. Where all the parties to a contract are traders, the Common European Sales Law may be used if at least one of those parties is a small or medium-sized enterprise ('SME').

1. 欧州共通販売法は、物品の販売者又はデジタルコンテンツの提供者が事業者である場合に限り、使用することができる。契約当事者のすべてが事業者である場合には、欧州共通販売法は、当事者の少なくとも一が中小企業である場合に限り、用いることができる。

2. For the purposes of this Regulation, an SME is a trader which

2. この規則の適用上、中小企業とは、次の要件を満たす事業者をいう。

(a) employs fewer than 250 persons; and

(a) 従業員が250人以下であること。

(b) has an annual turnover not exceeding EUR 50 million or an annual balance sheet total not exceeding EUR 43 million, or, for an SME which has its habitual residence in a Member State whose currency is not the euro or in a third country, the equivalent amounts in the currency of that Member State or third country.

(b) 1年間の売上高が5000万ユーロ未満若しくは年間貸借対照表の額が4300万ユーロ未満であり、又は、常居所がユーロを通貨としない加盟国又は第三国にある中小企業については、当該加盟国若しくは第三国の通貨における同等の額未満であること。

 

Article 8  Agreement on the use of the Common European Sales Law

8条 欧州共通販売法を用いることの合意

1. The use of the Common European Sales Law requires an agreement of the parties to that effect. The existence of such an agreement and its validity shall be determined on the basis of paragraphs 2 and 3 of this Article and Article 9, as well as the relevant provisions in the Common European Sales Law.

1. 欧州共通販売法を用いるためには、当事者がその旨を合意することが必要である。この合意の存在と有効性は、本条第2項及び第3項並びに第9条並びに欧州共通販売法の関連する規定に基づいて決定される。

2. In relations between a trader and a consumer the agreement on the use of the Common European Sales Law shall be valid only if the consumer's consent is given by an explicit statement which is separate from the statement indicating the agreement to conclude a contract. The trader shall provide the consumer with a confirmation of that agreement on a durable medium.

2. 事業者と消費者との間においては、欧州共通販売法を用いることの合意は、消費者が明示的な言明により同意を与えた場合に限り、有効とする。この言明は、契約を締結することを合意する言明とは別になされるものとする。事業者は消費者にこの合意の確認書を耐久性ある記録媒体により提供するものとする。

3. In relations between a trader and a consumer the Common European Sales Law may not be chosen partially, but only in its entirety.

3. 事業者と消費者との間においては、欧州共通販売法を部分的に選択することはできず、全体として選択しなければならない。

 

Article 9  Standard Information Notice in contracts between a trader and a consumer

9条 事業者と消費者との契約における標準的な情報の通知

1. In addition to the pre-contractual information duties laid down in the Common European Sales Law, in relations between a trader and a consumer the trader shall draw the consumer's attention to the intended application of the Common European Sales Law before the agreement by providing the consumer with the information notice in Annex II in a prominent manner. Where the agreement to use the Common European Sales Law is concluded by telephone or by any other means that do not make it possible to provide the consumer with the information notice, or where the trader has failed to provide the information notice, the consumer shall not be bound by the agreement until the consumer has received the confirmation referred to in Article 8(2) accompanied by the information notice and has expressly consented subsequently to the use of the Common European Sales Law.

1. 事業者と消費者との間においては、欧州共通販売法に規定する契約前の情報提供に関する義務に加えて、事業者は消費者に対して適切な方法で附則IIの情報通知を行うことにより、欧州共通販売法を適用する意思を有していることについて消費者の注意を喚起するものとする。欧州共通販売法を用いる合意が電話その他消費者に対して情報通知を行うことを可能としない方法によってなされる場合、又は事業者が情報通知をしなかった場合には、合意は、消費者が情報通知及び第8条第(2)項に規定する確認を情報通知とともに受け取り、かつ、その時以降欧州共通販売法を用いることに明示的に同意しなければ、消費者に対してその効力を生じない。

2. The information notice referred to in paragraph 1 shall, if given in electronic form, contain a hyperlink or, in all other circumstances, include the indication of a website through which the text of the Common European Sales Law can be obtained free of charge.

2. 1項に規定する情報の通知には、電子的方法で行われる場合にはハイパーリンクを含め、その他すべての場合には欧州共通販売法の条文を無料で取得することができるウエブサイトの表示を含めるものとする。

 

Article 10  Penalties for breach of specific requirements

10条 特定の規定の違反に対する罰則

Member States shall lay down penalties for breaches by traders in relations with consumers of the requirements set out in Articles 8 and 9 and shall take all the measures necessary to ensure that those penalties are applied. The penalties thus provided shall be effective, proportionate and dissuasive. Member States shall notify the relevant provisions to the Commission no later than [1 year after the date of application of this Regulation] and shall notify any subsequent changes as soon as possible.

加盟国は、事業者が消費者との間において第8条及び第9条の規定に違反することについての罰則を定め、これら罰則が適用されるために必要な措置のすべてをとるものとする。この罰則は、実効的であるとともに、比例的かつ抑止的なものでなければならない。加盟国は、[この規則の適用日から1年を経過する日]以前に、委員会に、関連する規定を通知するとともに、できる限り迅速にそれ以降に行われる変更を通知するものとする。

 

Article 11  Consequences of the use of the Common European Sales Law

11条 欧州共通販売法を用いることの結果

Where the parties have validly agreed to use the Common European Sales Law for a contract, only the Common European Sales Law shall govern the matters addressed in its rules. Provided that the contract was actually concluded, the Common European Sales Law shall also govern the compliance with and remedies for failure to comply with the pre-contractual information duties.

当事者が有効に欧州共通販売法を契約に用いることを合意した場合には、専ら欧州共通販売法がこの法律が準則の取り扱う事項を規律するものとする。契約が現実に締結されれば、契約締結前の情報に関する義務の遵守及びこれに従わなかったことに対する救済も、欧州共通販売法により規律される。

 

Article 12  Information requirements resulting from the Services Directive

12条 サービス指令による情報に関する要求事項

This Regulation is without prejudice to the information requirements laid down by national laws which transpose the provisions of Directive 2006/123/EC of the European Parliament and of the Council of 12 December 2006 on services in the internal market and which complement the information requirements laid down in the Common European Sales Law.

この規則は、統一市場におけるサービスに関する20061212日欧州議会・理事会指令(2006/123/EC)の規定を国内で実施する国内法により定められた情報に関する要求事項であって、欧州共通販売法により定められた情報に関する要求事項を補完する要求事項に影響を及ぼさない。

 

Article 13  Member States' options

13条 加盟国の選択

A Member State may decide to make the Common European Sales Law available for:

加盟国は、欧州共通販売法を次に掲げる契約について用いることができるものとする決定を行うことができる。

(a) contracts where the habitual residence of the traders or, in the case of a contract between a trader and a consumer, the habitual residence of the trader, the address indicated by the consumer, the delivery address for goods and the billing address, are located in that Member State; and/or

(a) 事業者の常居所、又は事業者と消費者との間の契約については事業者の常居所、消費者が指示する住所、物品の配達先住所及び請求先住所が当該加盟国内にある契約

(b) contracts where all the parties are traders but none of them is an SME within the meaning of Article 7(2).

(b) 当事者のすべてが事業者であって、かつ、いずれの当事者も第7条第(2)項に規定する中小企業に該当しない契約

 

Article 14  Communication of judgments applying this Regulation

14条 この規則を適用する判決の連絡

1. Member States shall ensure that final judgments of their courts applying the rules of this Regulation are communicated without undue delay to the Commission.

1. 加盟国は、この規則の準則を適用する当該加盟国の裁判所の終局的判決が、不当な遅滞なく、委員会に連絡されるようにするものとする。

2. The Commission shall set up a system which allows the information concerning the judgments referred to in paragraph 1 and relevant judgements of the Court of Justice of the European Union to be consulted. That system shall be accessible to the public.

2. 委員会は、第1項に規定する判決と欧州司法裁判所の関連する判決に関する情報について検討することができる制度を確立するものとする。この制度は、一般に公開されたものとする。

 

Article 15  Review

15条 見直し

1. By … [4 years after the date of application of this Regulation], Member States shall provide the Commission with information relating to the application of this Regulation, in particular on the level of acceptance of the Common European Sales Law, the extent to which its provisions have given rise to litigation and on the state of play concerning differences in the level of consumer protection between the Common European Sales Law and national law. That information shall include a comprehensive overview of the case law of the national courts interpreting the provisions of the Common European Sales Law.

1.[この規則の適用日から4年を経過する日]までに、加盟国は、委員会にこの規則の適用に関する情報、特に欧州共通販売法が受け入れられている程度、規定により法的紛争が生じている程度、及び欧州共通販売法と加盟国法との間の消費者保護の水準の違いに関する現状についての情報を、提供するものとする。この情報は、欧州共通販売法の規定を解釈する加盟国法の判例法の包括的な概観を含むものとする。

2. By … [5 years after the date of application of this Regulation], the Commission shall present to the European Parliament, the Council and the Economic and Social Committee a detailed report reviewing the operation of this Regulation, and taking account of, amongst others, the need to extend the scope in relation to business-to-business contracts, market and technological developments in respect of digital content and future developments of the Union acquis.

2.[この規則の適用日から5年を経過する日]までに、委員会は、欧州議会、理事会及び経済社会評議会に、この規則の運用について見直し、とりわけ事業者間の契約に範囲を広げる必要性、デジタルコンテンツに関する市場及び技術の発展並びに欧州法総体系の将来の発展について考慮する詳細な報告書を提出するものとする。

 

Article 16  Entry into force and application

16条 発効と適用

1. This Regulation shall enter into force on the 20th day following that of its publication in the Official Journal of the European Union.

1. この規則は欧州連合官報(Official Journal)における公表日から20日を経過する日から施行する。

2. It shall apply from [6 months after its the entry into force].

2. この規則は[施行後、6箇月を経過する日]から適用する。

This Regulation shall be binding in its entirety and directly applicable in the Member States.

この規則は、完全に加盟国を拘束し、加盟国において直接適用される。

 

 

[ANNEX I]

附則1

COMMON EUROPEAN SALES LAW

欧州共通販売法

TABLE OF CONTENTS

目次[訳・省略]

Part I: Introductory provisions

     Chapter 1: General principles and application Section 1: General principles

          Section 2: Application

Part II: Making a binding contract

     Chapter 2: Pre-contractual information

          Section 1: Pre-contractual information to be given by a trader dealing with a consumer  

          Section 2: Pre-contractual information to be given by a trader dealing with another trader

          Section 3: Contracts to be concluded by electronic means

          Section 4: Duty to ensure that information supplied is correct

          Section 5: Remedies for breach of information duties

     Chapter 3: Conclusion of contract

     Chapter 4: Right to withdraw in distance and off-premises contracts between traders and Consumers

     Chapter 5: Defects in consent

Part III: Assessing what is in the contract

     Chapter 6: Interpretation

     Chapter 7: Contents and effects

     Chapter 8: Unfair contract terms

           Section 1: General provisions

           Section 2: Unfair contract terms in contracts between a trader and a consumer

           Section 3: Unfair contract terms in contracts between traders

Part IV: Obligations and remedies of the parties to a sales contract or a contract for the supply of digital content

     Chapter 9: General provisions

     Chapter 10: The seller's obligations

           Section 1: General provisions

           Section 2: Delivery

           Section 3: Conformity of the goods and digital content

     Chapter 11: The buyer’s remedies

           Section 1: General provisions

           Section 2: Cure by the seller

           Section 3: Requiring performance

           Section 4: Withholding performance of buyer’s obligations

           Section 5: Termination

           Section 6: Price reduction

           Section 7: Requirements of examination and notification in a contract between traders

     Chapter 12: The buyer's obligations

           Section 1: General provisions

           Section 2: Payment of the price

           Section 3: Taking delivery

     Chapter 13: The seller’s remedies

           Section 1: General provisions

           Section 2: Requiring performance

           Section 3: Withholding performance of seller’s obligations

           Section 4: Termination

     Chapter 14: Passing of risk

          Section 1: General provisions

          Section 2 :Passing of risk in consumer sales contracts

          Section 3 :Passing of risk in contracts between traders

Part V: Obligations and remedies of the parties to a related service contract

     Chapter 15: Obligations and remedies of the parties

           Section 1: Application of certain general rules on sales contracts

           Section 2: Obligations of the service provider

           Section 3: Obligations of the customer

           Section 4: Remedies

Part VI: Damages and interest

     Chapter 16: Damages and interest

           Section 1: Damages

           Section 2: Interest on late payments: general provisions

           Section 3: Late payments by traders

Part VII: Restitution

     Chapter 17: Restitution

Part VIII: Prescription

     Chapter 18: Prescription

          Section 1 : General provision

          Section 2 : Periods of prescription and their commencement

          Section 3: Extension of periods of prescription

          Section 4 : Renewal of periods of prescription

          Section 5: Effects of prescription

          Section 6: Modification by agreement

Appendix 1

Appendix 2

 

     Part I Introductory provisions

     1部 序

 

     Chapter 1 General principles and application

     1章 一般原則と適用

 

     SECTION 1 GENERAL PRINCIPLES

     第1節 一般原則

 

Article 1  Freedom of contract

1条 契約の自由

1. Parties are free to conclude a contract and to determine its contents, subject to any applicable mandatory rules.

1. 当事者は、適用される強行的準則に従うことを条件として、自由に契約を締結しその内容を決定することができる。

2. Parties may exclude the application of any of the provisions of the Common European Sales Law, or derogate from or vary their effects, unless otherwise stated in those provisions.

2. 当事者は、規定に別段の定めがない限り、欧州共通販売法のいずれの規定についても、その適用を排除し、もしくはその効力を変更することができる。

 

Article 2  Good faith and fair dealing

2条 信義誠実と公正取引の原則

1. Each party has a duty to act in accordance with good faith and fair dealing.

1. 各当事者は、信義誠実と公正取引の原則にしたがって行動しなければならない。

2. Breach of this duty may preclude the party in breach from exercising or relying on a right, remedy or defence which that party would otherwise have, or may make the party liable for any loss thereby caused to the other party.

2. この義務に違反した当事者は、違反しなければ有したであろう権利、救済又は抗弁を行使し又は用いることができず、又は、それにより相手方に生じた損失について責任を負う。

3. The parties may not exclude the application of this Article or derogate from or vary its effects.

3. 当事者は、この条の規定の適用を排除し、又はその効力を変更することができない。

 

Article 3  Co-operation

3条 協力

The parties are obliged to co-operate with each other to the extent that this can be expected for the performance of their contractual obligations.

当事者は、相手方の債務の履行のために、協力することを期待することができる限度において、相互に協力しなければならない。

 

     SECTION 2 APPLICATION

     2節 適用

 

Article 4  Interpretation

4条 解釈

1. The Common European Sales Law is to be interpreted autonomously and in accordance with its objectives and the principles underlying it.

1. 欧州共通販売法は、自律的に、かつ、この法律の基礎をなす目的と原則にしたがって解釈する。

2. Issues within the scope of the Common European Sales Law but not expressly settled by it are to be settled in accordance with the objectives and the principles underlying it and all its provisions, without recourse to the national law that would be applicable in the absence of an agreement to use the Common European Sales Law or to any other law.

2. 欧州共通販売法の範囲内の問題ではあるが、同法によって明示的には解決されていない問題については、欧州共通販売法を用いる合意がなければ適用されたであろう加盟国法他いかなる他の法律にも依拠することなく、この法律の目的及びこの法律のすべての規定の基礎をなす原則にしたがって解決する。

3. Where there is a general rule and a special rule applying to a particular situation within the scope of the general rule, the special rule prevails in any case of conflict.

3. 一般的準則の範囲内の特定の状況について適用される一般的準則と特別の準則とがある場合であって、これら準則の間において衝突が生じるときは、特別の準則が優先する。

 

Article 5  Reasonableness

5条 合理性

1. Reasonableness is to be objectively ascertained, having regard to the nature and purpose of the contract, to the circumstances of the case and to the usages and practices of the trades or professions involved.

1. 合理性は、契約の性質及び目的、事実の経緯並びに関係する取引又は専門職業の慣習及び慣行を考慮して、客観的に確定する。

2. Any reference to what can be expected of or by a person, or in a particular situation, is a reference to what can reasonably be expected.

2. この法律において、ある者に対して若しくはある者によって、又は特定の状況において、期待することができることについて述べるときには、合理的に期待することができることについて述べているものとする。

 

Article 6  No form required

6条 方式の自由

Unless otherwise stated in the Common European Sales Law, a contract, statement or any other act which is governed by it need not be made in or evidenced by a particular form.

欧州共通販売法に別段の定めがない限り、この法律により規律される契約、言明その他いかなる行為も、一定の形式により行われ、又は証明することを要しない。

 

Article 7  Not individually negotiated contract terms

7条 個別交渉がなされない契約条項

1. A contract term is not individually negotiated if it has been supplied by one party and the other party has not been able to influence its content.

1. 当事者の一方により準備され、相手方がその内容に影響を与えることができなかった契約条項は、個別交渉がなされない契約条項である。

2. Where one party supplies a selection of contract terms to the other party, a term will not be regarded as individually negotiated merely because the other party chooses that term from that selection.

2. 当事者の一方が相手方に対して契約条項の選択肢を提示したときに、相手方が当該選択肢から条項を選んだことのみを理由として、当該契約条項について個別交渉がなされたものとみなされることはない。

3. A party who claims that a contract term supplied as part of standard contract terms has since been individually negotiated bears the burden of proving that it has been.

3. 標準契約条項の一部として準備された契約条項が、それ以来、個別交渉がなされてきたものであると主張する当事者は、この契約条項が個別交渉がなされたものであることを証明する責任を負う。

4. In a contract between a trader and a consumer, the trader bears the burden of proving that a contract term supplied by the trader has been individually negotiated.

4. 事業者と消費者との間の契約においては、事業者が、事業者により準備された契約条項が個別交渉がなされたものであることを証明する責任を負う。

5. In a contract between a trader and a consumer, contract terms drafted by a third party are considered to have been supplied by the trader, unless the consumer introduced them to the contract.

5. 事業者と消費者との間の契約においては、第三者によって作成された契約条項は、事業者によって準備されたものとする。ただし、消費者がこの契約条項を契約に組み入れた場合は、この限りでない。

 

Article 8  Termination of a contract

8条 契約の解除

1. To ‘terminate a contract’ means to bring to an end the rights and obligations of the parties under the contract with the exception of those arising under any contract term providing for the settlement of disputes or any other contract term which is to operate even after termination.

1. 「契約の解除」とは、紛争解決のための規定その他解除後にも適用されるべき契約の条項の下で生じる権利及び義務を除いて、契約条項に基づく当事者の権利及び義務のすべてを終了させることをいう。

2. Payments due and damages for any non-performance before the time of termination remain payable. Where the termination is for non-performance or for anticipated non-performance, the terminating party is also entitled to damages in lieu of the other party’s future performance.

2. 契約の解除時前に弁済期が到来した支払と不履行についての損害賠償については、なお支払をしなければならない。契約の解除が不履行又は予想される不履行を理由とするときは、契約を解除する当事者は、相手方の将来の履行に代えて、損害賠償を請求することもできる。

3. The effects of termination on the repayment of the price and the return of the goods or the digital content, and other restitutionary effects, are governed by the rules on restitution set out in Chapter 17.

3. 契約解除が代金の返金及び物品又はデジタルコンテンツの返還に及ぼす効果その他原状回復の効果については、第17章の規定により定められた原状回復の準則が、規律する。

 

Article 9  Mixed-purpose contracts

9条 目的が複数ある契約

1. Where a contract provides both for the sale of goods or the supply of digital content and for the provision of a related service, the rules of Part IV apply to the obligations and remedies of the parties as seller and buyer of goods or digital content and the rules of Part V apply to the obligations and remedies of the parties as service provider and customer.

1. 契約が物品の販売又はデジタルコンテンツの提供と関係する役務の提供との両方を目的として締結されるときは、物品又はデジタルコンテンツの買主及び売主として負う当事者の義務及び救済については第4部の準則を適用し、役務の提供者及び顧客として負う当事者の義務及び救済については第5部の準則を適用する。

2. Where, in a contract falling under paragraph 1, the obligations of the seller and the service provider under the contract are to be performed in separate parts or are otherwise divisible, then if there is a ground for termination for non-performance of a part to which a part of the price can be apportioned, the buyer and customer may terminate only in relation to that part.

2. 1項に該当する契約において、売主及び役務提供者が契約上負う義務が分割して履行されるべきものとされその他分割できる場合であって、不履行による解除の理由が存する部分について代金を割り当てることができるときは、買主及び顧客は、この部分のみに関して契約を解除することができる。

3. Paragraph 2 does not apply where the buyer and customer cannot be expected to accept performance of the other parts or the non-performance is such as to justify termination of the contract as a whole.

3. 2項の規定は、買主及び顧客が他の部分の履行を受け入れることを期待することができない場合又は不履行により契約の全部を解除することが正当化される場合には、適用しない。

4. Where the obligations of the seller and the service provider under the contract are not divisible or a part of the price cannot be apportioned, the buyer and the customer may terminate only if the non-performance is such as to justify termination of the contract as a whole.

4. 売主及び役務提供者が契約上負う義務が分割することができず、又は部分について代金を割り当てることができないときは、買主及び顧客は、不履行により契約の全部を解除することが正当化される場合に限り、契約を解除することができる。

 

Article 10  Notice

10条 通知

1. This Article applies in relation to the giving of notice for any purpose under the rules of the Common European Sales Law and the contract. ‘Notice’ includes the communication of any statement which is intended to have legal effect or to convey information for a legal purpose.

1. この条は、欧州共通販売法の準則及び契約の下で行われる通知に適用する。「通知」には、法的効力を備えさせる意思、又は合法な目的をもち情報を伝達する意思をもって行なわれる言明の連絡を含む。

2. A notice may be given by any means appropriate to the circumstances.

2. 通知は、状況に応じて適切ないかなる方法によっても行うことができる。

3. A notice becomes effective when it reaches the addressee, unless it provides for a delayed effect.

3. 通知は、名宛人に到達する時に効力を生ずる。ただし、通知に、この時より後に効力を生ずべきことが規定される場合は、この限りでない。

4. A notice reaches the addressee:

4. 通知は、次に掲げるいずれかの時に、名宛人に到達する。

(a) when it is delivered to the addressee;

(a) 通知が名宛人に届けられる時

(b) when it is delivered to the addressee’s place of business or, where there is no such place of business or the notice is addressed to a consumer, to the addressee’s habitual residence;

(b) 通知が名宛人の営業所に届けられる時。名宛人の営業所がなく、又は通知が消費者に対して行われる場合には、名宛人の常居所に通知が届けられる時

(c) in the case of a notice transmitted by electronic mail or other individual communication, when it can be accessed by the addressee; or

(c) 通知が、名宛人が受信することができる電子メールその他個人的な通信方法によって送信される場合には、名宛人が受信することができる状態におかれる時

(d) when it is otherwise made available to the addressee at such a place and in such a way that the addressee could be expected to obtain access to it without undue delay.

(d) この他、名宛人が不当な遅滞なく入手することを期待することができる場所に、このように期待することができる方法で、名宛人が入手することができる状態におかれる時

The notice has reached the addressee after one of the requirements in point (a), (b), (c) or (d) is fulfilled, whichever is the earliest.

 (a)(b)(c)又は(d)のいずれかの要件が満たされる時は、このうちの最も早い時の後に、通知は、名宛人に到達する。

5. A notice has no effect if a revocation of it reaches the addressee before or at the same time as the notice.

5. 通知は、その到達時以前に通知の撤回が名宛人に到達したときは、効力を有しない。

6. In relations between a trader and a consumer the parties may not, to the detriment of the consumer, exclude the application of paragraphs 3 and 4 or derogate from or vary its effects.

6. 事業者と消費者との間については、当事者は、消費者に不利となるように、第3項及び第4項の適用を排除し、又はこの効力を変更することができない。

 

Article 11  Computation of time

11条 期間の計算

1. The provisions of this Article apply in relation to the computation of time for any purpose under the Common European Sales Law.

1. この条の規定は、欧州共通販売法における期間の計算に適用する。

2. Subject to paragraphs 3 to 7:

2. 3項から第7項までの規定に従うことを条件として、

(a) a period expressed in days starts at the beginning of the first hour of the first day and ends with the expiry of the last hour of the last day of the period;

(a) 日よって定めた期間は、初日の最初の1時間の初めから進行し、期間の末日の最後の時間の終了をもって終了する。

(b) a period expressed in weeks, months or years starts at the beginning of the first hour of the first day of the period, and ends with the expiry of the last hour of whichever day in the last week, month or year is the same day of the week, or falls on the same date, as the day from which the period runs; with the qualification that if, in a period expressed in months or in years, the day on which the period should expire does not occur in the last month, it ends with the expiry of the last hour of the last day of that month.

(b) 週、月又は年によって定めた期間は、期間の初日の最初の1時間の初めから進行し、期間の最後の週、月又は年の日であって、起算日に応答する曜日又は日の最後の時間の終了をもって終了する。ただし、期間が月又は年によって定められた場合であって、最後の月に応答する日がないときは、この月の末日の最後の時間の終了をもって終了する。

3. Where a period expressed in days, weeks, months or years is to be calculated from a specified event, action or time the day during which the event occurs, the action takes place or the specified time arrives does not fall within the period in question.

3. 日、週、月又は年によって定めた期間を、特定の事実、行動又は時から起算する場合には、事実が生じ、行動がとられ又は指定される時が到来する日は、期間に算入しない。

4. The periods concerned include Saturdays, Sundays and public holidays, save where these are expressly excepted or where the periods are expressed in working days.

4. 期間には、土曜日、日曜日及び公の休日を含む。ただし、これらが明示的に除外されている場合又は期間が営業日によって定められている場合は、この限りでない。

5. Where the last day of a period is a Saturday, Sunday or public holiday at the place where a prescribed act is to be done, the period ends with the expiry of the last hour of the following working day. This provision does not apply to periods calculated retroactively from a given date or event.

5. 所定の行為が行れる場所において期間の末日が土曜日、日曜日又は公の休日であるときは、期間は、翌営業日の最後の時間の終了をもって終了する。この規定は、一定の日又は事実からさかのぼって計算する期間には、適用しない。

6. Where a person sends another person a document which sets a period of time within which the addressee has to reply or take other action but does not state when the period is to begin, then, in the absence of indications to the contrary, the period is calculated from the moment the document reaches the addressee.

6. ある者が他の者に対して名宛人が応答するため又は他の行動をとるための期間を設定する書類を送付する場合において、書類内において期間の始期を示さないときは、反対の意思が示さていない限り、期間は、名宛人に書類が到達する時から起算する。

7. For the purposes of this Article:

7. この条の適用上、

(a) “public holiday” with reference to a Member State, or part of a Member State, of the European Union means any day designated as such for that Member State or part in a list published in the Official Journal of the European Union; and

(a) 欧州連合の加盟国又は加盟国の一部における「公の休日」とは、加盟国又は加盟国の一部における公の休日として欧州連合官報(Official Journal)において公表されたリスト内で指定された日をいう。

(b) “working days” means all days other than Saturdays, Sundays and public holidays.

(b)「営業日」とは、土曜日、日曜日及び公の休日を除くすべての日をいう。

 

Article 12  Unilateral statements or conduct

12条 一方的な言明又は行為

1. A unilateral statement indicating intention is to be interpreted in the way in which the person to whom it is addressed could be expected to understand it.

1. 意思を示す一方的言明は、言明が向けられた者が理解することを期待することができるように解釈する。

2. Where the person making the statement intended an expression used in it to have a particular meaning and the other party was aware, or could be expected to have been aware, of that intention, the expression is to be interpreted in the way intended by the person making the statement.

2. 言明を行う者が、言明において特定の意図を有して表現を用いた場合に、他の者がその意図を知り、又は知ることを期待することができたときは、当該表現は言明を行った者が意図した意味をもつように解釈する。

3. Articles 59 to 65 apply with appropriate adaptations to the interpretation of unilateral statements indicating intention.

3. 59条から第65条までの規定は、意思を示す一方的言明の解釈に準用する。

4. The rules on defects in consent in Chapter 5 apply with appropriate adaptations to unilateral statements indicating intention.

4. 5章の同意の欠陥に関する準則は、意思を示す一方的言明に準用する。

5. Any reference to a statement referred to in this Article includes a reference to conduct which can be regarded as the equivalent of a statement.

5. この条の規定する言明には、言明と同等のものとみなすことができる行為を含む。

 

     Part II  Making a binding contract

     2     拘束力ある契約の締結

    

     Chapter 2  Pre-contractual information

     2章 契約前の情報

 

     SECTION 1  PRE-CONTRACTUAL INFORMATION TO BE GIVEN BY A TRADER DEALING WITH A CONSUMER

     1節 消費者との取引において事業者が契約前に提供すべき情報

 

Article 13  Duty to provide information when concluding a distance or off-premises contract

13条 隔地者間の契約又は営業所外契約等を締結する際に情報を提供する義務

1. A trader concluding a distance contract or off-premises contract has a duty to provide the following information to the consumer, in a clear and comprehensible manner before the contract is concluded or the consumer is bound by any offer:

1. 隔地者間の契約又は営業所外契約等を締結する事業者は、契約が締結され又は消費者が申込みに拘束される前に、明確かつ分かりやすく、消費者に対して、次の情報を提供しなければならない。

(a) the main characteristics of the goods, digital content or related services to be supplied, to an extent appropriate to the medium of communication and to the goods, digital content or related services;

(a) 供給される物品、デジタルコンテンツ又は関係する役務の主要な特性(ただし、通信の媒体及び物品、デジタルコンテンツ又は関係する役務に応じ適切な限度で提供するものとする。)

(b) the total price and additional charges and costs, in accordance with Article 14;

(b) 代金の合計額、追加料金及び費用(第14条の規定に従う。)

(c) the identity and address of the trader, in accordance with Article 15;

(c) 事業者名及び住所(第15条の規定に従う。)

(d) the contract terms, in accordance with Article 16;

(d) 契約内容(第16条の規定に従う。)

(e) the rights of withdrawal, in accordance with Article 17;

(e) 撤回権(第17条の規定に従う。)

(f) where applicable, the existence and the conditions of the trader's after-sale customer assistance, after-sale services, commercial guarantees and complaints handling policy;

(f) 事業者による販売後顧客支援、アフターサービス、事業上の保証及び苦情取扱方針がある場合には、その存在及び条件

(g) where applicable, the possibility of having recourse to an Alternative Dispute Resolution mechanism to which the trader is subject and the methods for having access to it;

(g) 事業者に適用される裁判外紛争解決制度であって、消費者が利用できる制度がある場合には、その旨と利用方法

(h) where applicable, the functionality, including applicable technical protection measures, of digital content; and

(h) デジタルコンテンツを提供する場合には、その機能(使用されている技術的保護手段に係る情報を含む。)

(i) where applicable, any relevant interoperability of digital content with hardware and software which the trader is aware of or can be expected to have been aware of.

(i) 事業者が知り、又は知ることを期待することができるハードウェア及びソフトウェアとデジタルコンテンツとの相互運用性

2. The information provided, except for the addresses required by point (c) of paragraph 1, forms an integral part of the contract and shall not be altered unless the parties expressly agree otherwise.

2. 提供される情報は、第1(c)の規定により要求される住所にかかる情報を除き、契約の一部を構成し、変更されないものとする。ただし、当事者が明示的に別段の合意をした場合は、この限りでない。

3. For a distance contract, the information required by this Article must:

3. 隔地者間の契約については、この条の規定により要求される情報は、次のとおり提供しなければならない。

(a) be given or made available to the consumer in a way that is appropriate to the means of distance communication used;

(a) 隔地者間通信の手段に応じ適切な方法で消費者に提供し、又は消費者が入手できるようにしなければならない。

(b) be in plain and intelligible language; and

(b) 平易で理解しやすい表現を用いて提供しなければならない。

(c) insofar as it is provided on a durable medium, be legible.

(c) 耐久性ある記録媒体により提供する場合には、読みやすいものとしなければならない。

4. For an off-premises contract, the information required by this Article must:

4. 営業所外契約等については、この条の規定により要求される情報は次のとおり提供しなければならない。

(a) be given on paper or, if the consumer agrees, on another durable medium; and

(a) 書面により、又は消費者が同意する場合には他の耐久性ある記録媒体により提供しなければならない。

(b) be legible and in plain, intelligible language.

(b) 読みやすく、平易かつ理解しやすい表現としなければならない。

5. This Article does not apply where the contract is:

5. 次の契約には、この条の規定は、適用しない。

(a) for the supply of foodstuffs, beverages or other goods which are intended for current consumption in the household, and which are physically supplied by a trader on frequent and regular rounds to the consumer's home, residence or workplace;

(a) 家庭で間もなく消費されることが意図された食品、飲料、その他物品であって、事業者が頻繁かつ定期的に消費者の住居、居所又は勤務先に物理的に供給するものに係る契約

(b) concluded by means of an automatic vending machine or automated commercial premises;

(b) 自動販売機又は自動化された商業施設の手段により締結される契約

(c) an off-premises contract if the price or, where multiple contracts were concluded at the same time, the total price of the contracts does not exceed EUR 50 or the equivalent sum in the currency agreed for the contract price.

(c) 営業所外契約等であって、代金、若しくは複数の契約が同時に締結される契約については契約の代金の合計額が50ユーロ、又は契約の代金について用いることを合意した通貨における同等の額を超えない契約

 

Article 14  Information about price and additional charges and costs

14条 代金、追加料金及び費用に関する情報

1. The information to be provided under point (b) of Article 13 (1) must include:

1. 13条第(1)(b)に基づいて提供する情報には、次を含めなければならない。

(a) the total price of the goods, digital content or related services, inclusive of taxes, or where the nature of the goods, digital content or related services is such that the price cannot reasonably be calculated in advance, the manner in which the price is to be calculated; and

(a) 物品、デジタルコンテンツ又は関係する役務の代金の合計額(税金を含む。)。物品、デジタルコンテンツ又は関係する役務の性質からして代金を予め合理的に計算できない場合には、代金の計算方法。

(b) where applicable, any additional freight, delivery or postal charges and any ther costs or, where these cannot reasonably be calculated in advance, the fact that such additional charges and costs may be payable.

(b) 輸送、配達又は郵便料金その他の費用が発生する場合には、その費用。これらの費用が予め合理的に計算できない場合には、これらの追加料金及び費用を支払わなければならない可能性があること。

2. In the case of a contract of indeterminate duration or a contract containing a subscription, the total price must include the total price per billing period. Where such contracts are charged at a fixed rate, the total price must include the total monthly price. Where the total price cannot be reasonably calculated in advance, the manner in which the price is to be calculated must be provided.

2. 期間の定めのない契約又は定期購読を含む契約については、代金の合計額に、請求期間ごとの代金の合計額を含めなければならない。一定率で課金される場合には、代金の合計額には、代金の月額を含めなければならない。代金の合計額を予め合理的に計算できない場合には、代金の計算方法を示さなければならない。

3. Where applicable, the trader must inform the consumer of the cost of using the means of distance communication for the conclusion of the contract where that cost is calculated other than at the basic rate.

3. 契約締結のために隔地者間通信の手段を用いる費用を基本料金とは別に計算する場合には、事業者は、消費者に対してこの費用を知らせなければならない。

 

Article 15  Information about the identity and address of the trader

15条 事業者名及び住所に関する情報

The information to be provided under point (c) of Article 13 (1) must include:

13条第(1)(c)に基づいて提供する情報には、次の情報を含めなければならない。

(a) the identity of the trader, such as its trading name;

(a) 事業者の取引名その他の事業者名

(b) the geographical address at which the trader is established;

(b) 事業者の設立地住所

(c) the telephone number, fax number and e-mail address of the trader, where available, to enable the consumer to contact the trader quickly and communicate with the trader efficiently;

(c) 消費者による事業者に対する迅速な連絡及び事業者との効果的な通信を可能とする事業者の電話番号、フアクシミリ番号及び電子メールアドレスがある場合には、これら

(d) where applicable, the identity and geographical address of any other trader on whose behalf the trader is acting; and

(d) 事業者が他の事業者のために行為を行うときは、当該他の事業者名及び住所

(e) where different from the address given pursuant to points (b) and (d) of this Article, the geographical address of the trader, and where applicable that of the trader on whose behalf it is acting, where the consumer can address any complaints.

(e) 本条(b)及び(d)の規定に基づき示される住所と異なる場合には、事業者の設立地住所及び、その者が他事業者のために行為を行うときには当該他事業者の住所であって、消費者が苦情を向けることのできる住所

 

Article 16  Information about the contract terms

16条 契約内容に関する情報

The information to be provided under point (d) of Article 13 (1) must include:

13条第(1)(d)に基づいて提供する情報には、次の情報を含めなければならない。

(a) the arrangements for payment, delivery of the goods, supply of the digital content or performance of the related services and the time by which the trader undertakes to deliver the goods, to supply the digital content or to perform the related services;

(a) 支払、物品の引渡し、デジタルコンテンツの提供又は関係する役務の実行の手配及び事業者が物品を引き渡し、デジタルコンテンツを提供し又は関係する役務を行う期限

(b) where applicable, the duration of the contract, the minimum duration of the consumer's obligations or, if the contract is of indeterminate duration or is to be extended automatically, the conditions for terminating the contract; and

(b) 契約の期間、消費者が義務を負う最短の期間又は、契約が期間の定めのないものである場合若しくは期間が自動的に延長されるものである場合には、契約解除の条件(ただし、これら期間に関する定めがある場合に限る。)

(c) where applicable, the existence and conditions for deposits or other financial guarantees to be paid or provided by the consumer at the request of the trader;

(c) 消費者が、事業者の要求に応じて、前払金その他金銭上の保証を支払い又は提供する場合には、その旨と条件

(d) where applicable, the existence of relevant codes of conduct and how copies of them can be obtained.

(d) 関連する行動規範がある場合には、その存在と写しの入手方法

 

Article 17  Information about rights of withdrawal when concluding a distance or off-premises contract

17条 隔地者間の契約又は営業所外契約等を締結する場合の撤回権に関する情報

1. Where the consumer has a right of withdrawal under Chapter 4, the information to be provided under point (e) of Article 13 (1) must include the conditions, time limit and procedures for exercising that right in accordance with Appendix 1, as well as the model withdrawal form set out in Appendix 2.

1. 消費者が第4章の規定に基づき撤回権を有する場合には、第13条第(1)(e)に基づいて提供する情報には、附則1に従った当該権利の行使の条件、期間制限及び手順並びに附則2の契約撤回のための模範書式を含めなければならない。

2. Where applicable, the information to be provided under point (e) of Article 13(1) must include the fact that the consumer will have to bear the cost of returning the goods in case of withdrawal and, for distance contracts, that the consumer will have to bear the cost of returning the goods in the event of withdrawal if the goods by their nature cannot be normally returned by post.

2. 13条第(1)(e)に基づいて提供する情報には、消費者が契約を撤回する場合には、物品を返還する費用を負担しなければならないこと、及び、隔地者間の契約においては、物品が性質からして郵送により返還することが通常できないものであるときは、消費者が物品を返還する費用を負担しなければならないことを、含めなければならない(ただし、消費者に対してこれらの義務が課される場合に限る。)

3. Where the consumer can exercise the right of withdrawal after having made a request for the provision of related services to begin during the withdrawal period, the information to be provided under point (e) of Article 13(1) must include the fact that the consumer would be liable to pay the trader the amount referred to in Article 45 (5).

3. 消費者が撤回期間内に関係する役務の提供を開始するよう要求した後に撤回権を行使することができるときは、第13条第(1)(e)に基づいて提供する情報には、事業者に第45条第(5)項に規定する金額を支払う責任を負うことを含めなければならない。

4. The duty to provide the information required by paragraphs 1, 2 and 3 may be fulfilled by supplying the Model instructions on withdrawal set out in Appendix 1 to the consumer. The trader will be deemed to have fulfilled these information requirements if he has supplied these instructions to the consumer correctly filled in.

4. 1項、第2項及び第3項の規定により要求される情報を提供する義務は、附則1の契約撤回に関する模範説明書を消費者に提供することによってなしうる。事業者が適切な記入がなされたこの説明書を消費者に対して提供したときは、情報に関する要求事項を満たしたものとみなす。

5. Where a right of withdrawal is not provided for in accordance with points (c) to (i) of Article 40 (2) and paragraph 3 of that Article, the information to be provided under point (e) of Article 13 (1) must include a statement that the consumer will not benefit from a right of withdrawal or, where applicable, the circumstances under which the consumer loses the right of withdrawal.

5. 40条第(2)(c)から(i)までの規定又は同条第(3)項の規定に従い撤回権が定められないときは、第13条第(1)(e)に基づいて提供する情報には、消費者が撤回権をもたないことの言明及び、消費者が撤回権を失うことがある場合は、いかなる状況の下で撤回権を失うかを含めなければならない。

 

Article 18  Off-premises contracts: additional information requirements and confirmation

18条 営業所外契約等:追加的な情報に関する要求事項及び確認

1. The trader must provide the consumer with a copy of the signed contract or the confirmation of the contract, including where applicable, the confirmation of the consumer's consent and acknowledgment as provided for in point (d) of Article 40(3) on paper or, if the consumer agrees, on a different durable medium.

1. 事業者は、署名された契約書の写し又は契約の確認書の写し(第40条第(3)(d)の規定に従い、消費者の同意及び承認の確認を得る場合には、これらの確認を含む。)を、書面又は、消費者が合意する場合には、書面以外の耐久性ある媒体により、消費者に提供しなければならない。

2. Where the consumer wants the provision of related services to begin during the withdrawal period provided for in Article 42(2), the trader must require that the consumer makes such an express request on a durable medium.

2. 消費者が第42条第(2)項に定める撤回期間内に関係する役務の提供を開始することを望むときは、事業者は、消費者が耐久性ある記録媒体により明示的にこの要求を行うことを求めなければならない。

 

Article 19  Distance contracts: additional information and other requirements

19条 隔地者間の契約:追加的な情報その他要求事項

1. When a trader makes a telephone call to a consumer, with a view to concluding a distance contract, the trader must, at the beginning of the conversation with the consumer, disclose its identity and, where applicable, the identity of the person on whose behalf it is making the call and the commercial purpose of the call.

1. 事業者は、隔地者間の契約を締結することを目的として消費者に電話をかけるときは、消費者との会話に先立って、自己の事業者名、他者のために電話をかけるときはその者の事業者名及び電話が商業目的のものであることを明らかにしなければならない。

2. If the distance contract is concluded through a means of distance communication which allows limited space or time to display the information, the trader must provide at least the information referred to in paragraph 3 of this Article on that particular means prior to the conclusion of such a contract. The other information referred to in Article 13 shall be provided by the trader to the consumer in an appropriate way in accordance with Article 13(3).

2. 隔地者間の契約が情報を表示するための空間又は時間が限られた隔地間通信の手段により締結される場合には、事業者は、契約締結の前に、当該手段により、少なくとも、本条第3項に規定する情報を提供しなければならない。事業者は、第13項に規定するこれ以外の情報を第13条第(3)項の規定に従い適切な方法で提供しなければならない。

3. The information required under paragraph 2 is:

3. 2項の規定により要求される情報は、次のとおりとする。

(a) the main characteristics of the goods, digital content or related services, as required by point (a) of Article 13 (1);

(a) 13条第(1)(a)の規定により要求される物品、デジタルコンテンツ又は関係する役務の主要な特性

(b) the identity of the trader, as required by point (a) of Article 15;

(b) 15(a)の規定により要求される事業者名

(c) the total price, including all items referred to in point (b) of Article 13 (1) and Article 14(1) and (2);

(c) 代金の合計額(第13条第(1)(b)並びに第14条第(1)項及び第(2)項に規定する事項を含む。)

(d) the right of withdrawal; and

(d) 撤回権

(e) where relevant, the duration of the contract, and if the contract is for an indefinite period, the requirements for terminating the contract, referred to in point (b) of Article 16.

(e) 契約期間、及び、契約期間の定めがないときは、第16(b)に規定する契約解除の条件(ただし、これら期間に関する定めがある場合に限る。)

4. A distance contract concluded by telephone is valid only if the consumer has signed the offer or has sent his written consent indicating the agreement to conclude a contract. The trader must provide the consumer with a confirmation of that agreement on a durable medium.

4. 電話により締結される隔地者間の契約は、消費者が申込みに署名し、又は契約の締結に合意を示す同意書が送付された場合に限り、効力を有する。事業者は、耐久性ある記録媒体により、当該合意の確認書を消費者に提供しなければならない。

5. The trader must give the consumer a confirmation of the contract concluded, including where applicable, of the consent and acknowledgement of the consumer referred to in point (d) of Article 40(3), and all the information referred to in Article 13 on a durable medium. The trader must give that information in reasonable time after the conclusion of the distance contract, and at the latest at the time of the delivery of the goods or before the supply of digital content or the provision of the related service begins, unless the information has already been given to the consumer prior to the conclusion of the distance contract on a durable medium.

5. 事業者は、締結された契約の確認(第40条第(3)(d)の規定に従い、消費者の同意と承認の確認を得る場合には、これらの確認を含む。)及び第13条に規定する情報のすべてを、耐久性ある記録媒体により、消費者に提供しなければならない。事業者は、隔地者間の契約締結後、合理的な期間内であって、遅くとも物品の引渡し時に、又はデジタルコンテンツ若しくは関係する役務の提供の開始前に、これらの情報を消費者に提供しなければならない。ただし、これらの情報が、隔地者間の契約を締結する前に、耐久性ある記録媒体により消費者に既に提供されていた場合は、この限りでない。

6. Where the consumer wants the provision of related services to begin during the withdrawal period provided for in Article 42(2), the trader must require that the consumer makes an express request to that effect on a durable medium.

6. 消費者が第42条第(2)項に規定する撤回期間内に関係する役務の提供を開始することを望むときは、事業者は、消費者が耐久性ある記録媒体により明示的にこの要求を行うことを求めなければならない。

 

Article 20  Duty to provide information when concluding contracts other than distance and offpremises contracts

20条  隔地者間の契約及び営業所外契約等以外の契約を締結するときの情報を提供する義務

1. In contracts other than distance and off-premises contracts, a trader has a duty to provide the following information to the consumer, in a clear and comprehensible manner before the contract is concluded or the consumer is bound by any offer, if that information is not already apparent from the context:

1. 隔地者間の契約及び営業所外契約等以外の契約については、事業者は、契約が締結され又は消費者が申込みに拘束される前に、明確かつ分かりやすく、消費者に対して次の情報を提供しなければならない。ただし、これらの情報が状況からして既に明らかである場合は、この限りでない。

(a) the main characteristics of the goods, digital content or related services to be supplied, to an extent appropriate to the medium of communication and to the goods, digital content or related services;

(a) 供給される物品、デジタルコンテンツ又は関係する役務の主要な特性(ただし、通信の媒体及び物品、デジタルコンテンツ又は関係する役務に応じ適切な限度で提供するものとする。)

(b) the total price and additional charges and costs, in accordance with Article 14(1);

(b) 代金の合計額、追加料金及び費用(第14条第(1)項の規定に従う。)

(c) the identity of the trader, such as the trader's trading name, the geographical address at which it is established and its telephone number;

(c) 事業者の取引名その他の事業者名、設立地住所及び電話番号

(d) the contract terms in accordance with points (a) and (b) of Article 16;

(d) 契約内容(第16(a)及び(b)の規定に従う。)

(e) where applicable, the existence and the conditions of the trader's after-sale services, commercial guarantees and complaints handling policy;

(e) 事業者によるアフターサービス、事業上の保証及び苦情取扱方針がある場合には、その存在と条件

(f) where applicable, the functionality, including applicable technical protection measures of digital content; and

(f) デジタルコンテンツを提供する場合には、その機能(使用されている技術的保護手段に係る情報を含む。)

(g) where applicable, any relevant interoperability of digital content with hardware and software which the trader is aware of or can be expected to have been aware of.

(g) デジタルコンテンツを提供する場合には、事業者が知り、又は知ることを期待することができるハードウェア及びソフトウェアとデジタルコンテンツとの相互運用性

2. This Article does not apply where the contract involves a day-to-day transaction and is performed immediately at the time of its conclusion.

2. この条の規定は、日常的な取引に係る契約及び締結時に直ちに実行される契約には、適用しない。

 

Article 21  Burden of proof

21条  証明の負担

The trader bears the burden of proof that it has provided the information required by this Section.

事業者は、この節の規定により要求される情報を提供したことを証明する責任を負う。

 

Article 22  Mandatory nature

22条 強行規定

The parties may not, to the detriment of the consumer, exclude the application of this Section or derogate from or vary its effects.

当事者は、消費者に不利となるように、この節の規定の適用を排除し、又はその効力を変更することができない。

 

     SECTION 2 PRE-CONTRACTUAL INFORMATION TO BE GIVEN BY A TRADER DEALING WITH ANOTHER TRADER

     2節 事業者との取引において事業者が契約前に提供すべき情報

 

Article 23  Duty to disclose information about goods and related services

23条 物品及び関係する役務に関する情報を開示する義務

1. Before the conclusion of a contract for the sale of goods, supply of digital content or provision of related services by a trader to another trader, the supplier has a duty to disclose by any appropriate means to the other trader any information concerning the main characteristics of the goods, digital content or related services to be supplied which the supplier has or can be expected to have and which it would be contrary to good faith and fair dealing not to disclose to the other party.

1. 事業者が他の事業者に対して物品を販売し、デジタルコンテンツを提供し又は関係する役務を提供する契約を締結する前に、供給者は、この他の事業者に適切な手段により、供給される物品、デジタルコンテンツ又は関係する役務の主要な特性に関する情報であって、供給者が有し、又は有することを期待することができ、かつ、当該相手方に開示しなければ信義誠実と公正取引の原則に反することとなる情報を開示しなければならない。

2. In determining whether paragraph 1 requires the supplier to disclose any information, regard is to be had to all the circumstances, including:

2. 1項に基づき供給者が情報を開示することが必要か否かを決定するに当たっては、次に掲げる事情を含むすべての状況を考慮する。

(a) whether the supplier had special expertise;

(a) 供給者の特別な専門知識の保有の有無

(b) the cost to the supplier of acquiring the relevant information;

(b) 供給者が関連する情報を取得する費用

(c) the ease with which the other trader could have acquired the information by other means;

(c) 相手方である事業者が他の方法により、容易に、情報を取得する可能性

(d) the nature of the information;

(d) 情報の性質

(e) the likely importance of the information to the other trader; and

(e) 相手方である事業者にとって情報がもちうる重要性

(f) good commercial practice in the situation concerned.

(f) 問題の状況における良き商慣行

 

     SECTION 3: CONTRACTS CONCLUDED BY ELECTRONIC MEANS

      3節 電子的手段により締結される隔地者間の契約

 

Article 24  Additional duties to provide information in distance contracts concluded by electronic means

24条 電子的手段により締結される隔地者間の契約において情報を提供する追加的義務

1. This Article applies where a trader provides the means for concluding a contract and where those means are electronic and do not involve the exclusive exchange of electronic mail or other individual communication.

1. この条の規定は、事業者が契約を締結する手段を提供する場合であって、その手段が電子的なものであり、かつ、電子メールの個人的交換その他個人的な通信によるのではない場合に、適用する。

2. The trader must make available to the other party appropriate, effective and accessible technical means for identifying and correcting input errors before the other party makes or accepts an offer.

2. 事業者は、相手方が申込みを行い又は承諾する前に、入力の誤りを識別し、修正する適切かつ効果的であって、利用しやすい技術的手段を相手方が利用することができるようにしなければならない。

3. The trader must provide information about the following matters before the other party makes or accepts an offer:

3. 事業者は、相手方が申込みを行い又は承諾する前に、次に掲げる事項に関する情報を提供しなければならない。

(a) the technical steps to be taken in order to conclude the contract;

(a) 契約を締結するための技術的手段

(b) whether or not a contract document will be filed by the trader and whether it will be accessible;

(b) 事業者による契約書の提供、及びそれを入手する可能性の有無

(c) the technical means for identifying and correcting input errors before the other party makes or accepts an offer;

(c) 相手方が、申込みを行い又は承諾する前に入力の誤りを識別し修正するための技術的手段

(d) the languages offered for the conclusion of the contract;

(d) 契約締結のために用いられる言語

(e) the contract terms.

(e) 契約内容

4. The trader must ensure that the contract terms referred to in point (e) of paragraph 3 are made available in alphabetical or other intelligible characters and on a durable medium by means of any support which permits reading, recording of the information contained in the text and its reproduction in tangible form.

4. 事業者は、第3(e)に規定する契約内容を、アルファベットその他理解しやすい文字により、かつ、耐久性のある記録媒体であって、当該記録媒体において文字を表示した部分及びその有体の方式による複製物に含まれる情報を読み、記録し、及び複製することを可能とする手段を用いれば、これらを行うことができる記録媒体により、提供しなければならない。

5. The trader must acknowledge by electronic means and without undue delay the receipt of an offer or an acceptance sent by the other party.

5. 事業者は、不当な遅滞なく、相手方により送付された申込み又は承諾を受領したことを、電子的手段により、確認しなければならない。

 

Article 25  Additional requirements in distance contracts concluded by electronic means

25条 電子的手段により締結される隔地者間の契約における追加的要求事項

1. Where a distance contract which is concluded by electronic means would oblige the consumer to make a payment, the trader must make the consumer aware in a clear and prominent manner, and immediately before the consumer places the order, of the information required by point (a) of Article 13 (1), Article 14(1) and (2), and point (b) of Article 16.

1. 電子的手段により締結される隔地者間の契約により、消費者に支払を行う義務を課す場合には、事業者は、消費者が注文を行う直前に、明確かつ目立つように、第13条第(1)(a)、第14条第(1)項及び第16 (b)の規定により要求される情報を消費者が認識するようにしなければならない。

2. The trader must ensure that the consumer, when placing the order, explicitly acknowledges that the order implies an obligation to pay. Where placing an order entails activating a button or a similar function, the button or similar function must be labelled in an easily legible manner only with the words "order with obligation to pay" or similar unambiguous wording indicating that placing the order entails an obligation to make a payment to the trader. Where the trader has not complied with this paragraph, the consumer is not bound by the contract or order.

2. 事業者は、消費者が注文を行うに当たって、注文を行えば支払の義務を負うことを消費者が明示的に確認するようにしなければならない。注文がボタンをクリックし又は類似の機能を有効化することによって行われる場合には、ボタン又は類似の機能には、簡単に読むことができるように「支払義務を伴う注文」という文言、又は注文により事業者に対する支払義務が生じることになることを示すこれに類似する曖昧でない文言のみを付した表示を行わなければならない。事業者がこの項の規定に反したときは、消費者は、契約又は注文に拘束されない。

3. The trader must indicate clearly and legibly on its trading website at the latest at the beginning of the ordering process whether any delivery restrictions apply and what means of payment are accepted.

3. 事業者は、配送制限の適用の有無及びいかなる支払方法が受け入れられるかを、遅くとも注文する過程の最初の時点において、自己の取引用ウェブサイト上で、明確かつ分かりやすく表示しなけばならない。

 

Article 26  Burden of proof

26条 証明の負担

In relations between a trader and a consumer, the trader bears the burden of proof that it has provided the information required by this Section.

事業者と消費者との間においては、事業者が、この節の規定により要求される情報を提供したことを証明する責任を負う。

 

Article 27  Mandatory nature

27条 強行規定

In relations between a trader and a consumer, the parties may not, to the detriment of the consumer, exclude the application of this Section or derogate from or vary its effects.

事業者と消費者との間においては、当事者は、消費者に不利となるように、この節の規定の適用を排除し、又はその効力を変更することができない。

 

     SECTION 4 DUTY TO ENSURE THAT INFORMATION SUPPLIED IS CORRECT

     4節 正確な情報を提供するようにする義務

 

Article 28  Duty to ensure that information supplied is correct

28条 正確な情報を提供するようにする義務

1. A party who supplies information before or at the time a contract is concluded, whether in order to comply with the duties imposed by this Chapter or otherwise, has a duty to take reasonable care to ensure that the information supplied is correct and is not misleading.

1. 契約締結時以前に情報を提供する当事者は、正しく、かつ、誤解させるおそれのない情報が提供されるようにするために合理的な注意を払わなければならない。この注意を払わなければ、当該当事者は、この章の規定その他により課される義務に従ったものとは、みなされない。

2. A party to whom incorrect or misleading information has been supplied in breach of the duty referred to in paragraph 1, and who reasonably relies on that information in concluding a contract with the party who supplied it, has the remedies set out in Article 29.

2. 1項に規定する義務に反して誤った又は誤解させるおそれのある情報が提供された場合には、この情報の提供を受けた当事者であって、この情報を提供した者との間で契約を締結するに当たり当該情報を信頼することにつき合理的な理由を有する者は、第29条に規定する救済を受けることができる。

3. In relations between a trader and a consumer the parties may not, to the detriment of the consumer, exclude the application of this Article or derogate from or vary its effects.

3. 事業者と消費者との間においては、当事者は、消費者に不利となるように、この条の規定の適用を排除し、又はその効力を変更することができない。

 

     SECTION 5 REMEDIES FOR BREACH OF INFORMATION DUTIES

     5節 情報に関する義務の違反に対する救済

 

Article 29  Remedies for breach of information duties

29条 情報に関する義務の違反に対する救済

1. A party which has failed to comply with any duty imposed by this Chapter is liable for any loss caused to the other party by such failure.

1. この章の規定により課される義務に反した当事者は、この違反により相手方に生じた損失について責任を負う。

2. Where the trader has not complied with the information requirements relating to additional charges or other costs as referred to in Article 14 or on the costs of returning the goods as referred to in Article 17(2) the consumer is not liable to pay the additional charges and other costs.

2. 事業者が第14条に規定する追加料金その他費用に関する情報又は第17条第(2)項に規定する物品の返還費用に関する情報に関する要求事項に従わなかったときは、消費者は、これら追加料金その他費用の支払について責任を負わない。

3. The remedies provided under this Article are without prejudice to any remedy which may be available under Article 42 (2), Article 48 or Article 49.

3. この条の規定に基づく救済は、第42条第(2)項、第48条又は第49条の規定に基づいて受けることができる救済に影響を及ぼさない。

4. In relations between a trader and a consumer the parties may not, to the detriment of the consumer, exclude the application of this Article or derogate from or vary its effects.

4. 事業者と消費者との間においては、当事者は、消費者に不利となるように、この条の規定の適用を排除し、又はその効力を変更することができない。

 

     Chapter 3 Conclusion of contract

     3章 契約の締結

 

Article 30  Requirements for the conclusion of a contract

30条 契約締結の要件

1. A contract is concluded if:

1. 契約は、次の要件を満たすときに締結される。

(a) the parties reach an agreement;

(a) 当事者が合意に到達すること。

(b) they intend the agreement to have legal effect; and

(b) 契約当事者が合意が法的効力を持つべきであるとの意思を有すること。

(c) the agreement, supplemented if necessary by rules of the Common European Sales Law, has sufficient content and certainty to be given legal effect.

(c) 必要があれば欧州共通販売法によって補充した上で、法的効力をもつために十分な内容と確実性を備えること。

2. Agreement is reached by acceptance of an offer. Acceptance may be made explicitly or by other statements or conduct.

2. 申込みに対する承諾によって、合意は到達される。承諾は明示的に又はその他言明若しくは行為により行うことができる。

3. Whether the parties intend the agreement to have legal effect is to be determined from their statements and conduct.

3. 当事者が合意が法的効力を持つべきであるとの意思を有するか否かは、言明及び行動により決定する。

4. Where one of the parties makes agreement on some specific matter a requirement for the conclusion of a contract, there is no contract unless agreement on that matter has been reached.

4. 当事者の一方が特定の事項に関する合意を契約を締結する条件とした場合は、この事項に関して合意に達しない限り、契約は、存在しない。

 

Article 31  Offer

31条 申込み

1. A proposal is an offer if:

1. 申入れは、次のすべての要件を満たす場合に申込みとなる。

(a) it is intended to result in a contract if it is accepted; and

(a) 申入れに対する承諾があるときは、契約が生じるという意思があること。

(b) it has sufficient content and certainty for there to be a contract.

(b) 契約の存在を認めるために十分な内容と確実性を備えること。

2. An offer may be made to one or more specific persons.

2. 申込みは、1人又は複数の特定の者に対して行うことができる。

3. A proposal made to the public is not an offer, unless the circumstances indicate otherwise.

3. 公衆に対して行われる申入れは、状況により別段のことが示されない限り、申込みではない。

 

Article 32  Revocation of offer

32条  申込みの撤回

1. An offer may be revoked if the revocation reaches the offeree before the offeree has sent an acceptance or, in cases of acceptance by conduct, before the contract has been concluded.

1. 申込みは、相手方が承諾の通知を発信する前、又は、承諾が行為により行われるときは、契約締結前に、撤回の通知が相手方に到達する場合には、撤回することができる。

2. Where a proposal made to the public is an offer, it can be revoked by the same means as were used to make the offer.

2. 公衆に対して行われる申入れが申込みであるとき、この申込みは、申込みを行うために用いた方法と同じ方法により撤回することができる。

3. A revocation of an offer is ineffective if:

3. 申込みの撤回は、次のいずれかに該当するときは効力を有しない。

(a) the offer indicates that it is irrevocable;

(a) 申込みに、撤回することができないものであることが示されているとき。

(b) the offer states a fixed time period for its acceptance; or

(b) 申込みにおいて、承諾のための期間が定められていたたとき。

(c) it was otherwise reasonable for the offeree to rely on the offer as being irrevocable and the offeree has acted in reliance on the offer.

(c) 相手方が申込みを撤回することができないものであると信頼したことが合理的であり、かつ、この相手方が当該申込みを信頼して行動したとき。

 

Article 33  Rejection of offer

33条 申込みの拒絶

When a rejection of an offer reaches the offeror, the offer lapses.

申込みは、申込みに対する拒絶の通知が申込者に到達する時に、その効力を失う。

 

Article 34  Acceptance

34条 承諾

1. Any form of statement or conduct by the offeree is an acceptance if it indicates assent to the offer.

1. 申込みに対する同意を示す相手方の言明又は行為は、いかなる方式によるものであるかを問わず、承諾である。

2. Silence or inactivity does not in itself constitute acceptance.

2. 沈黙又はいかなる行為も行わないことは、それ自体では、承諾とならない。

 

Article 35  Time of conclusion of the contract

35条 契約締結の時期

1. Where an acceptance is sent by the offeree the contract is concluded when the acceptance reaches the offeror.

1. 相手方により承諾の通知が発信されるときは、その通知が申込者に到達する時に、契約は、締結される。

2. Where an offer is accepted by conduct, the contract is concluded when notice of the conduct reaches the offeror.

2. 申込みが行為により承諾されるときは、その行為の通知が申込者に到達する時に、契約は、締結される。

3. Notwithstanding paragraph 2, where by virtue of the offer, of practices which the parties have established between themselves, or of a usage, the offeree may accept the offer by conduct without notice to the offeror, the contract is concluded when the offeree begins to act.

3. 2項の規定にかかわらず、申込み又は当事者間で確立した慣行若しくは慣習により、相手方が申込者に対する通知を行うことなく行為により申込みに対する承諾を行うことができるときは、相手方が行為を開始する時に、契約は、締結される。

 

Article 36  Time limit for acceptance

36条 承諾期間

1. An acceptance of an offer is effective only if it reaches the offeror within any time limit stipulated in the offer by the offeror.

1. 申込みに対する承諾は、承諾の通知が申込者が行った申込みにおいて指定された期間内に申込者に到達する場合に限り、効力を有する。

2. Where no time limit has been fixed by the offeror the acceptance is effective only if it reaches the offeror within a reasonable time after the offer was made.

2. 申込者が承諾期間を定めなかったときは、承諾の通知は、申込みの後、合理的な期間内に申込者に到達する場合に限り、効力を有する。

3. Where an offer may be accepted by doing an act without notice to the offeror, the acceptance is effective only if the act is done within the time for acceptance fixed by the offeror or, if no such time is fixed, within a reasonable time.

3. 申込者に対する通知を行うことなく行為により申込みに対する承諾を行うことができる場合には、申込みは、その行為が申込者によって定められた承諾期間内に又は、期間が定められていないときは、合理的な期間内に行われるときに限り、効力を有する。

 

Article 37  Late acceptance

37条 遅延した承諾

1. A late acceptance is effective as an acceptance if without undue delay the offeror informs the offeree that the offeror is treating it as an effective acceptance.

1. 遅延した承諾であっても、申込者が、不当な遅滞なく、相手方にそれを有効な承諾として扱うことを知らせたときは、承諾としての効力を有する。

2. Where a letter or other communication containing a late acceptance shows that it has been sent in such circumstances that if its transmission had been normal it would have reached the offeror in due time, the late acceptance is effective as an acceptance unless, without undue delay, the offeror informs the offeree that the offer has lapsed.

2. 遅延した承諾が記載された書簡その他の通信が、通信状態が通常であったとしたならば期間内に申込者に到達したであろう状況の下で発送されたことを示している場合には、当該承諾は、承諾としての効力を有する。ただし、当該申込者が自己の申込みを失効していたものとすることを不当な遅滞なく相手方に知らせた場合は、この限りでない。

 

Article 38  Modified acceptance

38条 変更を加えた承諾

1. A reply by the offeree which states or implies additional or different contract terms which materially alter the terms of the offer is a rejection and a new offer.

1. 申込みの条件を実質的に変更する追加的な又は異なる契約条項を宣言し又は含意する相手方による応答は、拒絶であるとともに、新しい申込みである。

2. Additional or different contract terms relating, among other things, to the price, payment, quality and quantity of the goods, place and time of delivery, extent of one party's liability to the other or the settlement of disputes are presumed to alter the terms of the offer materially.

2. 追加的な又は異なる契約条項、特に代金、支払、物品の品質若しくは数量、引渡しの場所若しくは時期、当事者の一方が相手方に対して負う責任の限度又は紛争解決に関する追加的な又は異なる契約条項は、申込みの条件を実質的に変更するものと推定する。

3. A reply which gives a definite assent to an offer is an acceptance even if it states or implies additional or different contract terms, provided that these do not materially alter the terms of the offer. The additional or different terms then become part of the contract.

3. 申込みに対して確定的な同意を与える応答は、申込みの条件を実質的に変更するものでない限り、追加的な又は異なる契約条項を宣言し又は含意するものであっても承諾となる。この場合には、追加的又は異なる契約条項は、契約の一部となる。

4. A reply which states or implies additional or different contract terms is always a rejection of the offer if:

4. 追加的な又は異なる契約条項を宣言し又は含意する応答は、次に掲げる場合には、常に申込みの拒絶である。

(a) the offer expressly limits acceptance to the terms of the offer;

(a) 申込みに、承諾は申込みの条件に限定される旨が明示的に示されているとき。

(b) the offeror objects to the additional or different terms without undue delay; or

(b) 申込者が、不当な遅滞なく、追加的な又は異なる条件に対して異議を述べるとき。

(c) the offeree makes the acceptance conditional upon the offeror’s assent to the additional or different terms, and the assent does not reach the offeree within a reasonable time.

(c) 相手方が申込者が追加的な又は異なる条件に対して同意することを条件として承諾を行う場合において、この同意が、合理的な期間内に相手方に到達しないとき。

 

Article 39  Conflicting standard contract terms

39条  標準契約条項間の抵触

1. Where the parties have reached agreement except that the offer and acceptance refer to conflicting standard contract terms, a contract is nonetheless concluded. The standard contract terms are part of the contract to the extent that they are common in substance.

1. 申込みと承諾とが抵触する標準契約条項(約款)を用いていることを除いて当事者が合意に達したときは、契約は、それにもかかわらず成立する。標準契約条項は、これらの契約条項が内容的に共通する限度において、契約の一部をなす。

2. Notwithstanding paragraph 1, no contract is concluded if one party:

2. 1項の規定にかかわらず、次のいずれかの場合には、契約は、成立しない。

(a) has indicated in advance, explicitly, and not by way of standard contract terms, an intention not to be bound by a contract on the basis of paragraph 1; or

(a) 当事者の一方が、明示的に、かつ、標準契約条項としてではなく、第1項に基づき契約に拘束される意思のないことを予め明確に示していたとき。

(b) without undue delay, informs the other party of such an intention.

(b) 当事者の一方が、不当な遅滞なく、相手方にそのような意図を知らせた場合。

 

     Chapter 4 Right to withdraw in distance and off-premises contracts between traders and consumers

     4章 事業者と消費者との間の隔地者間の契約及び営業所外契約等における撤回権

 

Article 40  Right to withdraw

40条 撤回権

1. During the period provided for in Article 42, the consumer has a right to withdraw from the contract without giving any reason, and at no cost to the consumer except as provided in Article 45, from:

1. 42条に規定する期間においては、消費者は、理由を付すことなく、第45条に規定する場合を除き、費用を負担することなく、次に掲げる契約を撤回することができる。

(a) a distance contract;

(a) 隔地者間の契約

(b) an off-premises contract, provided that the price or, where multiple contracts were concluded at the same time, the total price of the contracts exceeds EUR 50 or the equivalent sum in the currency agreed for the contract price at the time of the conclusion of the contract.

(b) 代金若しくは、複数の契約が同時に締結される場合には代金の総額が50ユーロ、又は契約の価格が合意された通貨において契約締結時に同等の額を超える営業所外契約等

2. Paragraph 1 does not apply to:

2. 1項の規定は、次の契約には、適用しない。

(a) a contract concluded by means of an automatic vending machine or automated commercial premises;

(a) 自動販売機又は自動化された商業施設の手段により締結される契約

(b) a contract for the supply of foodstuffs, beverages or other goods which are intended for current consumption in the household and which are physically supplied by the trader on frequent and regular rounds to the consumer's home, residence or workplace;

(b) 食品、飲料、その他家庭で間もなく消費されることが意図された物品であって、事業者が頻繁かつ定期的に消費者の住居、居所又は勤務先に物理的に供給するものに係る契約

(c) a contract for the supply of goods or related services for which the price depends on fluctuations in the financial market which cannot be controlled by the trader and which may occur within the withdrawal period;

(c) 物品又は関係する役務であって、事業者が制御することができない金融市場の変動にともなって価格が変動し、かつ、この変動が撤回期間内におこりうるものについての契約

(d) a contract for the supply of goods or digital content which are made to the consumer’s specifications, or are clearly personalised;

(d) 消費者の指定に従い製造された物品、又は、明確に個人用化された物品若しくはデジタルコンテンツを供給する契約

(e) a contract for the supply of goods which are liable to deteriorate or expire rapidly;

(e) 急速に腐敗し、又は期限切れとなる可能性のある物品を供給する契約

(f) a contract for the supply of alcoholic beverages, the price of which has been agreed upon at the time of the conclusion of the sales contract, the delivery of which can only take place after 30 days from the time of conclusion of the contract and the actual value of which is dependent on fluctuations in the market which cannot be controlled by the trader;

(f) 価格が売買契約締結時に合意され、その引渡しが契約締結時から30日を経過する時の後に行われ、時価が事業者によって制御することができない市場の変動に依存する酒類を供給する契約

(g) a contract for the sale of a newspaper, periodical or magazine with the exception of subscription contracts for the supply of such publications;

(g) 新聞、定期刊行物又は雑誌を販売する契約(ただし、これら出版物を供給する定期購読契約を除く。)

(h) a contract concluded at a public auction; and

(h) 公共競り売買の場で締結される契約

(i) a contract for catering or services related to leisure activities which provides for a specific date or period of performance.

(i) 特定の日又は期間に行われる余暇活動に関連して配膳を行い又は役務を提供する契約

3. Paragraph 1 does not apply in the following situations:

3. 1項の規定は、次の場合には適用しない。

(a) where the goods supplied were sealed, have been unsealed by the consumer and are not then suitable for return due to health protection or hygiene reasons;

(a) 供給された物品が密封されていた場合であって、消費者によって開封され、このために当該物品が健康保護又は衛生上の理由から返還に適さなくなっているとき。

(b) where the goods supplied have, according to their nature, been inseparably mixed with other items after delivery;

(b) 供給される物品が、その性質により、引渡し後に他の物品と分かちがたく混合された場合。

(c) where the goods supplied were sealed audio or video recordings or computer software and have been unsealed after delivery;

(c) 供給された物品が、密封された音声若しくは動画の記録物又はコンピュータのソフトウェアであって、引渡し後に開封された場合。

(d) where the supply of digital content which is not supplied on a tangible medium has begun with the consumer's prior express consent and with the acknowledgement by the consumer of losing the right to withdraw;

(d) 有体の記録媒体によらずに提供するデジタルコンテンツの提供が、消費者が撤回権を失うことを事前に明示的に同意し、これを確認してから、開始された場合。

(e) the consumer has specifically requested a visit from the trader for the purpose of carrying out urgent repairs or maintenance. Where on the occasion of such a visit the trader provides related services in addition to those specifically requested by the consumer or goods other than replacement parts necessarily used in performing the maintenance or in making the repairs, the right of withdrawal applies to those additional related services or goods.

(e) 消費者が、緊急の修補又は保守を行う目的で事業者が訪問することを特に要求した場合。この訪問の際に、事業者が、消費者が特に要求したものに加えて関係する役務を提供し、又は修繕若しくは修理を行うために使用する必要がある交換部品以外の物品を提供した場合には、撤回権は、これら追加的な関係する役務又は物品については存在する。

4. Where the consumer has made an offer which, if accepted, would lead to the conclusion of a contract from which there would be a right to withdraw under this Chapter, the consumer may withdraw the offer even if it would otherwise be irrevocable.

4. 消費者が受け入れたならばこの章の規定に基づく撤回権を有しただろう契約を締結することになったであろう申込みを行った場合には、消費者は、そうでなければ撤回することができなかったときであっても、申込みを撤回することができる。

 

Article 41  Exercise of right to withdraw

41条 撤回権の行使

1. The consumer may exercise the right to withdraw at any time before the end of the period of withdrawal provided for in Article 42.

1. 消費者は、第42条に規定する撤回期間の終了前においては、いつでも撤回権を行使することができる。

2. The consumer exercises the right to withdraw by notice to the trader. For this purpose, the consumer may use either the Model withdrawal form set out in Appendix 2 or any other unequivocal statement setting out the decision to withdraw.

2. 消費者は、事業者に通知することにより、撤回権を行使する。この目的上、消費者は、附則2の契約撤回のための模範書式その他契約を撤回することを決定したことを明らかにする明確な言明を用いることができる。

3. Where the trader gives the consumer the option to withdraw electronically on its trading website, and the consumer does so, the trader has a duty to communicate to the consumer an acknowledgement of receipt of such a withdrawal on a durable medium without delay. The trader is liable for any loss caused to the other party by a breach of this duty.

3. 事業者が消費者に取引を行うウエブサイトにおいて電子的手段により契約の撤回を行うことを可能とした場合において、消費者がこの手段により契約の撤回を行ったときは、事業者は、遅滞なく耐久性ある記録媒体により消費者に対して撤回通知を受領したことの確認を通知しなければならない。事業者は、この義務の違反により相手方に生じた損失について責任を負う。

4. A communication of withdrawal is timely if sent before the end of the withdrawal period.

4. 撤回通知が撤回期間の終了前に発信された場合には、この撤回通知は、期間内に行われたものとする。

5. The consumer bears the burden of proof that the right of withdrawal has been exercised in accordance with this Article.

5. 消費者は、撤回権をこの条の規定にしたがって行使したことを証明する責任を負う。

 

Article 42  Withdrawal period

42条 撤回期間

1. The withdrawal period expires after fourteen days from:

1. 撤回期間は、次に掲げる日から14日後に終了する。

(a) the day on which the consumer has taken delivery of the goods in the case of a sales contract, including a sales contract under which the seller also agrees to provide related services;

(a) 売買契約(売主が関係する役務を提供することにも合意した売買契約を含む。)については、消費者が物品の引渡しを受領する日

(b) the day on which the consumer has taken delivery of the last item in the case of a contract for the sale of multiple goods ordered by the consumer in one order and delivered separately, including a contract under which the seller also agrees to provide related services;

(b) 一回の注文により行われ、それぞれ別に引渡しがなされる複数の物品の売買契約(売主が関係する役務を提供することにも合意した契約を含む。)については、消費者が最後の物品の引渡しを受領する日

(c) the day on which the consumer has taken delivery of the last lot or piece in the case of a contract where the goods consist of multiple lots or pieces, including a contract under which the seller also agrees to provide related services;

(c) 複数の単位又は部分からなる物品に係る契約(売主が関係する役務を提供することにも合意した契約を含む。)については、消費者が最後の単位又は部分について引渡しを受領する日

(d) the day on which the consumer has taken delivery of the first item where the contract is for regular delivery of goods during a defined period of time, including a contract under which the seller also agrees to provide related services;

(d) 定められた期間内に物品の定期的な引渡しを行う契約(売主が関係する役務を提供することにも合意した契約を含む。)については、消費者が最初の物品の引渡しを受領する日

(e) the day of the conclusion of the contract in the case of a contract for related services concluded after the goods have been delivered;

(e) 物品の引渡し後に締結される関係する役務の契約については、契約締結日

(f) the day when the consumer has taken delivery of the tangible medium in accordance with point (a) in the case of a contract for the supply of digital content where the digital content is supplied on a tangible medium;

(f) デジタルコンテンツを提供する契約であって、デジタルコンテンツを有体の記録媒体により提供するものについては、消費者が(a)の規定に従い有体の記録媒体の引渡しを受領する日

(g) the day of the conclusion of the contract in the case of a contract where the digital content is not supplied on a tangible medium.

(g) 有体の記録媒体によらずに提供するデジタルコンテンツを提供する契約については、契約締結日

2. Where the trader has not provided the consumer with the information referred to in Article 17 (1), the withdrawal period expires:

2. 事業者が第17条第(1)項に規定する情報を消費者に対して提供しなかった場合には、撤回期間は、次に掲げるいずれかの日に終了する。

(a) after one year from the end of the initial withdrawal period, as determined in accordance with paragraph 1; or

(a) 1項に規定する最初の撤回期間の終了から1年後

(b) where the trader provides the consumer with the information required within one year from the end of the withdrawal period as determined in accordance with paragraph 1, after fourteen days from the day the consumer receives the information.

(b) 事業者が、第1項に規定する撤回期間の終了から1年内に消費者に対して提供することを要する情報を提供した場合には、消費者が当該情報を受領する日から14日後

 

Article 43  Effects of withdrawal

43条  撤回の効果

Withdrawal terminates the obligations of both parties under the contract:

撤回により、契約に基づく各当事者の次に掲げる義務は、終了する。

(a) to perform the contract; or

(a) 契約を実行する義務

(b) to conclude the contract in cases where an offer was made by the consumer.

(b) 申込みが消費者によって行われた場合には、契約を締結する義務

 

Article 44  Obligations of the trader in the event of withdrawal

44条 契約撤回がなされた場合の事業者の義務

1. The trader must reimburse all payments received from the consumer, including, where applicable, the costs of delivery without undue delay and in any event not later than fourteen days from the day on which the trader is informed of the consumer's decision to withdraw from the contract in accordance with Article 41. The trader must carry out such reimbursement using the same means of payment as the consumer used for the initial transaction, unless the consumer has expressly agreed otherwise and provided that the consumer does not incur any fees as a result of such reimbursement.

1. 事業者は、不当な遅滞なく、かつ、いかなる場合にも遅くとも事業者が第41条の規定に従い消費者の契約撤回の決定について通知される日から14日を経過する日以前に、消費者から受領した金銭のすべて(配送費用を受領した場合は、これを含む。)を返還しなければならない。事業者は、消費者が最初の支払に用いた方法を用いてこの返還を行わなければならない。ただし、消費者が明示的に別段の合意をし、かつ、消費者がこの返還の結果としていかなる費用も負担しないことが定められる場合は、この限りでない。

2. Notwithstanding paragraph 1, the trader is not required to reimburse the supplementary costs, if the consumer has expressly opted for a type of delivery other than the least expensive type of standard delivery offered by the trader.

2. 1項の規定にかかわらず、消費者が、事業者が提供する標準的な配送方法のうちの最も安価な方法以外の配送方法を明示的に選択した場合には、事業者は、このために要する追加的費用を返還する必要はない。

3. In the case of a contract for the sale of goods, the trader may withhold the reimbursement until it has received the goods back, or the consumer has supplied evidence of having sent back the goods, whichever is earlier, unless the trader has offered to collect the goods.

3. 物品売買契約については、物品の返還を受ける時又は消費者が物品を返送したことの証拠を提供する時までのうち、いずれか早い時までは、事業者は、金銭の返還を留保することができる。ただし、事業者が物品の引取りを申し出ていた場合は、この限りでない。

4. In the case of an off-premises contract where the goods have been delivered to the consumer’s home at the time of the conclusion of the contract, the trader must collect the goods at its own cost if the goods by their nature cannot be normally returned by post.

4. 物品が契約締結時には消費者の住居に届けられている営業所外契約等については、物品が性質からして郵送により返還することが通常できないものである場合には、事業者は、自己の費用で物品の引取りをしなければならない。

 

Article 45  Obligations of the consumer in the event of withdrawal

45条 契約撤回がなされた場合の消費者の義務

1. The consumer must send back the goods or hand them over to the trader or to a person authorised by the trader without undue delay and in any event not later than fourteen days from the day on which the consumer communicates the decision to withdraw from the contract to the trader in accordance with Article 41, unless the trader has offered to collect the goods. This deadline is met if the consumer sends back the goods before the period of fourteen days has expired.

1. 消費者は、不当な遅滞なく、かつ、いかなる場合にも第41条の規定に従い消費者が事業者に対して撤回通知を行う日から遅くとも14日以内に、事業者又は事業者から委任された者に物品を返送し又は交付しなければならない。ただし、事業者が物品の引取りを申し出ていた場合は、この限りでない。消費者が物品の返送を14日の期間の満了前に行なった場合には、物品の返送は、この期間内に行われたものとする。

2. The consumer must bear the direct costs of returning the goods, unless the trader has agreed to bear those costs or the trader failed to inform the consumer that the consumer has to bear them.

2. 消費者は、物品を返還するために直接に生じる費用を負担しなければならない。ただし、事業者が物品を返還する費用を負担することを合意し、又は消費者が物品が返還する費用を負担しなければならないことを消費者に知らせなかった場合は、この限りでない。

3. The consumer is liable for any diminished value of the goods only where that results from handling of the goods in any way other than what is necessary to establish the nature, characteristics and functioning of the goods. The consumer is not liable for diminished value where the trader has not provided all the information about the right to withdraw in accordance with Article 17 (1).

3. 消費者は、物品の性質、特性及び機能を発揮させるために必要とされる以外の方法により物品を取り扱ったことから物品の価値が減少した場合に限り、当該価値の減少について責任を負う。消費者は、事業者が第17条第(1)項の規定に従い撤回権に関する情報のすべてを提供しなかった場合には、価値の減少について責任を負わない。

4. Without prejudice to paragraph 3, the consumer is not liable to pay any compensation for the use of the goods during the withdrawal period.

4. 消費者は、撤回期間内に物品を使用したことについて、支払を行う責任を負わない。なお、この規定は第3項の規定に影響を及ぼすものではない。

5. Where the consumer exercises the right of withdrawal after having made an express request for the provision of related services to begin during the withdrawal period, the consumer must pay to the trader an amount which is in proportion to what has been provided before the consumer exercised the right of withdrawal, in comparison with the full coverage of the contract. The proportionate amount to be paid by the consumer to the trader must be calculated on the basis of the total price agreed in the contract. Where the total price is excessive, the proportionate amount must be calculated on the basis of the market value of what has been provided.

5. 消費者が撤回期間内に関係する役務の提供を開始するよう明示的に要求した後に、撤回権を行使する場合には、消費者は、撤回権を行使する前に提供された物について、契約に定められる物の全部に比して相応する金額を、事業者に対して支払わなければならない。消費者により事業者に支払われるべき相応の金額は、契約において合意された代金の合計額に基づいて計算しなければならない。この合計額が過大であるときは、相応の金額は、提供されたものの市価に基づいて計算しなければならない。

6. The consumer is not liable for the cost for:

6. 消費者は、次に掲げる費用については、支払の責任を負わない。

(a) the provision of related services, in full or in part, during the withdrawal period, where:

(a) 関係する役務の提供であって、撤回期間内に全部又は一部が提供されたもの。ただし、次のいずれかの場合に限る。

(i) the trader has failed to provide information in accordance with Article 17(1) and (3); or

(i) 事業者が第17条第(1)項及び第(3)項の規定に従い情報を提供しなかった場合。

(ii) the consumer has not expressly requested performance to begin during the withdrawal period in accordance with Article 18(2) and Article 19(6);

(ii) 消費者が撤回期間内に提供を開始することを、第18条第(2)項及び第19条第(6)項の規定に従い明示的に要求しなかった場合。

(b) for the supply, in full or in part, of digital content which is not supplied on a tangible medium where:

(b) 有体の記録媒体によらずに提供するデジタルコンテンツの全部又は一部の提供。ただし、次のいずれかの場合に限る。

(i) the consumer has not given prior express consent for the supply of digital content to begin before the end of the period of withdrawal referred to in Article 42(1);

(i) 消費者が、第42条第(1)項に規定する撤回期間の満了前にデジタルコンテンツの提供を開始することについて、事前に明示的に同意しなかった場合。

(ii) the consumer has not acknowledged losing the right of withdrawal when giving the consent; or

(ii) 消費者が、同意を行えば撤回権を失うことを確認しなかった場合。

(iii) the trader has failed to provide the confirmation in accordance with Article 18(1) and Article 19(5).

(iii) 事業者が、第18条第(1)項及び第19条第(5)項の規定に従い確認書を提供しなかった場合。

7. Except as provided for in this Article, the consumer does not incur any liability through the exercise of the right of withdrawal.

7. この条に規定する場合を除き、消費者は、撤回権を行使することにより責任を負うことはない。

 

Article 46  Ancillary contracts

46条 付随的契約

1. Where a consumer exercises the right of withdrawal from a distance or an off-premises contract in accordance with Articles 41 to 45, any ancillary contracts are automatically terminated at no cost to the consumer except as provided in paragraphs 2 and 3. For the purpose of this Article an ancillary contract means a contract by which a consumer acquires goods, digital content or related services in connexion to a distance contract or an off-premises contract and these goods, digital content or related services are provided by the trader or a third party on the basis of an arrangement between that third party and the trader.

1. 消費者が第41条から第 45条までの規定に従い隔地者間の契約又は営業所外契約等について撤回権を行使する場合には、付随的契約は、第2項及び第3項に定める場合を除いて、消費者に費用を発生させることなく自動的に終了する。この条の規定の適用上、付随的契約とは、消費者が隔地者間の契約又は営業所外契約等に関係して物品、デジタルコンテンツ又は関係する役務を得る契約であって、これら物品、デジタルコンテンツ又は関係する役務が、事業者又は第三者と事業者との間の取決めに基づいて、当該第三者により提供される契約をいう。

2. The provisions of Articles 43, 44 and 45 apply accordingly to ancillary contracts to the extent that those contracts are governed by the Common European Sales Law.

2. 43条、第44条及び第45条の規定は、付随的契約が欧州共通販売法によって規律される限度において、当該契約に適用する。

3. For ancillary contracts which are not governed by the Common European Sales Law the applicable law governs the obligations of the parties in the event of withdrawal.

3. 欧州共通販売法が規律しない付随的契約については、契約撤回がなされた場合の当事者の義務は、準拠法により規律される。

 

Article 47  Mandatory nature

47条 強行規定

The parties may not, to the detriment of the consumer, exclude the application of this Chapter or derogate from or vary its effects.

当事者は、消費者に不利となるように、この章の規定の適用を排除し、又はその効力を変更することができない。

 

     Chapter 5 Defects in consent

     5章 同意の欠陥

 

Article 48  Mistake

48条 錯誤

1. A party may avoid a contract for mistake of fact or law existing when the contract was concluded if:

1. 当事者は、次に掲げる要件が満たされる場合には、契約締結時に存在する事実又は法律の錯誤を理由として契約を取り消すことができる。

(a) the party, but for the mistake, would not have concluded the contract or would have done so only on fundamentally different contract terms and the other party knew or could be expected to have known this; and

(a) 当事者が、錯誤がなければ、契約を締結しなかったであろう場合、又は全く異なる条項のもとでのみ契約を締結したであろう場合であって、相手方がこのことを知り、又は知ることを期待することができたとき。

(b) the other party:

(b) 相手方が、

(i) caused the mistake;

(i) 錯誤を生じさせた場合。

(ii) caused the contract to be concluded in mistake by failing to comply with any pre-contractual information duty under Chapter 2, Sections 1 to 4;

(ii) 2章第1節から第4節までに規定する契約前の情報提供に関する義務に従わなかったことにより錯誤して契約を締結させた場合。

(iii) knew or could be expected to have known of the mistake and caused the contract to be concluded in mistake by not pointing out the relevant information, provided that good faith and fair dealing would have required a party aware of the mistake to point it out; or

(iii) 錯誤を知り、又は知ることを期待することができた場合において、関連する情報を指摘しないことにより契約を締結させた場合(ただし、錯誤を知る当事者が、信義誠実と公正取引の原則に従い、このことを指摘するべきであった場合に限る。)。

(iv) made the same mistake.

(iv) 同じ錯誤に陥っていた場合。

2. A party may not avoid a contract for mistake if the risk of the mistake was assumed, or in the circumstances should be borne, by that party.

2. 錯誤のリスクが錯誤当事者によって引き受けられたとき、又は状況からして錯誤のリスクが錯誤当事者によって負担されるべきときは、当事者は契約を取り消すことができない。

3. An inaccuracy in the expression or transmission of a statement is treated as a mistake of the person who made or sent the statement.

3. 言明の表現又はその通信における誤りは、その言明を行い又はこれを通信をした者の錯誤として扱う。

 

Article 49  Fraud

49条 詐欺

1. A party may avoid a contract if the other party has induced the conclusion of the contract by fraudulent misrepresentation, whether by words or conduct, or fraudulent non-disclosure of any information which good faith and fair dealing, or any precontractual information duty, required that party to disclose.

1. 当事者は、相手方が言語によると行為によるとを問わず詐欺的な不実表示、又は信義誠実と公正取引の原則又は契約前の情報提供に関する義務に従い相手方が開示すべきであった情報の詐欺的な不開示によって契約を締結するよう誘引した場合には、契約を取り消すことができる。

2. Misrepresentation is fraudulent if it is made with knowledge or belief that the representation is false, or recklessly as to whether it is true or false, and is intended to induce the recipient to make a mistake. Non-disclosure is fraudulent if it is intended to induce the person from whom the information is withheld to make a mistake.

2. 不実表示は、表示が偽りであることを知り若しくは信じながら行われ、又は、それが真か偽かについて無謀に行われた場合であって、表示を見た者が錯誤に陥るよう誘引することを意図してなされたときは、詐欺的である。不開示は、情報の提供を受けなかった者が錯誤に陥るよう誘引することが意図されているときは、詐欺的である。

3. In determining whether good faith and fair dealing require a party to disclose articular information, regard should be had to all the circumstances, including:

3. 信義誠実と公正取引の原則により当事者が特定の情報を開示すべきであるか否かを決定するに当たっては、次に掲げる事情を含むすべての状況を考慮するべきである。

(a) whether the party had special expertise;

(a) 当該当事者が特別な専門知識の保有の有無

(b) the cost to the party of acquiring the relevant information;

(b) 当該当事者が関連する情報を取得する費用

(c) the ease with which the other party could have acquired the information by other means;

(c) 相手方が他の方法により、容易に、情報を取得する可能性

(d) the nature of the information;

(d) 情報の性質

(e) the apparent importance of the information to the other party; and

(e) 相手方にとってその情報が一見して重要か否か

(f) in contracts between traders good commercial practice in the situation concerned

(f) 事業者間の契約については、問題の状況における良き商慣行

 

Article 50  Threats

50条  強迫

A party may avoid a contract if the other party has induced the conclusion of the contract by the threat of wrongful, imminent and serious harm, or of a wrongful act.

当事者は、相手方が、不法かつ急迫した重大な危害又は不法な行為をもって強迫することにより契約を締結するよう誘引したときは、契約を取り消すことができる。

 

Article 51  Unfair exploitation

51条 不当な搾取

A party may avoid a contract if, at the time of the conclusion of the contract:

当事者は、契約締結時に次に掲げるいずれかの場合には、契約を取り消すことができる。

(a) that party was dependent on, or had a relationship of trust with, the other party, was in economic distress or had urgent needs, was improvident, ignorant, or inexperienced; and

(a) 当事者が、相手方に従属し若しくは相手方と信頼関係にあり、経済的に困窮し若しくは緊急の必要があり、又は無思慮、無知若しくは経験が浅かった場合。

(b) the other party knew or could be expected to have known this and, in the light of the circumstances and purpose of the contract, exploited the first party’s situation by taking an excessive benefit or unfair advantage.

(b) 相手方が、前号に掲げる事実を知り、又は知ることを期待することができた場合であって、状況及び契約の目的に照らして、過大な利益を得又は不当に有利な立場に立つことにより、当該当事者の状況を不当に利用したとき。

 

Article 52  Notice of avoidance

52条  取消しの通知

1. Avoidance is effected by notice to the other party.

1. 取消権は、相手方に通知することにより行使される。

2. A notice of avoidance is effective only if it is given within the following period after the avoiding party becomes aware of the relevant circumstances or becomes capable of acting freely:

2. 取消しの通知は、契約を取り消そうとする当事者が関連する状況を知り、又は自由に行動することが可能となる時から、次の期間内に行われたときに限り、効力を有する。

(a) six months in case of mistake; and

(a) 錯誤の場合には、6箇月

(b) one year in case of fraud, threats and unfair exploitation.

(b) 詐欺、強迫又は不当な搾取の場合には、1

 

Article 53  Confirmation

53条 追認

Where the party who has the right to avoid a contract under this Chapter confirms it, expressly or impliedly, after becoming aware of the relevant circumstances, or becoming capable of acting freely, that party may no longer avoid the contract.

この章の規定により契約の取消権を有する当事者が、関連する状況について認識する時、又は自由に行動することが可能となる時の後に、明示的又は黙示的に、契約を追認したときは、当該当事者は契約を取り消すことができない。

 

Article 54  Effects of avoidance

54条 取消しの効果

1. A contract which may be avoided is valid until avoided but, once avoided, is retrospectively invalid from the beginning.

1. 取り消すことができる契約は、取り消されるまで有効とする。ただし、取り消されたときは、契約は、最初からなかったものとする。

2. Where a ground of avoidance affects only certain contract terms, the effect of avoidance is limited to those terms unless it is unreasonable to uphold the remainder of the contract.

2. 取消しの理由が一定の契約条項のみに影響を与える場合には、取消しの効果は、その条項のみについて生じる。ただし、契約の残りの部分を維持することが不合理である場合は、この限りでない。

3. The question whether either party has a right to the return of whatever has been transferred or supplied under a contract which has been avoided, or to a monetary equivalent, is regulated by the rules on restitution in Chapter 17.

3. いずれかの当事者が取り消された契約に基づいて移転を受け、若しくは供給されたものの返還を受け、又は同等の金銭の支払を受ける権利を有するか否かは、第17章の原状回復に関す準則によって規制される。

 

Article 55  Damages for loss

55条 損失についての賠償

A party who has the right to avoid a contract under this Chapter or who had such a right before it was lost by the effect of time limits or confirmation is entitled, whether or not the contract is avoided, to damages from the other party for loss suffered as a result of the mistake, fraud, threats or unfair exploitation, provided that the other party knew or could be expected to have known of the relevant circumstances.

この章の規定に基づいて契約の取消権を有し、又は期間制限又は追認の効果による取消権の喪失時前にこの権利を有した当事者は、相手方が関連する状況を知り、又は知ることを期待することができたときは、契約が取り消されるか否かを問わず、錯誤、詐欺、強迫又は不当な搾取により相手方が生じさせた損失について損害賠償を請求することができる。

 

Article 56  Exclusion or restriction of remedies

56条 救済の排除又は制限

1. Remedies for fraud, threats and unfair exploitation cannot be directly or indirectly excluded or restricted.

1. 詐欺、強迫及び不当な搾取に対する救済は、直接又は間接に、排除し又は制限することができない。

2. In relations between a trader and a consumer the parties may not, to the detriment of the consumer, directly or indirectly exclude or restrict remedies for mistake.

2. 事業者と消費者との間においては、当事者は、直接又は間接に、消費者に不利となるように、錯誤に対する救済を排除又は制限することができない。

 

Article 57  Choice of remedy

57条 救済の選択

A party who is entitled to a remedy under this Chapter in circumstances which afford that party a remedy for non-performance may pursue either of those remedies.

この章の規定に基づき救済を受ける権利を有する当事者が、不履行に対する救済も受けることができる状況の下にあるときは、これら救済のうちいずれか一方の救済を求めることができる。

 

     第3部  契約内容の評価

     Part III Assessing what is in the contract

 

     Chapter 6 Interpretation

     6章 解釈

 

Article 58  General rules on interpretation of contracts

58条 契約の解釈に関する一般的準則

1. A contract is to be interpreted according to the common intention of the parties even if this differs from the normal meaning of the expressions used in it.

1. 契約は、契約内で用いられる表現の通常の意味と異なる場合であっても、当事者の共通の意思にしたがって解釈する。

2. Where one party intended an expression used in the contract to have a particular meaning, and at the time of the conclusion of the contract the other party was aware, or could be expected to have been aware, of that intention, the expression is to be interpreted in the way intended by the first party.

2. 当事者の一方が特定の意味をもたせることを意図して契約内で表現を用いた場合において、相手方が契約締結時に当事者のこの意図を知り、又は知ることを期待することができたときは、当該表現は、当該当事者が意図したように解釈する。

3. Unless otherwise provided in paragraphs 1 and 2, the contract is to be interpreted according to the meaning which a reasonable person would give to it.

3. 第1項及び第2項に別段の規定がある場合を除き、契約は、合理的な者がその契約に与えるであろう意味にしたがって解釈する。

 

Article 59  Relevant matters

59条 考慮すべき事項

In interpreting a contract, regard may be had, in particular, to:

契約を解釈するに当たっては、特に次に規定する事項を考慮することができる。

(a) the circumstances in which it was concluded, including the preliminary negotiations;

(a) 契約が締結された状況(契約の予備交渉を含む。)

(b) the conduct of the parties, even subsequent to the conclusion of the contract;

(b) 当事者の行為(契約締結後の行為を含む。)

(c) the interpretation which has already been given by the parties to expressions which are identical to or similar to those used in the contract;

(c) 契約において用いられている表現と同一又は類似の表現について既に当事者によってなされてきた解釈

(d) usages which would be considered generally applicable by parties in the same situation;

(d) 同一の状況の下で、当事者に一般的に適用されると考えられる慣習

(e) practices which the parties have established between themselves;

(e) 当事者間で確立した慣行

(f) the meaning commonly given to expressions in the branch of activity concerned;

(f) 当該取引分野において表現に一般に与えられている意味

(g) the nature and purpose of the contract; and

(g) 契約の性質及び目的

(h) good faith and fair dealing.

(h) 信義誠実と公正取引の原則

 

Article 60  Reference to contract as a whole

60条  契約全体との一貫性

Expressions used in a contract are to be interpreted in the light of the contract as a whole.

契約において用いられる表現は、契約の全体に照らして解釈する。

 

Article 61  Language discrepancies

61条 言語の齟齬

Where a contract document is in two or more language versions none of which is stated to be authoritative and where there is a discrepancy between the versions, the version in which the contract was originally drawn up is to be treated as the authoritative one.

契約書に2つ以上の言語の版があり、それらのいずれにも拘束力を有するとの表記がない場合において、それらの間に齟齬があるときは、最初に作成された版を正規のものとして扱う。

 

Article 62  Preference for individually negotiated contract terms

62条 個別交渉がなされた契約条項の優先

To the extent that there is an inconsistency, contract terms which have been individually negotiated prevail over those which have not been individually negotiated within the meaning of Article 7.

個別交渉がなされた契約条項と、第7条に規定する個別交渉がなされない契約条項に該当する条項が抵触する限度において、個別交渉がなされた契約条項が個別交渉がなされない契約条項に優先する。

 

Article 63  Preference for interpretation which gives contract terms effect

63条 契約条項を有効とする解釈の優先

An interpretation which renders the contract terms effective prevails over one which does not.

契約条項を有効とする解釈が、有効としない解釈に優先する。

 

Article 64  Interpretation in favour of consumers

64条 消費者に有利な解釈

1. Where there is doubt about the meaning of a contract term in a contract between a trader and a consumer, the interpretation most favourable to the consumer shall prevail unless the term was supplied by the consumer.

1. 事業者と消費者との間の契約内の契約条項の意味について疑義が生じる場合には、消費者が当該条項を準備したときを除き、消費者に最も有利な解釈が優先する。

2. The parties may not, to the detriment of the consumer, exclude the application of this Article or derogate from or vary its effects.

2. 当事者は、消費者に不利となるように、この条の規定の適用を排除し、又はその効力を変更することができない。

 

Article 65  Interpretation against supplier of a contract term

65条 契約条項を準備した者に不利な解釈

Where, in a contract which does not fall under Article 64, there is doubt about the meaning of a contract term which has not been individually negotiated within the meaning of Article 7, an interpretation of the term against the party who supplied it shall prevail.

64条に該当しない契約について、第7条に規定する個別交渉がなされない契約条項に該当する契約条項の意味について疑義が生じた場合には、当該条項を準備した当事者に不利な解釈が優先する。

 

     Chapter 7 Contents and effects 

     7章 内容及び効果

 

Article 66  Contract terms

66条 契約の内容

The terms of the contract are derived from:

契約の内容は、次に掲げるものにより構成される。

(a) the agreement of the parties, subject to any mandatory rules of the Common European Sales Law;

(a) 当事者間の契約(ただし、欧州共通販売法の強行的準則に従わなければならない。)

(b) any usage or practice by which parties are bound by virtue of Article 67;

(b) 67条により当事者を拘束する慣習又は慣行

(c) any rule of the Common European Sales Law which applies in the absence of an agreement of the parties to the contrary; and

(c) 欧州共通販売法の準則(当事者間で反対の合意がなされていない場合に適用されるものに限る。)

(d) any contract term implied by virtue of Article 68.

(d) 68条により黙示される契約条項

 

Article 67  Usages and practices in contracts between traders

67条 事業者間の契約における慣習及び慣行

1. In a contract between traders, the parties are bound by any usage which they have agreed should be applicable and by any practice they have established between themselves.

1. 事業者間の契約においては、当事者は、適用することについて合意した慣習及び当事者間で確立した慣行に拘束される。

2. The parties are bound by a usage which would be considered generally applicable by traders in the same situation as the parties.

2. 当事者は、契約当事者と同じ状況の下にある事業者に一般的に適用されると考えられる慣習に拘束される。

3. Usages and practices do not bind the parties to the extent to which they conflict with contract terms which have been individually negotiated or any mandatory rules of the Common European Sales Law.

3. 慣習及び慣行は、個別交渉がなされた契約条項又は欧州共通販売法の強制的準則に反する限度において、当事者を拘束しない。

 

Article 68  Contract terms which may be implied

68条 黙示されうる契約条項

1. Where it is necessary to provide for a matter which is not explicitly regulated by the agreement of the parties, any usage or practice or any rule of the Common European Sales Law, an additional contract term may be implied, having regard in particular to:

1. 当事者の合意、慣習若しくは慣行、又は欧州共通販売法の準則により明示的に規律されない事項について定める必要がある場合には、特に次に掲げる事項を考慮して、契約条項が黙示的に追加されているものとすることができる。

(a) the nature and purpose of the contract;

(a) 契約の性質及び目的

(b) the circumstances in which the contract was concluded; and

(b) 契約が締結された状況

(c) good faith and fair dealing.

(c) 信義誠実と公正取引の原則

2. Any contract term implied under paragraph 1 is, as far as possible, to be such as to give effect to what the parties would probably have agreed, had they provided for the matter.

2. 1項により黙示される契約条項は、可能な限り、当事者が当該事項について定めたならば合意したであろうことに効力を生じさせるものでなければならない。

3. Paragraph 1 does not apply if the parties have deliberately left a matter unregulated, accepting that one or other party would bear the risk.

3. 当事者のいずれかが危険を負担することを受け入れて、両当事者が意図的に規律しないこととした事項については、第1項は、適用しない。

 

Article 69  Contract terms derived from certain pre-contractual statements

69条 契約内容を構成する契約前の一定の言明

1. Where the trader makes a statement before the contract is concluded, either to the other party or publicly, about the characteristics of what is to be supplied by that trader under the contract, the statement is incorporated as a term of the contract unless:

1. 契約締結前に、事業者が、相手方に対して又は公に、当該事業者が契約に基づいて供給するものの特性について言明を行うときは、この言明は、次のいずれかの場合を除いて、契約の内容をなすものとする。

(a) the other party was aware, or could be expected to have been aware when the contract was concluded that the statement was incorrect or could not otherwise be relied on as such a term; or

(a) 相手方が、言明が不正確であり、その他契約条項として依拠することができないものであることを契約締結時に知り、又は知ることを期待することができた場合。

(b) the other party’s decision to conclude the contract could not have been influenced by the statement.

(b) 相手方の契約を締結することについての決定が、言明によって影響され得ない場合。

2. For the purposes of paragraph 1, a statement made by a person engaged in advertising or marketing for the trader is regarded as being made by the trader.

2. 1項の規定の適用上、事業者のために広告又は販売促進を行う者による言明は、事業者によって行われたものとみなす。

3. Where the other party is a consumer then, for the purposes of paragraph 1, a public statement made by or on behalf of a producer or other person in earlier links of the chain of transactions leading to the contract is regarded as being made by the trader unless the trader, at the time of conclusion of the contract, did not know and could not be expected to have known of it.

3. 相手方が消費者であるとき、第1項の規定の適用上、製造者その他契約にいたる取引の連鎖の前方に位置する者により、又はこれらの者のために公に行われる言明は、事業者によって行われたものとみなす。ただし、事業者が契約締結時にこのことを知らず、かつ、知ることを期待することができなかった場合は、この限りでない。

4. In relations between a trader and a consumer the parties may not, to the detriment of the consumer, exclude the application of this Article or derogate from or vary its effects.

4. 事業者と消費者との間においては、当事者は、消費者に不利となるように、この条の規定の適用を排除し、又はその効力を変更することができない。

 

Article 70  Duty to raise awareness of not individually negotiated contract terms

70条 個別交渉がなされない契約条項に対して関心を高める義務

1. Contract terms supplied by one party and not individually negotiated within the meaning of Article 7 may be invoked against the other party only if the other party was aware of them, or if the party supplying them took reasonable steps to draw the other party's attention to them, before or when the contract was concluded.

1. 当事者の一方により提供され、第7条に規定する個別交渉がなされない契約条項に該当する契約条項は、契約締結時以前に相手方がこれを知り、又は契約条項を準備した当事者が相手方の注意を喚起するために相当な措置をとった場合に限り、相手方に対して援用することができる。

2. For the purposes of this Article, in relations between a trader and a consumer contract terms are not sufficiently brought to the consumer's attention by a mere reference to them in a contract document, even if the consumer signs the document.

2. この条の規定の適用上、事業者と消費者との間においては、消費者が契約書に署名した場合であっても、契約書内で契約条項を引用したことのみを理由として、当該契約条項について消費者の注意を十分に喚起したものとされることはされない。

3. The parties may not exclude the application of this Article or derogate from or vary its effects.

3. 当事者は、この条の規定の適用を排除し、又はその効力を変更することができない。

 

Article 71  Additional payments in contracts between a trader and a consumer

71条 事業者と消費者との間の契約における追加的支払

1. In a contract between a trader and a consumer, a contract term which obliges the consumer to make any payment in addition to the remuneration stated for the trader’s main contractual obligation, in particular where it has been incorporated by the use of default options which the consumer is required to reject in order to avoid the additional payment, is not binding on the consumer unless, before the consumer is bound by the contract, the consumer has expressly consented to the additional payment. If the consumer has made the additional payment, the consumer may recover it.

1. 事業者と消費者との間の契約においては、事業者が負う契約上の主たる義務について定められた対価に加えて、消費者が支払を行う義務を課す契約条項は、特に、消費者がこの追加的支払を避けるためには拒絶を行わなければならない既定の選択肢として契約において規定されたときは、消費者を拘束しない(ただし、消費者が契約に拘束されるに先立って、消費者が明示的に追加的な支払を行うことに同意した場合は、この限りでない。)。消費者が追加的な支払を行ったときは、消費者は、その返還を請求することができる。

2. The parties may not, to the detriment of the consumer, exclude the application of this Article or derogate from or vary its effects.

2. 当事者は、消費者に不利となるように、この条の規定の適用を排除し、又はその効力を変更することができない。

 

Article 72  Merger clauses

72条 完結条項

1. Where a contract in writing includes a term stating that the document contains all contract terms (a merger clause), any prior statements, undertakings or agreements which are not contained in the document do not form part of the contract.

1. 書面による契約に、契約書に契約内容のすべてが記載されているとする条項(完結条項)が含まれているときは、この契約書に含まれない先行する言明、約束又は合意は、契約の一部を構成しない。

2. Unless the contract otherwise provides, a merger clause does not prevent the parties’ prior statements from being used to interpret the contract.

2. 契約に別段の定めがない限り、完結条項は、当事者が先行する言明を、契約書を解釈するために用いることを妨げるものではない。

3. In a contract between a trader and a consumer, the consumer is not bound by a merger clause.

3. 事業者と消費者との間の契約においては、消費者は、完結条項に拘束されない。

4. The parties may not, to the detriment of the consumer, exclude the application of this Article or derogate from or vary its effects.

4. 当事者は、消費者に不利となるように、この条の規定の適用を排除し、又はその効力を変更することができない。

 

Article 73  Determination of price

73条 価格の決定

Where the amount of the price payable under a contract cannot be otherwise determined, the price payable is, in the absence of any indication to the contrary, the price normally charged in comparable circumstances at the time of the conclusion of the contract or, if no such price is available, a reasonable price.

契約に基づいて支払うべき代金の額が他の方法により決定されないときは、支払うべき価格は、反対の意思が示されていない限り、契約締結時に類似する状況の下で通常請求される価格又は、そのような価格がないときは、合理的な価格とする。

 

Article 74  Unilateral determination by a party

74条 一当事者の一方的決定

1. Where the price or any other contract term is to be determined by one party and that party’s determination is grossly unreasonable then the price normally charged or term normally used in comparable circumstances at the time of the conclusion of the contract or, if no such price or term is available, a reasonable price or a reasonable term is substituted.

1. 価格その他契約条項が当事者の一方により決定されるべき場合において、この決定が著しく不合理であるときは、契約締結時に類似する状況の下で通常請求される価格若しくは通常用いられる契約条項、又は、そのような価格又は条項がないときは、合理的な価格又は条項をもってこれに替える。

2. The parties may not exclude the application of this Article or derogate from or vary its effects.

2. 当事者は、この条の規定の適用を排除し、又はその効力を変更することができない。

 

Article 75  Determination by a third party

75条 第三者による決定

1. Where a third party is to determine the price or any other contract term and cannot or will not do so, a court may, unless this is inconsistent with the contract terms, appoint another person to determine it.

1. 価格その他契約条項が第三者により決定されるべき場合において、その第三者がこれらを定めることができないとき、又は定めようとしないときは、裁判所が、これを決定する他の者を指名することができる。ただし、このような指名を行なうことが、契約条項と一致しない場合は、この限りでない。

2. Where a price or other contract term determined by a third party is grossly unreasonable, the price normally charged or term normally used in comparable circumstances at the time of the conclusion of the contract or, if no such price is available, a reasonable price, or a reasonable term is substituted.

2. 第三者により決定された価格又はその他の契約条項が著しく不合理であるときは、契約締結時に類似する状況の下で通常請求される価格若しくは通常用いられる契約条項、又は、そのような価格[又は条項]がないときは、合理的な価格又は条項をもってこれに替える。

3. For the purpose of paragraph 1 a 'court' includes an arbitral tribunal.

3. 1項の規定の適用上、「裁判所」には、仲裁廷を含む。

4. In relations between a trader and a consumer the parties may not to the detriment of the consumer exclude the application of paragraph 2 or derogate from or vary its effects.

4. 事業者と消費者との間においては、当事者は、消費者に不利となるように、第2項の規定の適用を排除し、又はその効力を変更することができない。

 

Article 76  Language

76条 言語

Where the language to be used for communications relating to the contract or the rights or obligations arising from it cannot be otherwise determined, the language to be used is that used for the conclusion of the contract.

契約若しくは契約に基づいて生じる権利又は義務に関する通信に使用される言語が他の方法により決定されないときは、契約締結のために使用された言語を、使用言語とする。

 

Article 77  Contracts of indeterminate duration

77条 期間の定めのない契約

1. Where, in a case involving continuous or repeated performance of a contractual obligation, the contract terms do not stipulate when the contractual relationship is to end or provide for it to be terminated upon giving notice to that effect, it may be terminated by either party by giving a reasonable period of notice not exceeding two months.

1. 契約上の義務が継続して、又は反復して履行される場合に、契約内で契約関係が終了する時が規定されず、又は終了の通知を行うことにより契約関係が終了することが規定されないときは、各当事者は、2箇月を越えない合理的な期間をおいて通知をすることにより、契約を解除することができる。

2. In relations between a trader and a consumer the parties may not, to the detriment of the consumer, exclude the application of this Article or derogate from or vary its effects.

2. 事業者と消費者との間においては、当事者は、消費者に不利となるように、この条の規定の適用を排除し、又はその効力を変更することができない。

 

Article 78  Contract terms in favour of third parties

78条 第三者のためにする契約条項

1. The contracting parties may, by the contract, confer a right on a third party. The third party need not be in existence or identified at the time the contract is concluded but needs to be identifiable.

1. 契約当事者は、合意により第三者に権利を与えることができる。第三者は、契約締結時に存在し、又は特定されている必要はないが、特定できなければならない。

2. The nature and content of the third party’s right are determined by the contract. The right may take the form of an exclusion or limitation of the third party’s liability to one of the contracting parties.

2. 第三者の権利の性質及び内容は、契約により決定される。この権利は、いずれかの契約当事者に対する第三者の責任を免除又は制限するものであることができる。

3. When one of the contracting parties is bound to render a performance to the third party under the contract, then:

3. 契約当事者のいずれかが契約に基づき第三者に対して履行を提供する義務を負う場合においては、

(a) the third party has the same rights to performance and remedies for non-performance as if the contracting party was bound to render the performance under a contract with the third party; and

(a) 第三者は、契約当事者が当該第三者と締結した契約に基づいて履行を提供する義務を負う場合と同様に、履行についての権利を有し、かつ、不履行に対する救済を受けることができる。

(b) the contracting party who is bound may assert against the third party all defences which the contracting party could assert against the other party to the contract.

(b) 拘束される契約当事者は、当該当事者が契約の相手方に対して主張することができであろう抗弁のすべてを、第三者に対して主張することができる。

4. The third party may reject a right conferred upon them by notice to either of the contracting parties, if that is done before it has been expressly or impliedly accepted. On such rejection, the right is treated as never having accrued to the third party.

4. 第三者は、明示的又は黙示的に承諾を行う前に、契約当事者のいずれかに対して通知を行うことにより、自己に与えられた権利を拒絶することができる。拒絶により、第三者が権利を有したことは、なかったものとして扱われる。

5. The contracting parties may remove or modify the contract term conferring the right if this is done before either of them has given the third party notice that the right has been conferred.

5. 契約当事者は、契約当事者のいずれかが第三者に対して権利を与えたことについて通知を行う前においては、権利を与える契約条項を削除又は変更することができる。

 

     Chapter 8 Unfair contract terms

     8章 不公正な契約条項

 

     SECTION 1 GENERAL PROVISIONS

     1節 総則

 

Article 79  Effects of unfair contract terms

79条 不当な契約条項の効果

1. A contract term which is supplied by one party and which is unfair under Sections 2 and 3 of this Chapter is not binding on the other party.

1. 当事者の一方により準備され、本章第2節及び第3節の規定により不公正とされる契約条項は、相手方を拘束しない。

2. Where the contract can be maintained without the unfair contract term, the other contract terms remain binding.

2. 不公正な契約条項を除いて契約を維持することができるときは、他の契約条項は、なお拘束力を有する。

 

Article 80  Exclusions from unfairness test

80条 不公平性の審査の不適用

1. Sections 2 and 3 do not apply to contract terms which reflect rules of the Common European Sales Law which would apply if the terms did not regulate the matter.

1. 2節及び第3節の規定は、契約条項による定めがなければ適用されたであろう欧州共通販売法の準則を反映する契約条項には、適用しない。

2. Section 2 does not apply to the definition of the main subject matter of the contract, or to the appropriateness of the price to be paid in so far as the trader has complied with the duty of transparency set out in Article 82.

2. 2節の規定は、第82条に規定する透明性の義務に事業者が従う限りは、契約の主要な事項の定義又は支払われるべき代金の適切性には適用しない。

3. Section 3 does not apply to the definition of the main subject matter of the contract or to the appropriateness of the price to be paid

3. 3節の規定は、契約の主要な事項の定義又は支払われるべき代金の適切性には適用しない。

 

Article 81  Mandatory nature

81条 強行規定

The parties may not exclude the application of this Chapter or derogate from or vary its effects.

当事者は、この章の規定の適用を排除し、又はその効力を変更することができない。

 

     SECTION 2 UNFAIR CONTRACT TERMS IN CONTRACTS BETWEEN A TRADER AND A CONSUMER

     2節 事業者と消費者との間の契約における不公正な契約条項

 

Article 82  Duty of transparency in contract terms not individually negotiated

82条 個別交渉がなされない契約条項に係る透明性の義務

Where a trader supplies contract terms which have not been individually negotiated with the consumer within the meaning of Article 7, it has a duty to ensure that they are drafted and communicated in plain, intelligible language.

事業者が、第7条に規定する個別交渉がなされない契約条項に該当する契約条項を準備するときは、これら条項が、平易で理解しやすい表現を用いて作成され通知されるようにしなければならない。

 

Article 83  Meaning of "unfair" in contracts between a trader and a consumer

83条 事業者と消費者との間の契約における「不公正」の意義

1. In a contract between a trader and a consumer, a contract term supplied by the trader which has not been individually negotiated within the meaning of Article 7 is unfair for the purposes of this Section if it causes a significant imbalance in the parties' rights and obligations arising under the contract, to the detriment of the consumer, contrary to good faith and fair dealing.

1. この節の規定の適用上、事業者と消費者との間の契約において、事業者により準備され、かつ、第7条に規定する個別交渉がなされない契約条項に該当する契約条項は、当該条項が、信義誠実と公正取引の原則に反して、契約に基づいて生じる当事者の権利及び義務に実質的な不均衡を生じさせて、消費者を害するときは、不公正である。

2. When assessing the unfairness of a contract term for the purposes of this Section, regard is to be had to:

2. この節の規定の適用上、契約条項の不公正性を評価するに当たっては、次の事項を考慮する。

(a) whether the trader complied with the duty of transparency set out in Article 82;

(a) 事業者が第82条に規定する透明性の義務に従ったか否か。

(b) the nature of what is to be provided under the contract;

(b) 契約に基づいて提供されるものの性質

(c) the circumstances prevailing during the conclusion of the contract;

(c) 契約締結時に存在した状況

(d) to the other contract terms; and

(d) 他の契約条項

(e) to the terms of any other contract on which the contract depends.

(e) 契約が依拠する他の契約の内容

 

Article 84  Contract terms which are always unfair

84条 常に不公正である契約条項

A contract term is always unfair for the purposes of this Section if its object or effect is to:

この節の規定の適用上、契約条項は次に掲げる目的又は効果を有するときは、常に不公正である。

(a) exclude or limit the liability of the trader for death or personal injury caused to the consumer through an act or omission of the trader or of someone acting on behalf of the trader;

(a) 事業者又は事業者のために行動する者の作為又は不作為により消費者に生じた死亡又は身体の傷害についての事業者の責任を排除又は制限すること。

(b) exclude or limit the liability of the trader for any loss or damage to the consumer caused deliberately or as a result of gross negligence;

(b) 事業者の故意又は重大な過失により消費者に生じた損失又は損害についての事業者の責任を排除又は制限すること。

(c) limit the trader's obligation to be bound by commitments undertaken by its authorised agents or make its commitments subject to compliance with a particular condition the fulfilment of which depends exclusively on the trader;

(c) 事業者が権限を与えた者が引き受けた約束に当該事業者が拘束される義務を制限し、又はこの約束について専ら当該事業者によって成就がなされる特定の条件を付すこと。

(d) exclude or hinder the consumer's right to take legal action or exercise any other legal remedy, particularly by requiring the consumer to take disputes exclusively to an arbitration system not foreseen generally in legal provisions that apply to contracts between a trader and a consumer;

(d) 消費者が法的措置をとり、その他法的救済を行使する権利を排除又は制限すること。特に、専ら、事業者と消費者との間の契約に適用される法律上の規定によっては一般的に予定されない仲裁制度に紛争を付すことを消費者に要求すること。

(e) confer exclusive jurisdiction for all disputes arising under the contract to a court for the place where the trader is domiciled unless the chosen court is also the court for the place where the consumer is domiciled;

(e) 事業者が住所を有する場所を管轄する裁判所に、契約の下で生じる紛争のすべてについての専属管轄権を与えるもの。ただし、選択された裁判所が、消費者が住所を有する場所を管轄する裁判所でもある場合は、この限りでない。

(f) give the trader the exclusive right to determine whether the goods, digital content or related services supplied are in conformity with the contract or gives the trader the exclusive right to interpret any contract term;

(f) 提供された物品、デジタルコンテンツ又は関係する役務が契約に適合しているか否かを決定する権利を専ら事業者に与え、又は契約条項を解釈する権利を専ら事業者に与えること。

(g) provide that the consumer is bound by the contract when the trader is not;

(g)事業者が拘束されない契約に、消費者が拘束されることとすること。

(h) require the consumer to use a more formal method for terminating the contract within the meaning of Article 8 than was used for conclusion of the contract;

(h) 消費者が第8条に規定する契約の解除を行う際に、契約締結時に用いられたもの以外のより正式な方法を用いることを要求すること。

(i) grant the trader a shorter notice period to terminate the contract than the one required of the consumer;

(i) 事業者に、消費者に対して要求される通知期間よりも短い通知期間の満了後に、契約を解除することを認めること。

(j) oblige the consumer to pay for goods, digital content or related services not actually delivered, supplied or rendered;

(j) 消費者に対して、現実に引渡し又は提供がなされない物品、デジタルコンテンツ又は関係する役務について支払を行う義務を課すこと。

(k) determine that non-individually negotiated contract terms within the meaning of Article 7 prevail or have preference over contract terms which have been individually negotiated.

(k) 7条に規定する個別交渉がなされない契約条項に該当する契約条項が、個別交渉がなされた契約条項に優先し、又は先んじることを定めること。

 

Article 85 Contract terms which are presumed to be unfair

85条 不公正であることが推定される契約条項

A contract term is presumed to be unfair for the purposes of this Section if its object or effect is to:

この節の規定の適用上、契約条項は、次に掲げる目的又は効果を有するときは、不公平であるものと推定される。

(a) restrict the evidence available to the consumer or impose on the consumer a burden of proof which should legally lie with the trader;

(a) 消費者が利用することができる証拠を制限し、又は法律上は事業者が負うべき証明責任を消費者に負担させること。

(b) inappropriately exclude or limit the remedies available to the consumer against the trader or a third party for non-performance by the trader of obligations under the contract;

(b) 事業者の契約上の義務の不履行について、消費者が受けることのできる事業者又は第三者に対する救済を不適切に排除又は制限すること。

(c) inappropriately exclude or limit the right to set-off claims that the consumer may have against the trader against what the consumer may owe to the trader;

(c) 消費者が事業者に対して有する債権と、消費者が事業者に対して負う債務とを相殺することを主張する権利を、不適切に排除又は制限すること。

(d) permit a trader to keep money paid by the consumer if the latter decides not to conclude the contract, or perform obligations under it, without providing for the consumer to receive compensation of an equivalent amount from the trader in the reverse situation;

(d) 事業者が、消費者が契約を締結せず又は契約上の義務を履行しないことを決定した場合に、消費者から支払われた金銭を保持することを認めること。ただし、事業者が契約を締結せず又は契約上の義務を履行しないことを決定した場合において、消費者が事業者から同等の額の支払を受領すべきことを定めていた場合を除く。

(e) require a consumer who fails to perform obligations under the contract to pay a disproportionately high amount by way of damages or a stipulated payment for nonperformance;

(e) 契約上の義務を履行しない消費者に対して、損害賠償又は不履行時に予定される支払として、相応性を欠く高額な金銭の支払を行うことを要求すること。

(f) entitle a trader to withdraw from or terminate the contract within the meaning of Article 8 on a discretionary basis without giving the same right to the consumer, or entitle a trader to keep money paid for related services not yet supplied in the case where the trader withdraws from or terminates the contract;

(f) 消費者に対して同一の権利を与えることなく、事業者に対して、契約撤回若しくは第8条に規定する契約の解除を裁量的に行う権利を与え、又は、事業者が契約撤回若しくは契約を解除するときに、事業者が未だ提供していない関係する役務について支払われた金銭を保持する権利を与えること。

(g) enable a trader to terminate a contract of indeterminate duration without reasonable notice, except where there are serious grounds for doing so;

(g) 事業者が期間の定めのない契約を、合理的な通知を行うことなく、解除することを可能とすること。ただし、重大な解除理由がある場合は、この限りでない。

(h) automatically extend a contract of fixed duration unless the consumer indicates otherwise, in cases where contract terms provide for an unreasonably early deadline for giving notice;

(h) 消費者が別段の表示を行わない限り、自動的に期間の定められた契約の契約期間が延長されることにすること。ただし、契約条項により、通知を行う期限が、不合理に早く定められている場合に限る。

(i) enable a trader to alter contract terms unilaterally without a valid reason which is specified in the contract; this does not affect contract terms under which a trader reserves the right to alter unilaterally the terms of a contract of indeterminate duration, provided that the trader is required to inform the consumer with reasonable notice, and that the consumer is free to terminate the contract at no cost to the consumer;

(i) 事業者が、契約に定める正当な理由を付すことなく、契約内容を一方的に変更することができるものとすること。ただし、この規定は、事業者が消費者に対する合理的な通知を行うことが求められ、かつ、消費者が費用を負担することなく自由に契約を解除することができる場合に、事業者が一方的に期間の定めのない契約の条件を変更する権利を保持する契約条項に、影響を及ぼすものではない。

(j) enable a trader to alter unilaterally without a valid reason any characteristics of the goods, digital content or related services to be provided or any other features of performance;

(j) 事業者が、正当な理由を付すことなく、供給すべき物品、デジタルコンテンツ又は関係する役務の特性その他給付の特徴を一方的に変更することができるものとすること。

(k) provide that the price of goods, digital content or related services is to be determined at the time of delivery or supply, or allow a trader to increase the price without giving the consumer the right to withdraw if the increased price is too high in relation to the price agreed at the conclusion of the contract; this does not affect priceindexation clauses, where lawful, provided that the method by which prices vary is explicitly described;

(k) 物品、デジタルコンテンツ又は関係する役務の価格を引渡し時又は提供時に定めることとし、又は、事業者が代金を増額することを認めること(ただし、値上げされた価格が契約締結時に合意された価格に比して過度に高い場合には、消費者は、撤回権を有するものと定められる場合を除く)。この規定は、価格を変更する方法を明示的に説明する価格スライド条項であって、合法であるものに、影響を及ぼすものではない。

(l) oblige a consumer to perform all their obligations under the contract where the trader fails to perform its own;

(l) 事業者が契約上の義務の全部を履行しない状況の下において、消費者に契約上の義務の全部を履行する義務を課すこと。

(m) allow a trader to transfer its rights and obligations under the contract without the consumer’s consent, unless it is to a subsidiary controlled by the trader, or as a result of a merger or a similar lawful company transaction, and such transfer is not likely to negatively affect any right of the consumer;

(m) 事業者が契約に基づいて有する権利及び義務を、消費者の同意なく、移転することを認めること。ただし、この移転が、事業者により支配される子会社に対する移転又は合併若しくはこれに類似する合法な企業間取引の結果として行われる移転であって、消費者の権利に悪影響をあたえる見込みがない場合を除く。

(n) allow a trader, where what has been ordered is unavailable, to supply an equivalent without having expressly informed the consumer of this possibility and of the fact that the trader must bear the cost of returning what the consumer has received under the contract if the consumer exercises a right to reject performance;

(n) 注文されたものが存在しない場合に、これと同等のものを供給することを、このような可能性があること及び、消費者が履行を拒絶する権利を行使するときは、消費者が受領したものを返還する費用を、事業者が負担しなければならないことを、消費者に対して明示的に知らせることなく、事業者に対して認めること。

(o) allow a trader to reserve an unreasonably long or inadequately specified period to accept or refuse an offer;

(o) 事業者が申込みの承諾又は拒絶を行うべき期間を、不合理に長期とし又は不適切に定められた期間とすること。

(p) allow a trader to reserve an unreasonably long or inadequately specified period to perform the obligations under the contract;

(p) 事業者が契約上の義務の履行を行うべき期間を、不合理に長期とし又は不適切に定められた期間とすること。

(q) inappropriately exclude or limit the remedies available to the consumer against the trader or the defences available to the consumer against claims by the trader;

(q) 消費者が事業者に対して受けることができる救済、又は消費者が事業者の主張に対して主張することができる抗弁を、不適切に排除又は制限すること。

(r) subject performance of obligations under the contract by the trader, or subject other beneficial effects of the contract for the consumer, to particular formalities that are not legally required and are unreasonable;

(r) 法律上必要とされない不合理な特定の手続きを行うことを条件として、事業者が契約上の義務を履行し、又は消費者に対する契約の有益な効果が生じるべきことを定めること。

(s) require from the consumer excessive advance payments or excessive guarantees of performance of obligations;

(s) 消費者に対して、過大な事前の支払又は過大な義務の履行の保証を行うことを要求すること。

(t) unjustifiably prevent the consumer from obtaining supplies or repairs from third party sources;

(t) 不当に、消費者が第三者から供給又は修補を受けることを妨げること。

(u) unjustifiably bundle the contract with another one with the trader, a subsidiary of the trader, or a third party, in a way that cannot be expected by the consumer;

(u) 不当に、契約に、事業者、事業者の子会社又は第三者との別契約を抱き合わせること(これを消費者が予期することができない場合に限る)。

(v) impose an excessive burden on the consumer in order to terminate a contract of indeterminate duration;

(v) 期間の定めのない契約を解除する上で過度に重い負担を消費者に対して課すこと。

(w) make the initial contract period, or any renewal period, of a contract for the protracted provision of goods, digital content or related services longer than one year, unless the consumer may terminate the contract at any time with a termination period of no more than 30 days.

(w) 物品、デジタルコンテンツ又は関係する役務を長期にわたり供給する契約の最初の契約期間又は更新期間を、1年を超えるものとすること。ただし、消費者が30日を超えない解除期間をもっていつでも契約を解除することができる場合は、この限りでない。

 

     SECTION 3 UNFAIR CONTRACT TERMS IN CONTRACTS BETWEEN TRADERS

     3節 事業者間の契約における不公正な契約条項

 

Article 86  Meaning of “unfair” in contracts between traders

86条  事業者間の契約における「不公正」の意義

1. In a contract between traders, a contract term is unfair for the purposes of this Section only if:

1. この節の規定の適用上、事業者間の契約においては、契約条項は、次の要件を満たす場合に限り、不公正である。

(a) it forms part of not individually negotiated terms within the meaning of Article 7; and

(a) 7条に規定する個別交渉がなされない条項に該当すること。

(b) it is of such a nature that its use grossly deviates from good commercial practice, contrary to good faith and fair dealing.

(b) 信義誠実と公正取引の原則に反して、良き商慣行から著しく逸脱するものであること。

2. When assessing the unfairness of a contract term for the purposes of this Section, regard is to be had to:

2. この節の規定の適用上、契約条項の不当性を評価するに当たっては、次の事項を考慮する。

(a) the nature of what is to be provided under the contract;

(a) 契約に基づいて提供されるものの性質

(b) the circumstances prevailing during the conclusion of the contract;

(b) 契約の締結時に存在した状況

(c) the other contract terms; and

(c) 他の契約条項

(d) the terms of any other contract on which the contract depends.

(d) 契約が依拠する他の契約の内容

 

     Part IV  Obligations and remedies of the parties to a sales contract or a contract for the supply of digital content

     4部 売買契約又はデジタルコンテンツ提供契約の当事者の義務及び救済

 

     Chapter 9  General provisions

     9章 総則

 

Article 87  Non-performance and fundamental non-performance

87条 不履行及び重大な不履行

1. Non-performance of an obligation is any failure to perform that obligation, whether or not the failure is excused, and includes:

1. 義務の不履行とは、履行しないことが免責されるか否かを問わず、義務を履行しないことをいい、次を含む。

(a) non-delivery or delayed delivery of the goods;

(a) 物品の引渡しを行わず、又は遅滞すること。

(b) non-supply or delayed supply of the digital content;

(b) デジタルコンテンツを提供せず、又は遅滞すること。

(c) delivery of goods which are not in conformity with the contract;

(c) 契約に適合しない物品を引き渡すこと。

(d) supply of digital content which is not in conformity with the contract;

(d) 契約に適合しないデジタルコンテンツを提供すること。

(e) non-payment or late payment of the price; and

(e) 代金の不払い又は支払を遅滞すること。

(f) any other purported performance which is not in conformity with the contract.

(f) その他契約に適合しない履行を行うこと。

2. Non-performance of an obligation by one party is fundamental if:

2. 当事者の一方による義??務の不履行は、次のいずれかに該当する場合には、重大である。

(a) it substantially deprives the other party of what that party was entitled to expect under the contract, unless at the time of conclusion of the contract the nonperforming party did not foresee and could not be expected to have foreseen hat result; or

(a) 相手方がその契約に基づいて期待することができたものを実質的に奪う場合。ただし、不履行当事者が、契約締結時に、そのような結果を予見せず、かつ、結果を予見することを期待することができなかった場合は、この限りでない。

(b) it is of such a nature as to make it clear that the non-performing party’s future performance cannot be relied on.

(b) 不履行が、不履行当事者の将来の履行を信頼することができないことを明らかにするものである場合。

 

Article 88  Excused non-performance

88条 免責される不履行

1. A party’s non-performance of an obligation is excused if it is due to an impediment beyond that party’s control and if that party could not be expected to have taken the impediment into account at the time of the conclusion of the contract, or to have avoided or overcome the impediment or its consequences.

1. 当事者の義務の不履行は、当事者の支配を超える障害によって生じ、かつ、契約締結時に当該障害を考慮し、又は当該障害若しくはその結果を回避し若しくは克服することを期待することができなかった場合には、免責される。

2. Where the impediment is only temporary the non-performance is excused for the period during which the impediment exists. However, if the delay amounts to a fundamental non-performance, the other party may treat it as such.

2. 障害が一時的なものであるときは、障害が存在する間、不履行の責任を免れる。ただし、遅滞が重大な不履行に当たる場合は、相手方は、その遅滞を重大な不履行として扱うことができる。

3. The party who is unable to perform has a duty to ensure that notice of the impediment and of its effect on the ability to perform reaches the other party without undue delay after the first party becomes, or could be expected to have become, aware of these circumstances. The other party is entitled to damages for any loss resulting from the breach of this duty.

3. 履行することができない当事者は、障害及びそれが自己の履行をする能力に及ぼす影響についての通知が、このような状況を認識する時、又は認識することを期待することができる時から、不当な遅滞なく、相手方に到達するようにしなければならない。相手方は、この義務の違反により生じる損失について損害賠償を請求することができる。

 

Article 89  Change of circumstances

89条 事情変更

1. A party must perform its obligations even if performance has become more onerous, whether because the cost of performance has increased or because the value of what is to be received in return has diminished. Where performance becomes excessively onerous because of an exceptional change of circumstances, the parties have a duty to enter into negotiations with a view to adapting or terminating the contract.

1. 当事者は、履行の費用が増加したという理由で、又は見返りとして受領するものの価値が減少したという理由で、債務を履行することの負担が増したときも、債務を履行しなければならない。ただし、履行の負担が、例外的な事情の変更によって過度に重いものとなった場合には、当事者は契約を改定し又は解除することを目的として、交渉を行わなければならない。

2. If the parties fail to reach an agreement within a reasonable time, then, upon request by either party a court may:

2. 当事者が合理的な期間内に合意に達することができないときは、当事者いずれかの求めに応じて、裁判所は、次のいずれかを行うことができる。

(a) adapt the contract in order to bring it into accordance with what the parties would reasonably have agreed at the time of contracting if they had taken the change of circumstances into account; or

(a) 契約時に当事者らが事情の変更を考慮していれば合理的に合意されたであろうものとするために、契約を改訂すること。

(b) terminate the contract within the meaning of Article 8 at a date and on terms to be determined by the court.

(b) 裁判所が定める期日及び条件により、第8条に規定する契約の解除を行わせること。

3. Paragraphs 1 and 2 apply only if:

3. 1項及び第2項の規定は、次の要件を満たす場合に限り、適用する。

(a) the change of circumstances occurred after the time when the contract was concluded;

(a) 事情の変更が、契約締結時の後に生じていること。

(b) the party relying on the change of circumstances did not at that time take into account, and could not be expected to have taken into account, the possibility or scale of that change of circumstances; and

(b) 事情の変更を援用する当事者が、契約締結時に、事情変更の可能性又はその規模を考慮し、又は考慮することを期待することができなかったこと。

(c) the aggrieved party did not assume, and cannot reasonably be regarded as having assumed, the risk of that change of circumstances.

(c) 不利益を受ける当事者が、事情変更のリスクを引き受けておらず、かつ、引き受けたとみなすことが合理的でないこと。

4. For the purpose of paragraphs 2 and 3 a 'court' includes an arbitral tribunal.

4. 2項及び第3項の規定の適用上、「裁判所」には、仲裁廷を含む。

 

Article 90  Extended application of rules on payment and on goods or digital content not accepted

90条 受け入れられない支払及び物品又はデジタルコンテンツについての準則の適用を拡張すること

1. Unless otherwise provided, the rules on payment of the price by the buyer in Chapter 12 apply with appropriate adaptations to other payments.

1. 別段の規定がない限り、第12章の買主による代金の支払についての準則は、他の支払に準用する。

2. Article 97 applies with appropriate adaptations to other cases where a person is left in possession of goods or digital content because of a failure by another person to take them when bound to do so.

2. 97条の規定は、同条に規定される場合に適用する他、相手方が、受領する義務を負うにもかかわらず、これを行わないために、ある者が物品又はデジタルコンテンツの占有を継続している場合に準用する。

 

     Chapter 10  The seller's obligations

     10章 売主の義務

 

     SECTION 1 GENERAL PROVISIONS

     1節 総則

 

Article 91  Main obligations of the seller

91条 売主の主な義務

The seller of goods or the supplier of digital content (in this part referred to as 'the seller') must:

物品の売主又はデジタルコンテンツの提供者(この部では「売主」と呼ぶ。)は、次に掲げることを行わなければならない。

(a) deliver the goods or supply the digital content;

(a) 物品を引き渡し、又はデジタルコンテンツを提供すること。

(b) transfer the ownership of the goods, including the tangible medium on which the digital content is supplied;

(b) 物品(デジタルコンテンツを提供するための有体の記録媒体を含む。)の所有権を移転すること。

(c) ensure that the goods or the digital content are in conformity with the contract;

(c) 物品又はデジタルコンテンツが契約に適合するようにすること。

(d) ensure that the buyer has the right to use the digital content in accordance with the contract; and

(d) 買主が契約に従いデジタルコンテンツを利用する権利を有するようにすること。

(e) deliver such documents representing or relating to the goods or documents relating to the digital content as may be required by the contract.

(e) 契約の定めに従い物品を示し若しくは物品に関する書類又はデジタルコンテンツに関する書類を引き渡すこと。

 

Article 92  Performance by a third party

92条 第三者による履行

1. A seller may entrust performance to another person, unless personal performance by the seller is required by the contract terms.

1. 売主は、契約条項の規定からして買主自身が履行することを要する場合を除き、他の者に履行を委ねることができる。

2. A seller who entrusts performance to another person remains responsible for performance.

2. 他人に履行を委ねた買主は、なお履行につき責任を負う。

3. In relations between a trader and a consumer the parties may not, to the detriment of the consumer, exclude the application of paragraph (2) or derogate from or vary its effects.

3. 事業者と消費者との間においては、当事者は、消費者に不利となるように、第(2)項の規定の適用を排除し、又はその効力を変更することができない。

 

     SECTION 2 DELIVERY

     2節 引渡し

 

Article 93  Place of delivery

93条 引渡しの場所

1. Where the place of delivery cannot be otherwise determined, it is:

1. 他の方法により決定されないときは、引渡しの場所は、次のとおりとする。

(a) in the case of a consumer sales contract or a contract for the supply of digital content which is a distance or off-premises contract, or in which the seller has undertaken to arrange carriage to the buyer, the consumer’s place of residence at the time of the conclusion of the contract;

(a) 消費者売買契約又はデジタルコンテンツ提供契約であって、隔地者間の契約若しくは営業所外契約等又は売主が買主への配送の手配を引き受けた契約においては、契約締結時における消費者の居所

(b) in any other case,

(b) 前記以外の場合には、

(i) where the contract of sale involves carriage of the goods by a carrier or series of carriers, the nearest collection point of the first carrier;

(i) 売買契約が運送人又は複数の運送人による物品の運送を伴う場合には、最初の運送人の最も近い収集場所

(ii) where the contract does not involve carriage, the seller’s place of business at the time of conclusion of the contract.

(ii) 契約に運送が含まれない場合には、契約締結時における売主の営業所

2. If the seller has more than one place of business, the place of business for the purposes of point (b) of paragraph 1 is that which has the closest relationship to the obligation to deliver.

2. 売主が二以上の営業所を有する場合には、第1(b)の営業所は、引き渡す義務に最も密接な関係を有する営業所とする。

 

Article 94  Method of delivery

94条 引渡しの方法

1. Unless agreed otherwise, the seller fulfils the obligation to deliver:

1. 別段の合意がない限り、売主は、次のいずれかにより引渡し義務を果たす。

(a) in the case of a consumer sales contract or a contract for the supply of digital content which is a distance or off-premises contract or in which the seller has undertaken to arrange carriage to the buyer, by transferring the physical possession or control of the goods or the digital content to the consumer;

(a) 消費者売買契約又はデジタルコンテンツ提供契約であって、隔地者間の契約若しくは営業所外契約等又は売主が買主への配送の手配を引き受けた契約においては、物品又はデジタルコンテンツの物理的占有又は支配を消費者に移転すること。

(b) in other cases in which the contract involves carriage of the goods by a carrier, by handing over the goods to the first carrier for transmission to the buyer and by handing over to the buyer any document necessary to enable the buyer to take over the goods from the carrier holding the goods; or

(b) 前項に規定する以外の場合であって、契約が運送人による物品の運送を伴うときは、買主に送付するために物品を最初の運送人に交付し、かつ、買主が物品を保持する運送人から物品を受け取ることを可能とするために必要な書類を交付すること。

(c) in cases that do not fall within points (a) or (b), by making the goods or the digital content, or where it is agreed that the seller need only deliver documents representing the goods, the documents, available to the buyer.

(c) (a)又は(b)に該当しない場合には、物品若しくはデジタルコンテンツ又は、売主が物品を示す書類のみを引き渡す必要があることを合意した場合には、その書類を売主が入手することができる状態におくこと。

2. In points (a) and (c) of paragraph 1, any reference to the consumer or the buyer includes a third party, not being the carrier, indicated by the consumer or the buyer in accordance with the contract.

2. 1(a)及び(c)における消費者又は売主には、契約に従い消費者又は売主により指定された第三者であって、運送人でない者を含む。

 

Article 95  Time of delivery

95条 引渡しの時期

1. Where the time of delivery cannot be otherwise determined, the goods or the digital content must be delivered without undue delay after the conclusion of the contract.

1. 引渡しの時期が他の方法により決定されないときは、契約締結後、不当な遅滞なく、物品又はデジタルコンテンツを引き渡されなければならない。

2. In contracts between a trader and a consumer, unless agreed otherwise by the parties, the trader must deliver the goods or the digital content not later than 30 days from the conclusion of the contract.

2. 事業者と消費者との間の契約においては、当事者による別段の合意がない限り、事業者は、遅くとも契約締結から30日以内に、物品又はデジタルコンテンツを引き渡さなければならない。

 

Article 96  Seller’s obligations regarding carriage of the goods

96条 物品運送に関する売主の義務

1. Where the contract requires the seller to arrange for carriage of the goods, the seller must conclude such contracts as are necessary for carriage to the place fixed by means of transportation appropriate in the circumstances and according to the usual terms for such transportation.

1. 契約により売主が物品の運送を手配する義務を負うときは、売主は、状況に応じて適切な運送手段により、かつ、このような運送のための通常の条件により、定められた場所までの運送に必要となる契約を締結しなければならない。

2. Where the seller, in accordance with the contract, hands over the goods to a carrier and if the goods are not clearly identified as the goods to be supplied under the contract by markings on the goods, by shipping documents or otherwise, the seller must give the buyer notice of the consignment specifying the goods.

2. 契約に従い買主が物品を運送人に交付する場合であって、契約に基づいて 供給される物品が荷印その他出荷書類により明確に特定されていないときは、売主は買主に対して物品を特定して引渡しの通知を行わなければならない。

3. Where the contract does not require the seller to effect insurance in respect of the carriage of the goods, the seller must, at the buyer’s request, provide the buyer with all available information necessary to enable the buyer to effect such insurance.

3. 売主は、契約に従い物品の運送に関して保険を掛ける義務を負わない場合には、買主の求めに応じて、買主が物品の運送について保険を掛けるために必要な情報であって自己が提供することのできるすべてのものを、買主に対して提供しなければならない。

 

Article 97  Goods or digital content not accepted by the buyer

97条 買主が受け入れない物品又はデジタルコンテンツ

1. A seller who is left in possession of the goods or the digital content because the buyer, when bound to do so, has failed to take delivery must take reasonable steps to protect and preserve them.

1. 買主が、引渡しを受領する義務を負うにもかかわらず、これを行わないために、売主が物品又はデジタルコンテンツの占有を継続する場合には、売主は、これらを保護及び保存するために合理的な措置をとらなければならない。

2. The seller is discharged from the obligation to deliver if the seller:

2. 売主は、売主が次のいずれかを行った場合には、引渡しを行う債務を免れる。

(a) deposits the goods or the digital content on reasonable terms with a third party to be held to the order of the buyer, and notifies the buyer of this; or

(a) 物品又はデジタルコンテンツを、合理的な条件で、売主が注文するまで保管するよう第三者に寄託し、かつ、このことを買主に通知すること。

(b) sells the goods or the digital content on reasonable terms after notice to the buyer, and pays the net proceeds to the buyer.

(b) 買主に対する通知後に、合理的な条件で物品又はデジタルコンテンツを販売し、買主に対して売却により得られた代金の純額を支払うこと。

3. The seller is entitled to be reimbursed or to retain out of the proceeds of sale any costs reasonably incurred.

3. 売主は、合理的に生じた費用について償還を請求し、又は売却代金のうちからこれを保持することができる。

 

Article 98  Effect on passing of risk

98条 危険移転の効果

The effect of delivery on the passing of risk is regulated by Chapter 14.

引渡しが危険移転に与える効果は、第14章の規定により規制される。

 

     SECTION 3 CONFORMITY OF THE GOODS AND DIGITAL CONTENT

     3節 物品及びデジタルコンテンツの適合性

 

Article 99  Conformity with the contract

99条 契約への適合性

1. In order to conform with the contract, the goods or digital content must:

1. 契約に適合するためには、物品又はデジタルコンテンツは次の要件を満たさなければならない。

(a) be of the quantity, quality and description required by the contract;

(a) 契約に定める数量、品質及び種類に適合すること。

(b) be contained or packaged in the manner required by the contract; and

(b) 契約に定める方法で収納又は包装されていること。

(c) be supplied along with any accessories, installation instructions or other instructions required by the contract.

(c) 契約に定める附属品、設置方法説明書その他説明書とともに供給されること。

2. In order to conform with the contract the goods or digital content must also meet the requirements of Articles 100, 101 and 102, save to the extent that the parties have agreed otherwise.

2. 契約に適合するためには、物品又はデジタルコンテンツは、第100条、第101条及び第102条の規定にも従わなければならない。ただし、当事者が別段の合意をした限度において、この限りでない。

3. In a consumer sales contract, any agreement derogating from the requirements of Articles 100, 102 and 103 to the detriment of the consumer is valid only if, at the time of the conclusion of the contract, the consumer knew of the specific condition of the goods or the digital content and accepted the goods or the digital content as being in conformity with the contract when concluding it.

3. 消費者売買契約においては、消費者に不利となるように第100条、第102条及び第103条の規定の適用を排除する合意は、契約締結時に消費者が物品又はデジタルコンテンツの特定の状態を知り、これらを契約に適合するものとして契約締結時に受け入れた場合に限り、効力を有する。

4. In a consumer sales contract, the parties may not, to the detriment of the consumer, exclude the application of paragraph 3 or derogate from or vary its effects.

4. 消費者売買契約においては、当事者は、消費者に不利となるように、第3項の規定の適用を排除し、又はその効力を変更することができない。

 

Article 100  Criteria for conformity of the goods and digital content

100条 物品及びデジタルコンテンツの適合性の基準

The goods or digital content must:

物品又はデジタルコンテンツは、次に掲げる要件を満たすものでなければならない。

(a) be fit for any particular purpose made known to the seller at the time of the conclusion of the contract, except where the circumstances show that the buyer did not rely, or that it was unreasonable for the buyer to rely, on the seller’s skill and judgement;

(a) 契約締結時に売主に対して知らされていた特定の目的に適したものであること。ただし、状況が、買主が売主の技能及び判断に依存せず、又は、依存することが不合理であったことを示す場合は、この限りでない。

(b) be fit for the purposes for which goods or digital content of the same description would ordinarily be used;
(b)
同種の物品又はデジタルコンテンツが通常使用されるだろう目的に適したものであること。

(c) possess the qualities of goods or digital content which the seller held out to the buyer as a sample or model;

(c) 売主が、買主に対して見本又はひな形として示した物品又はデジタルコンテンツと同じ品質を有するものであること。

(d) be contained or packaged in the manner usual for such goods or, where there is no such manner, in a manner adequate to preserve and protect the goods;

(d) 同種の物品にとって通常の方法により、又はこのような方法がない場合にはその物品の保存及び保護に適した方法により、収納又は包装されていること。

(e) be supplied along with such accessories, installation instructions or other instructions as the buyer may expect to receive;

(e) 買主が受領することを期待することができる附属品、設置方法説明書その他取扱説明書とともに供給されること。

(f) possess the qualities and performance capabilities indicated in any pre-contractual statement which forms part of the contract terms by virtue of Article 69; and

(f) 69条により契約内容の一部をなす契約前の言明において示された品質及び性能を有すること。

(g) possess such qualities and performance capabilities as the buyer may expect. When determining what the consumer may expect of the digital content regard is to be had to whether or not the digital content was supplied in exchange for the payment of a price.

(g) 買主が期待することができる品質及び性能を有すること。消費者がデジタルコンテンツについて期待することができることを決定するに当たっては、デジタルコンテンツが代金の支払と引換えに提供されたものか否かを考慮する。

 

Article 101  Incorrect installation under a consumer sales contract

101条 消費者売買契約における誤設置

1. Where goods or digital content supplied under a consumer sales contract are incorrectly installed, any lack of conformity resulting from the incorrect installation is regarded as lack of conformity of the goods or the digital content if:

1. 消費者売買契約に基づいて提供された物品又はデジタルコンテンツが誤って設置された場合には、この誤設置により生じる不適合は、次のいずれかのときは、物品又はデジタルコンテンツの不適合とみなす。

(a) the goods or the digital content were installed by the seller or under the seller’s responsibility; or

(a) 物品又はデジタルコンテンツが、売主により又は売主の責任で設置されたとき。

(b) the goods or the digital content were intended to be installed by the consumer and the incorrect installation was due to a shortcoming in the installation instructions.

(b) 物品又はデジタルコンテンツが消費者により設置されることが意図されている場合に、誤設置が設置方法説明書の不備によるものであるとき。

2. The parties may not, to the detriment of the consumer, exclude the application of this Article or derogate from or vary its effects.

2. 当事者は、消費者に不利となるように、この条の規定の適用を排除し、又はその効力を変更することができない。

 

Article 102  Third party rights or claims

102条 第三者の権利又は請求

1. The goods must be free from and the digital content must be cleared of any right or not obviously unfounded claim of a third party.

1. 物品は、第三者の権利又は根拠のないことが明らかでない請求の対象となっていてはならず、デジタルコンテンツについては、これら権利又は請求を処理したものでなければならない。

2. As regards rights or claims based on intellectual property, subject to paragraphs 3 and 4, the goods must be free from and the digital content must be cleared of any right or not obviously unfounded claim of a third party:

2. 知的財産権に基づく次に掲げる要件を満たす権利又は請求については、第3項及び第4項の規定が適用される場合を除き、物品は、第三者の権利又は根拠のないことが明らかでない請求の対象となっていてはならず、デジタルコンテンツについては、これら権利又は請求を処理したものでなければならない。

(a) under the law of the state where the goods or digital content will be used according to the contract or, in the absence of such an agreement, under the law of the state of the buyer's place of business or in contracts between a trader and a consumer the consumer's place of residence indicated by the consumer at the time of the conclusion of the contract; and

(a) 物品又はデジタルコンテンツが契約に従い利用される国の法、又はそのような合意がない場合には、買主の営業所又は、事業者と消費者との間の契約においては、消費者が契約締結時に指示した消費者の居所がある国の法の下で生じるものであること。

(b) which the seller knew of or could be expected to have known of at the time of the conclusion of the contract.

(b) 契約締結時に売主が知り、又は知ることを期待することができたものであること。

3. In contracts between businesses, paragraph 2 does not apply where the buyer knew or could be expected to have known of the rights or claims based on intellectual property at the time of the conclusion of the contract.

3. 企業間の契約については、買主が契約締結時に知的財産に基づく権利又は請求を知り、又は知ることを期待することができた場合には、第2項は、適用しない。

4. In contracts between a trader and a consumer, paragraph 2 does not apply where the consumer knew of the rights or claims based on intellectual property at the time of the conclusion of the contract.

4. 事業者と消費者との間の契約については、消費者が、契約締結時に知的財産に基づく権利又は主張について知っていた場合には、第2項は、適用しない。

5. In contracts between a trader and a consumer, the parties may not, to the detriment of the consumer, exclude the application of this Article or derogate from or vary its effects

5. 事業者と消費者との間の契約については、当事者は、消費者に不利となるように、この条の規定の適用を排除し、又はその効力を変更することができない。

 

Article 103  Limitation on conformity of digital content

103条 デジタルコンテンツの適合性に関する制限

Digital content is not considered as not conforming to the contract for the sole reason that updated digital content has become available after the conclusion of the contract.

デジタルコンテンツは、更新されたデジタルコンテンツが契約締結後に利用することができるようにされたことのみを理由として、契約に適合しないものとされることはされない。

 

Article 104  Buyer’s knowledge of lack of conformity in a contract between traders

104条 事業者間の契約における不適合についての買主の認識

In a contract between traders, the seller is not liable for any lack of conformity of the goods if, at the time of the conclusion of the contract, the buyer knew or could not have been unaware of the lack of conformity.

事業者間の契約については、買主が契約締結時に物品の不適合を知り、又は知らないことがあり得なかった場合には、売主は、物品の不適合について責任を負わない。

 

Article 105  Relevant time for establishing conformity

105条 適合性を確保すべき時期

1. The seller is liable for any lack of conformity which exists at the time when the risk passes to the buyer under Chapter 14.

1. 売主は、第14章に基づいて危険が買主に移転する時に存在する不適合について責任を負う。

2. In a consumer sales contract, any lack of conformity which becomes apparent within six months of the time when risk passes to the buyer is presumed to have existed at that time unless this is incompatible with the nature of the goods or digital content or with the nature of the lack of conformity.

2. 消費者売買契約については、危険が買主に移転する時から6箇月内に明らかとなった不適合は、危険の移転時に存在したものと推定する。ただし、これが物品又はデジタルコンテンツの性質又は不適合の性質と矛盾する場合は、この限りでない。

3. In a case governed by point (a) of Article 101(1) any reference in paragraphs 1 or 2 of this Article to the time when risk passes to the buyer is to be read as a reference to the time when the installation is complete. In a case governed by point (b) of Article 101(1) it is to be read as a reference to the time when the consumer had reasonable time for the installation.

3. 101条第(1)(a)により規律される場合には、本条第1項又は第2項に規定する買主への危険移転時は、設置が完了する時であるものとする。第101条第(1)(b)により規律される場合には、消費者が設置を行うための合理的な時間が経過した時であるものとする。

4. Where the digital content must be subsequently updated by the trader, the trader must ensure that the digital content remains in conformity with the contract throughout the duration of the contract.

4. 事業者がデジタルコンテンツを後に更新しなければならないときは、事業者は、デジタルコンテンツが契約期間を通じて契約に適合しつづけるようにしなければならない。

5. In a contract between a trader and a consumer, the parties may not, to the detriment of a consumer, exclude the application of this Article or derogate from or vary its effect.

5. 事業者と消費者との間の契約においては、当事者は、消費者に不利となるように、この条の規定の適用を排除し、又はその効力を変更することができない。

 

     Chapter 11 The buyer’s remedies

     11章 買主の救済

 

     SECTION 1 GENERAL PROVISIONS

     1節 総則

 

Article 106  Overview of buyer’s remedies

106条  買主の救済の概要

1. In the case of non-performance of an obligation by the seller, the buyer may do any of the following:

1. 買主は、売主が義務を履行しない場合には、次に掲げることを行うことができる。

(a) require performance, which includes specific performance, repair or replacement of the goods or digital content, under Section 3 of this Chapter;

(a) 本章第3節の規定に基づいて、履行(現実の履行、物品又はデジタルコンテンツの修補又は取換えを含む。)を請求すること。

(b) withhold the buyer’s own performance under Section 4 of this Chapter;

(b) 本章第4節の規定に基づいて、買主自身の履行を留保すること。

(c) terminate the contract under Section 5 of this Chapter and claim the return of any price already paid, under Chapter 17;

(c) 本章第5節の規定に基づいて、契約を解除するとともに、第17章の規定に基づいて既に支払われた代金の返還を請求すること。

(d) reduce the price under Section 6 of this Chapter; and

(d) 本章第6節の規定に基づいて、代金を減額すること。

(e) claim damages under Chapter 16.

(e) 16章の規定に基づいて、損害賠償を請求すること。

2. If the buyer is a trader:

2. 買主が事業者である場合には、

(a) the buyer’s rights to exercise any remedy except withholding of performance are subject to cure by the seller as set out in Section 2 of this Chapter; and

(a) 買主の救済を受ける権利の行使(留保する権利を除く。)は、本章第2節の規定に基づく売主の追完により制限される。

(b) the buyer’s rights to rely on lack of conformity are subject to the requirements of examination and notification set out in Section 7 of this Chapter.

(b) 不適合を援用する買主の権利は、本章第7節に規定する検査及び通知により制限される。

3. If the buyer is a consumer:

3. 買主が消費者である場合には、

(a) the buyer’s rights are not subject to cure by the seller; and

(a) 買主の権利は、売主による追完に制限されない。

(b) the requirements of examination and notification set out in Section 7 of this Chapter do not apply.

(b) 本章第7節の検査と通知についての規定は、適用しない。

4. If the seller’s non-performance is excused, the buyer may resort to any of the remedies referred to in paragraph 1 except requiring performance and damages.

4. 売主の不履行が免責されるときは、買主は、履行及び損害賠償の請求を除いて、第1項に規定する救済を求めることができる。

5. The buyer may not resort to any of the remedies referred to in paragraph 1 to the extent that the buyer caused the seller’s non-performance.

5. 買主は、買主が売主の不履行を生じさせた限度において、第1項に規定する救済を求めることができない。

6. Remedies which are not incompatible may be cumulated.

6. 両立可能な救済は、重ねて適用される。

 

Article 107  Limitation of remedies for digital content not supplied in exchange for a price

107条 代金と引換えに提供されないデジタルコンテンツについての救済の制限

Where digital content is not supplied in exchange for the payment of a price, the buyer may not resort to the remedies referred to in points (a) to (d) of Article 106(1) . The buyer may only claim damages under point (e) of Article 106 (1) for loss or damage caused to the buyer's property, including hardware, software and data, by the lack of conformity of the supplied digital content, except for any gain of which the buyer has been deprived by that damage.

デジタルコンテンツが代金の支払と引換えに提供されない場合には、買主は、第106条第(1)(a)から(d)までに規定する救済を求めることができない。買主は、提供されたデジタルコンテンツの不適合により買主の財産(ハードウェア、ソフトウェア及びデータを含む。)に生じた損失又は損害について第106条第(1)(e)に規定する損害賠償の請求を行うことのみができる。ただし、買主がその損傷のために得ることができなかった利得については、損害賠償の請求をすることができない。

 

Article 108  Mandatory nature

108条 強行規定

In a contract between a trader and a consumer, the parties may not, to the detriment of the consumer, exclude the application of this Chapter, or derogate from or vary its effect before the lack of conformity is brought to the trader's attention by the consumer.

事業者と消費者との間の契約においては、消費者が不適合について事業者の注意を喚起する前には、当事者は、消費者に不利となるように、この章の規定の適用を排除し、又はその効力を変更することができない。

 

     SECTION 2 CURE BY THE SELLER

     2節  売主による追完

 

Article 109  Cure by the seller

109条 売主による追完

1. A seller who has tendered performance early and who has been notified that the performance is not in conformity with the contract may make a new and conforming tender if that can be done within the time allowed for performance.

1. 売主が、履行を期日前に提供し、かつ、履行が契約に適合しないものであることの通知を受けた場合に、履行のために与えられた期間内に、契約に適合する新たな履行を行うことができるときは、これを行うことができる。

2. In cases not covered by paragraph 1 a seller who has tendered a performance which is not in conformity with the contract may, without undue delay on being notified of the lack of conformity, offer to cure it at its own expense.

2. 1項に規定されない場合には、契約に適合しない履行を提供した売主は、不適合の通知を受けてから不当な遅滞なく、自己の費用負担により追完を行うことの申込みを行うことができる。

3. An offer to cure is not precluded by notice of termination.

3. 追完の申込みは、契約解除の通知により妨げられない。

4. The buyer may refuse an offer to cure only if:

4. 買主は、次のいずれかに掲げる場合に限り、追完の申込みを拒絶することができる。

(a) cure cannot be effected promptly and without significant inconvenience to the buyer;

(a) 追完を、迅速かつ売主に実質的な不便を生じさせることなく、行うことができないとき。

(b) the buyer has reason to believe that the seller’s future performance cannot be relied on; or

(b) 買主に、将来の履行を信頼することができないと信じる理由があるとき。

(c) delay in performance would amount to a fundamental non-performance.

(c) 履行の遅滞が、重大な不履行に当たるとき。

5. The seller has a reasonable period of time to effect cure.

5. 売主には、追完を行うために合理的な期間が与えられる。

6. The buyer may withhold performance pending cure, but the rights of the buyer which are inconsistent with allowing the seller a period of time to effect cure are suspended until that period has expired.

6. 買主は、追完がなされるまでの間、自己の履行を留保することができる。ただし、売主に追完を行うための期間を与えることに一致しない買主の権利の行使は、この期間が満了するまで、停止される。

7. Notwithstanding cure, the buyer retains the right to claim damages for delay as well as for any harm caused or not prevented by the cure.

7. 追完がなされても、買主は、遅滞及び追完に起因し、又は追完によって防ぐことができなかった損害について、損害賠償を請求する権利を保持する。

 

     SECTION 3 REQUIRING PERFORMANCE

     3章 履行の請求

 

Article 110  Requiring performance of seller’s obligations

110条 売主の義務を履行することの請求

1. The buyer is entitled to require performance of the seller’s obligations.

1. 買主は、売主の義務の履行を請求することができる。

2. The performance which may be required includes the remedying free of charge of a performance which is not in conformity with the contract.

2. 請求することができる履行には、契約に適合しない履行を無償で追完することを含む。

3. Performance cannot be required where:

3. 次の場合には、履行を請求することができない。

(a) performance would be impossible or has become unlawful; or

(a) 履行が、不可能又は違法となっている場合。

(b) the burden or expense of performance would be disproportionate to the benefit that the buyer would obtain.

(b) 履行の負担又は費用が、買主が得る利益に相応しないものである場合。

 

Article 111  Consumer’s choice between repair and replacement

111条 修補と取換えとの間の消費者の選択

1. Where, in a consumer sales contract, the trader is required to remedy a lack of conformity pursuant to Article 110(2) the consumer may choose between repair and replacement unless the option chosen would be unlawful or impossible or, compared to the other option available, would impose costs on the seller that would be disproportionate taking into account:

1. 消費者売買契約において、事業者に対して、第110条第(2)項の規定に基づき不適合を解決することを請求するときには、消費者は、修補又は取換えのいずれかを選択することができる。ただし、消費者の行う選択が違法若しくは不可能であり、又は選択し得る他の選択肢と比較して、次に掲げる事項を考慮して、不相応な費用を売主に負担させることになる場合は、この限りでない。

(a) the value the goods would have if there were no lack of conformity;

(a) 不適合がなければ物品が有しただろう価値

(b) the significance of the lack of conformity; and

(b) 不適合の実質性

(c) whether the alternative remedy could be completed without significant inconvenience to the consumer.

(c) 代替的な救済を消費者に実質的な不便を生じさせることなく完了することの可能性

2. If the consumer has required the remedying of the lack of conformity by repair or replacement pursuant to paragraph 1, the consumer may resort to other remedies only if the trader has not completed repair or replacement within a reasonable time, not exceeding 30 days. However, the consumer may withhold performance during that time.

2. 消費者が第1項の規定に基づき修補又は取換えにより不適合の追完を行うことを請求した場合には、消費者は、事業者が30日を超えない合理的な期間内に修補又は取換えを完了しない場合に限り、他の救済を求めることができる。ただし、消費者はこの間、履行を留保することができる。

 

Article 112  Return of replaced item

112条 取り換えられた物の返還

1. Where the seller has remedied the lack of conformity by replacement, the seller has a right and an obligation to take back the replaced item at the seller’s expense.

1. 売主が取換えにより不適合を追完した場合は、売主は、売主の費用負担により、取り換えた物を取り戻す権利及び義務を有する。

2. The buyer is not liable to pay for any use made of the replaced item in the period prior to the replacement.

2. 買主は、取換えに先立つ期間、取り換えられた物を使用したことについて、支払の責任を負わない。

 

     SECTION 4 WITHHOLDING PERFORMANCE OF BUYER’S OBLIGATIONS

     4節 買主の義務の履行の留保

 

Article 113  Right to withhold performance

113条 履行を留保する権利

1. A buyer who is to perform at the same time as, or after, the seller performs has a right to withhold performance until the seller has tendered performance or has performed.

1. 売主の履行時以降に履行すべき買主は、売主が履行を提供し、又は履行するまで、履行を留保する権利を有する。

2. A buyer who is to perform before the seller performs and who reasonably believes that there will be non-performance by the seller when the seller’s performance becomes due may withhold performance for as long as the reasonable belief continues.

2. 売主の履行前に履行すべき買主が、履行期の到来時に売主が履行しないであろうことを信じるにつき合理的な理由を有するときは、このように信じることが合理的である限り、履行を留保することができる。

3. The performance which may be withheld under this Article is the whole or part of the performance to the extent justified by the non-performance. Where the seller's obligations are to be performed in separate parts or are otherwise divisible, the buyer may withhold performance only in relation to that part which has not been performed, unless the seller's non-performance is such as to justify withholding the buyer's performance as a whole.

3. 不履行により正当化される限度において、買主は、全部又は一部について、この条の規定に基づいて履行を留保することができる。売主の義務が分割して履行されるべきものとされその他分割できる場合には、買主は、履行されていない部分のみに関して履行を留保することができる。ただし、売主の不履行により買主が全部の履行を留保することが正当化されるときは、この限りでない、

 

     SECTION 5 TERMINATION

     5節 契約の解除

 

Article 114  Termination for non-performance

114条 不履行を理由とする契約の解除

1. A buyer may terminate the contract within the meaning of Article 8 if the seller’s non-performance under the contract is fundamental within the meaning of Article 87 (2).

1. 売主の契約上の義務の不履行が第87条第(2)項に規定する重大な不履行に該当する場合には、買主は、第8条に規定する契約の解除を行うことができる。

2. In a consumer sales contract and a contract for the supply of digital content between a trader and a consumer, where there is a non-performance because the goods do not conform to the contract, the consumer may terminate the contract unless the lack of conformity is insignificant.

2. 消費者売買契約及び事業者と消費者との間のデジタルコンテンツ提供契約については、物品が契約に適合していないという不履行がある場合には、不適合が軽微である場合を除いて、消費者は、契約を解除することができる。

 

Article 115  Termination for delay in delivery after notice fixing additional time for performance

115条 履行のための付加期間を定める催告後の引渡しの遅滞を理由とする契約の解除

1. A buyer may terminate the contract in a case of delay in delivery which is not in itself fundamental if the buyer gives notice fixing an additional period of time of reasonable length for performance and the seller does not perform within that period.

1. 買主が履行のために合理的な長さの付加期間を定めて催告を行った場合において、売主がこの期間内に履行しないときは、買主は、それ自体では重大でない引渡しの遅滞が生じている契約を解除することができる。

2. The additional period referred to in paragraph 1 is taken to be of reasonable length if the seller does not object to it without undue delay.

2. 1項に規定する付加期間は、売主が不当な遅滞なく異議を述べない場合には、合理的な長さのものとみなす。

3. Where the notice provides for automatic termination if the seller does not perform within the period fixed by the notice, termination takes effect after that period without further notice.

3. 売主が催告に定める期間内に履行しない場合には、契約が自動的に終了するものとする催告を行ったときは、更なる通知を要することなく、この期間後に契約解除の効果が生じる。

 

Article 116  Termination for anticipated non-performance

116条 予想される不履行を理由とする契約の解除

A buyer may terminate the contract before performance is due if the seller has declared, or it is otherwise clear, that there will be a non-performance, and if the non-performance would be such as to justify termination.

不履行が起きるであろうことを売主が明らかにし、又はその他の方法により明らかとなっている場合であって、その不履行により契約の解除が正当化されるときは、買主は、履行期前に契約を解除することができる。

 

Article 117  Scope of right to terminate

117条 解除する権利の範囲

1. Where the seller’s obligations under the contract are to be performed in separate parts or are otherwise divisible, then if there is a ground for termination under this Section of a part to which a part of the price can be apportioned, the buyer may terminate only in relation to that part.

1. 売主の契約上の義務が分割して履行されるべきものとされ、その他分割できる場合に、この節に基づく解除の理由が存する部分について代金を割り当てることができるときは、買主は、その部分のみに関して解除することができる。

2. Paragraph 1 does not apply if the buyer cannot be expected to accept performance of the other parts or the non-performance is such as to justify termination of the contract as a whole.

2. 買主が他の部分の履行を受け入れることを期待することができず、又は不履行により契約の全部を解除することが正当化されるときは、第1項は、適用しない。

3. Where the seller’s obligations under the contract are not divisible or a part of the price cannot be apportioned, the buyer may terminate only if the non-performance is such as to justify termination of the contract as a whole.

3. 売主の契約上の義務が分割できず、又は部分について代金を割り当てることができない場合は、売主は、不履行により契約の全部を解除することが正当化されるときに限り、契約を解除することができる。

 

Article 118  Notice of termination

118条 解除の通知

A right to terminate under this Section is exercised by notice to the seller.

この節に規定する契約を解除する権利は、売主に対する通知により行使される。

 

Article 119  Loss of right to terminate

119条 解除権の消滅

1. The buyer loses the right to terminate under this Section if notice of termination is not given within a reasonable time from when the right arose or the buyer became, or could be expected to have become, aware of the non-performance, whichever is later.

1. 権利発生時、又は買主が不履行を認識する時若しくは認識したことを期待することができる時の、いずれか遅い時から合理的な期間内に解除の通知をしないときは、売主は、この節の規定に基づく解除する権利を失う。

2. Paragraph 1 does not apply:

2. 1項は、次の場合には、適用しない。

(a) where the buyer is a consumer; or

(a) 買主が消費者であるとき。

(b) where no performance at all has been tendered.

(b) 履行が全く提供されていないとき。

 

     SECTION 6 PRICE REDUCTION

     6節 代金減額

 

Article 120  Right to reduce price

120条 代金減額請求権

1. A buyer who accepts a performance not conforming to the contract may reduce the price. The reduction is to be proportionate to the decrease in the value of what was received in performance at the time performance was made compared to the value of what would have been received by a conforming performance.

1. 契約に適合しない履行を受け入れる買主は、代金の減額を請求することができる。この減額は、契約に適合する履行により受領されていただろう価値と比較して、受領した履行が履行時に有する価値の減少に比例するものとする。

2. A buyer who is entitled to reduce the price under paragraph 1 and who has already paid a sum exceeding the reduced price may recover the excess from the seller.

2. 1項の規定に従い代金減額を請求する権利を有する買主が、減額された代金を超える金額を既に支払っている場合には、当該買主は、売主から超過分の返還を受けることができる。

3. A buyer who reduces the price cannot also recover damages for the loss thereby compensated but remains entitled to damages for any further loss suffered.

3. 代金の減額を請求する買主は、代金減額により補償がなされる損失について損害賠償を併せて請求することはできない。ただし、その他の損害があれば、なおその賠償を請求することができる。

 

     SECTION 7 REQUIREMENTS OF EXAMINATION AND NOTIFICATION IN A CONTRACT BETWEEN TRADERS

     7節 事業者間の契約における検査及び通知の要求

 

Article 121  Examination of the goods in contracts between traders

121条 事業者間の契約における物品の検査

1. In a contract between traders the buyer is expected to examine the goods, or cause them to be examined, within as short a period as is reasonable not exceeding 14 days from the date of delivery of the goods, supply of digital content or provision of related services.

1. 事業者間の契約においては、買主は、物品の引渡し、デジタルコンテンツの提供又は関係する役務の提供が行われる日から14日を超えない合理的な限り短い期間内に、物品を検査し、又は検査させることが期待される。

2. If the contract involves carriage of the goods, examination may be deferred until after the goods have arrived at their destination.

2. 契約が物品の運送を伴う場合には、検査は、物品が仕向け地に到達する時の後まで延期することができる。

3. If the goods are redirected in transit, or redispatched by the buyer before the buyer has had a reasonable opportunity to examine them, and at the time of the conclusion of the contract the seller knew or could be expected to have known of the possibility of such redirection or redispatch, examination may be deferred until after the goods have arrived at the new destination.

3. 買主に買主による検査のための合理的な機会が与えられる前に、物品の運送中に仕向地を変更し、又は物品を転送した場合において、売主が契約締結時にそのような変更又は転送の可能性を知り、又は知ることを期待することができたときは、検査は、物品が新たな仕向地に到達する時の後まで延期することができる。

 

Article 122  Requirement of notification of lack of conformity in sales contracts between traders

122条 事業者間の売買契約における不適合の通知の要求

1. In a contract between traders the buyer may not rely on a lack of conformity if the buyer does not give notice to the seller within a reasonable time specifying the nature of the lack of conformity. The time starts to run when the goods are supplied or when the buyer discovers or could be expected to discover the lack of conformity, whichever is later.

1. 事業者間の契約においては、買主は、合理的な期間内に売主に対して不適合の性質を特定した通知を行わない場合には、不適合を援用することができない。この期間は、物品が提供される時、又は買主が不適合を発見する時若しくは発見することを期待することができる時の、いずれか遅い時から起算する。

2. The buyer loses the right to rely on a lack of conformity if the buyer does not give the seller notice of the lack of conformity within two years from the time at which the goods were actually handed over to the buyer in accordance with the contract.

2. 買主は、契約に従い自己に物品が現実に交付される時から2年内に売主に対して不適合の通知を行わないときは、物品の不適合を援用する権利を失う。

3. Where the parties have agreed that the goods must remain fit for a particular purpose or for their ordinary purpose during a fixed period of time, the period for giving notice under paragraph 2 does not expire before the end of the agreed period.

3. 当事者が一定の期間内は物品が特定若しくは目的、又は通常の目的に適合しつづけなければならないことを合意したときは、合意された当該期間の満了前に第2項に規定する通知を行う期間が終了することはない。

4. Paragraph 2 does not apply in respect of the third party claims or rights referred to in Article 102.

4. 102条に規定する第三者の請求又は権利については、第2項を適用しない。

5. The buyer does not have to notify the seller that not all the goods have been delivered if the buyer has reason to believe that the remaining goods will be delivered.

5. 買主に残りの物品が引き渡されるであろうことを信じる理由があるときは、買主は、売主に物品すべてが引き渡されていないことを通知する必要はない。

6. The seller is not entitled to rely on this Article if the lack of conformity relates to facts of which the seller knew or could be expected to have known and which the seller did not disclose to the buyer.

6. 不適合が、売主が知り、又は知ることを期待することができた事実であって、売主が買主に対して明らかにしなかったものに関するものである場合には、売主は、この条の規定に依拠することができない。

 

     Chapter 12 The buyer's obligations

     12章  買主の義務

 

     SECTION 1 GENERAL PROVISIONS

     1節 総則

 

Article 123  Main obligations of the buyer

123条 買主の主な義務

1. The buyer must:

1. 買主は、次に掲げることを行わなければならない。

(a) pay the price;

(a) 代金を支払うこと。

(b) take delivery of the goods or the digital content; and

(b) 物品又はデジタルコンテンツの引渡しを受領すること。

(c) take over documents representing or relating to the goods or documents relating to digital content as may be required by the contract.

(c) 物品を示し若しくは物品に関する書類、又はデジタルコンテンツに関する書類であって契約により要求される書類を受け取ること。

2. Point (a) of paragraph 1 does not apply to contracts for the supply of digital content where the digital content is not supplied in exchange for the payment of a price.

2. 1(a)の規定は、デジタルコンテンツが代金の支払と引換えに提供されないときは、デジタルコンテンツを提供する契約に適用しない。

 

     SECTION 2 PAYMENT OF THE PRICE

     2節 代金の支払

 

Article 124  Means of payment

124条 支払の方法

1. Payment shall be made by the means of payment indicated by the contract terms or, if there is no such indication, by any means used in the ordinary course of business at the place of payment taking into account the nature of the transaction .

1. 支払は、契約条項に定める支払方法、又はそのような規定がないときは、取引の性質を考慮して支払地において通常の取引過程で用いられる方法によって行うものとする。

2. A seller who accepts a cheque or other order to pay or a promise to pay is presumed to do so only on condition that it will be honoured. The seller may enforce the original obligation to pay if the order or promise is not honoured.

2. 売主が、小切手、その他の支払指図、又は支払約束を受け入れるときは、現実に支払われることを条件として受け入れたものと推定する。売主は、支払指図又は支払約束について現実の支払が行われないときは、本来の支払義務を履行することを請求することができる。

3. The buyer’s original obligation is extinguished if the seller accepts a promise to pay from a third party with whom the seller has a pre-existing arrangement to accept the third party’s promise as a means of payment.

3. 買主の本来の支払義務は、売主が支払方法として第三者の約束を受け入れる取決めを既に行っている場合に、売主がこの第三者からの支払の約束を受け入れるときに、消滅する。

4. In a contract between a trader and a consumer, the consumer is not liable, in respect of the use of a given means of payment, for fees that exceed the cost borne by the trader for the use of such means.

4. 事業者と消費者との間の契約においては、事業者により指定された支払方法の利用に関しては、消費者は、事業者がこの支払方法を利用するために負担する費用を超える料金について支払の責任を負わない。

 

Article 125  Place of payment

125条 支払の場所

1. Where the place of payment cannot otherwise be determined it is the seller’s place of business at the time of conclusion of the contract.

1. 他の方法により決定されないときは、支払の場所は、契約締結時における売主の営業所とする。

2. If the seller has more than one place of business, the place of payment is the place of business of the seller which has the closest relationship to the obligation to pay.

2. 売主が二以上の営業所を有する場合には、支払の場所は、支払義務に最も密接な関係を有する売主の営業所とする。

 

Article 126  Time of payment

126条 支払の時期

1. Payment of the price is due at the moment of delivery.

1. 代金の支払については、引渡し時に弁済期が到来する。

2. The seller may reject an offer to pay before payment is due if it has a legitimate interest in so doing.

2. 売主は、弁済期前の支払の申込みを拒絶することに正当な利益を有する場合には、これを行うことができる。

 

Article 127  Payment by a third party

127条 第三者による支払

1. A buyer may entrust payment to another person. A buyer who entrusts payment to another person remains responsible for payment.

1. 買主は他の者に支払を委ねることができる。他人に支払を委ねた買主は、なお支払につき責任を負う。

2. The seller cannot refuse payment by a third party if:

2. 売主は、次のいずれかの場合には、第三者による支払を拒絶することができない。

(a) the third party acts with the assent of the buyer; or

(a) 第三者が買主の同意を得て行為するとき。

(b) the third party has a legitimate interest in paying and the buyer has failed to pay or it is clear that the buyer will not pay at the time that payment is due.

(b) 第三者が支払について正当な利益を有する場合において、買主が支払をせず、又は買主が弁済期に支払を行わなわないだろうことが明らかであるとき。

3. Payment by a third party in accordance with paragraphs 1 or 2 discharges the buyer from liability to the seller.

3. 1項又は第2項の規定に従い行われる第三者による支払により、買主は、売主に対して負う責任を免れる。

4. Where the seller accepts payment by a third party in circumstances not covered by paragraphs 1 or 2 the buyer is discharged from liability to the seller but the seller is liable to the buyer for any loss caused by that acceptance.

4. 売主が第1項又は第2項に規定されない状況において第三者による支払を受け入れるときは、買主は、売主に対する責任を免れる。ただし、売主は、この受領により生じた損害については買主に対して責任を負う。

 

Article 128  Imputation of payment

128条 金銭債務の弁済の充当

1. Where a buyer has to make several payments to the seller and the payment made does not suffice to cover all of them, the buyer may at the time of payment notify the seller of the obligation to which the payment is to be imputed.

1. 買主が、売主に対して複数回の支払を行わなければならず、かつ、行われた支払がそれらすべてを弁済するには足りない場合には、買主は、弁済時に、その弁済が充当されるべき債務を通知することができる。

2. If the buyer does not make a notification under paragraph 1 the seller may, by notifying the buyer within a reasonable time, impute the performance to one of the obligations.

2. 買主が第1項に規定する通知を行わないときは、売主は、合理的な期間内に、買主に対して通知を行うことにより、弁済を債務のうち一に充当することができる。

3. An imputation under paragraph 2 is not effective if it is to an obligation which is not yet due or is disputed.

3. 2項に規定する充当は、充当される債務が弁済期になく又は争いのあるものであるときは、効力を有しない。

4. In the absence of an effective imputation by either party, the payment is imputed to that obligation which satisfies one of the following criteria in the sequence indicated:

4. いずれの当事者も有効な充当を行わないときは、弁済は、次の各号の順でそこに定める基準を満たす債務に充当される。

(a) the obligation which is due or is the first to fall due;

(a) 弁済期にある債務、又は先に弁済期の到来すべき債務

(b) the obligation for which the seller has no or the least security;

(b) 売主が担保を有さず、又は最小の担保しか有さない債務

(c) the obligation which is the most burdensome for the buyer;

(c) 買主にとって最も負担の重い債務

(d) the obligation which arose first.

(d) 先に発生した債務

If none of those criteria applies, the payment is imputed proportionately to all the obligations.

上記の基準のいずれにも該当しないときは、弁済は、すべての債務にそれぞれの額に応じて充当される。

5. The payment may be imputed under paragraph 2, 3 or 4 to an obligation which is unenforceable as a result of prescription only if there is no other obligation to which the payment could be imputed in accordance with those paragraphs.

5. 2項、第3項又は第4項に規定に基づいて弁済を充当することができる債務が他にない場合に限り、時効により請求することができなくなる債務に、これら規定に基づき弁済の充当をすることができる。

6. In relation to any one obligation a payment by the buyer is to be imputed, first, to expenses, secondly, to interest, and thirdly, to principal, unless the seller makes a different imputation.

6. いずれの債務に関しても、買主による支払は、費用、利息、元本の順序で充当されるものとする。ただし、売主が、これと異なる充当を行う場合は、この限りでない。

 

     SECTION 3 TAKING DELIVERY

     3節 引渡しの受領

 

Article 129  Taking delivery

129条 引渡しの受領

The buyer fulfils the obligation to take delivery by:

買主は、次に掲げる行為のすべてを行うことにより、引渡しを受領する義務を果たす。

(a) doing all the acts which could be expected in order to enable the seller to perform the obligation to deliver; and

(a) 売主が引渡し義務を履行することを可能とするために、買主に期待することができる行為のすべてを行うこと。

(b) taking over the goods, or the documents representing the goods or digital content, as required by the contract.

(b) 契約に従い、物品又は物品若しくはデジタルコンテンツを示す書類を受け取ること。

 

Article 130  Early delivery and delivery of wrong quantity

130条 期日前の引渡し及び誤った数量の引渡し

1. If the seller delivers the goods or supplies the digital content before the time fixed, the buyer must take delivery unless the buyer has a legitimate interest in refusing to do so.

1. 売主が定められた期日前に物品を引き渡し、又はデジタルコンテンツを提供する場合には、買主は、引渡しを受領しなければならない。ただし、買主が、引渡しの受領を拒絶することに正当な利益を有する場合は、この限りでない。

2. If the seller delivers a quantity of goods or digital content less than that provided for in the contract the buyer must take delivery unless the buyer has a legitimate interest in refusing to do so.

2. 売主が契約に定める数量を下回る量の物品又はデジタルコンテンツを引き渡す場合には、買主は、引渡しを受領しなければならない。ただし、買主がこれを拒絶することに正当な利益を有する場合は、この限りでない。

3. If the seller delivers a quantity of goods or digital content greater than that provided for by the contract, the buyer may retain or refuse the excess quantity.

3. 売主が契約に定める数量を超過する物品又はデジタルコンテンツを引き渡す場合には、買主は、超過する部分を保持し、又はそれを拒絶することができる。

4. If the buyer retains the excess quantity it is treated as having been supplied under the contract and must be paid for at the contractual rate.

4. 買主が超過する部分を保持する場合には、この部分は契約に基づいて供給されたものとして扱い、契約価格に応じた代金を支払わなければならない。

5. In a consumer sales contract paragraph 4 does not apply if the buyer reasonably believes that the seller has delivered the excess quantity intentionally and without error, knowing that it had not been ordered.

5. 消費者売買契約において、売主が発注量を超過する数量の引渡しを行った場合であって、買主が、売主がこの超過分を意図的に、かつ、これが注文された量ではないことを誤りなく知りながら行ったと信じるにつき合理的な理由を有するときは、第4項は、適用しない。

6. This Article does not apply to contracts for the supply of digital content where the digital content is not supplied in exchange for the payment of a price.

6. この条の規定は、代金の支払と引換えに提供されないデジタルコンテンツの提供契約には、適用しない。

 

     Chapter 13 The seller’s remedies

     13章 売主の救済

 

     SECTION 1 GENERAL PROVISIONS

     1節 総則

 

Article 131  Overview of seller's remedies

131条 売主の救済の概要

1. In the case of a non-performance of an obligation by the buyer, the seller may do any of the following:

1. 売主は、買主が義務を履行しない場合には、次に掲げることを行うことができる。

(a) require performance under Section 2 of this Chapter;

(a) 本章第2節の規定に基づいて、履行を請求すること。

(b) withhold the seller’s own performance under Section 3 of this Chapter;

(b) 本章第3節の規定に基づいて、売主自身の履行を留保すること。

(c) terminate the contract under Section 4 of this Chapter; and

(c) 本章第4条の規定に基づいて、契約を解除すること。

(d) claim interest on the price or damages under Chapter 16.

(d) 16章の規定に基づいて、代金についての利息又は損害賠償を請求すること。

2. If the buyer’s non-performance is excused, the seller may resort to any of the remedies referred to in paragraph 1 except requiring performance and damages.

2. 買主の不履行が免責されるときは、売主は、履行及び損害賠償の請求を除いて、第1項に規定する救済を求めることができる。

3. The seller may not resort to any of the remedies referred to in paragraph 1 to the extent that the seller caused the buyer’s non-performance.

3. 売主は、売主が買主の不履行を生じさせた限度において、第1項に規定する救済を求めることができない。

4. Remedies which are not incompatible may be cumulated.

4. 両立可能な救済は、重ねて適用される。

 

     SECTION 2 REQUIRING PERFORMANCE

     2節 履行の請求

 

Article 132  Requiring performance of buyer’s obligations

132条 買主の義務を履行することの請求

1. The seller is entitled to recover payment of the price when it is due, and to require performance of any other obligation undertaken by the buyer.

1. 売主は、弁済期が到来した代金の支払その他買主が引き受けた義務の履行を請求することができる。

2. Where the buyer has not yet taken over the goods or the digital content and it is clear that the buyer will be unwilling to receive performance, the seller may nonetheless require the buyer to take delivery, and may recover the price, unless the seller could have made a reasonable substitute transaction without significant effort or expense.

2. 買主が物品又はデジタルコンテンツを未だ受け取っておらず、かつ、買主が履行を受領する意思がないことが明らかな場合であっても、売主は、買主に引渡しを受領することを請求し、代金を受け取ることができる。ただし、売主が、実質的な努力又は出費を要することなく合理的に代替取引を行うことができたときは、この限りでない。

 

     SECTION 3 WITHHOLDING PERFORMANCE OF SELLER’S OBLIGATIONS

     3節 売主の義務の履行の保留

 

Article 133  Right to withhold performance

133条 履行を留保する権利

1. A seller who is to perform at the same time as, or after, the buyer performs has a right to withhold performance until the buyer has tendered performance or has performed.

1. 買主の履行時以後に履行すべき売主は、買主が履行を提供し、又は履行するまで、履行を留保する権利を有する。

2. A seller who is to perform before the buyer performs and who reasonably believes that there will be non-performance by the buyer when the buyer’s performance becomes due may withhold performance for as long as the reasonable belief continues. However, the right to withhold performance is lost if the buyer gives an adequate assurance of due performance or provides adequate security.

2. 売主の履行前に履行すべき買主が、履行期の到来時に買主が履行しないであろうことを信じるにつき合理的な理由を有するときは、このように信じることが合理的である限り、履行を留保することができる。ただし、売主が適切な履行に対する相当な担保又は抵当を提供した場合には、履行を留保する権利は、消滅する。

3. The performance which may be withheld under this Article is the whole or part of the performance to the extent justified by the non-performance. Where the buyer's obligations are to be performed in separate parts or are otherwise divisible, the seller may withhold performance only in relation to that part which has not been performed, unless the buyer's non-performance is such as to justify withholding the seller's performance as a whole.

3. 不履行により正当化される限度において、売主は、全部又は一部について、この条の規定に基づいて履行を留保することができる。買主の義務が分割して履行されるべきものとされその他分割できる場合には、売主は、履行されない部分のみに関して履行を留保することができる。ただし、買主の不履行により売主が全部の履行を留保することが正当化されるときは、この限りでない。

 

     SECTION 4 TERMINATION

     4節 契約の解除

 

Article 134  Termination for fundamental non-performance

134条 重大な不履行を理由とする契約の解除

A seller may terminate the contract within the meaning of Article 8 if the buyer’s non-performance under the contract is fundamental within the meaning of Article 87 (2).

買主の契約上の義務の不履行が第87条第(2)項に規定する重大な不履行に該当するときは、売主は、第8条に規定する契約の解除を行うことができる。

 

Article 135  Termination for delay after notice fixing additional time for performance

135条 履行のための付加期間を定める催告後の履行遅滞を理由とする契約の解除

1. A seller may terminate in a case of delay in performance which is not in itself fundamental if the seller gives a notice fixing an additional period of time of reasonable length for performance and the buyer does not perform within that period.

1. 売主が履行のために合理的な長さの付加期間を定めて催告を行った場合において、買主がこの期間内に履行しないときは、売主は、それ自体では重大でない履行の遅滞が生じている契約を解除することができる。

2. The period is taken to be of reasonable length if the buyer does not object to it without undue delay. In relations between a trader and a consumer, the additional time for performance must not end before the 30 day period referred to Article 167(2).

2. 1項に規定する付加期間は、買主が不当な遅滞なく異議を述べない場合には、合理的な長さのものとみなす。事業者と消費者との間においては、履行のための付加期間は、第167条第(2)項に規定する30日前に終了するものであってはならない。

3. Where the notice provides for automatic termination if the buyer does not perform within the period fixed by the notice, termination takes effect after that period without further notice.

3. 買主が催告に定める期間内に履行しない場合には、契約が自動的に終了するものとする催告を行ったときは、更なる通知を要することなく、この期間後に契約解除の効果が生じる。

4. In a consumer sales contract, the parties may not, to the detriment of the consumer, exclude the application of this Article or derogate from or vary its effects.

4. 消費者売買契約においては、当事者は、消費者に不利となるように、この条の規定の適用を排除し、又はその効力を変更することができない。

 

Article 136  Termination for anticipated non-performance

136条 予想される不履行を理由とする契約の解除

A seller may terminate the contract before performance is due if the buyer has declared, or it is otherwise clear, that there will be a non-performance, and if the non-performance would be fundamental.

不履行が起きるであろうことを買主が明らかにし、又は、その他の方法により明らかとなっている場合であって、その不履行が重大であろうときは、売主は、履行期前に契約を解除することができる。

 

Article 137  Scope of right to terminate

137条 解除する権利の範囲

1. Where the buyer’s obligations under the contract are to be performed in separate parts or are otherwise divisible, then if there is a ground for termination under this Section of a part which corresponds to a divisible part of the seller’s obligations, the seller may terminate only in relation to that part.

1. 買主の契約上の義務が分割して履行されるべきものとされ、その他分割できる場合に、この節の規定に基づく解除の理由が存する部分が売主の義務の分割できる部分に対応するときは、売主は、その部分のみに関して解除をすることができる。

2. Paragraph 1 does not apply if the non-performance is fundamental in relation to the contract as a whole.

2. 不履行が契約全体と関係において重大であるときは、第1項は、適用しない。

3. Where the buyer’s obligations under the contract are not to be performed in separate parts, the seller may terminate only if the non-performance is fundamental in relation to the contract as a whole.

3. 買主の契約上の義務が分割して履行されるべきものとされていない場合には、売主は、不履行が契約全体との関係で重大なときに限り、契約を解除することができる。

 

Article 138  Notice of termination

138条 解除の通知

A right to terminate the contract under this Section is exercised by notice to the buyer.

この節の規定に基づく契約を解除する権利は、買主に対する通知により行使される。

 

Article 139  Loss of right to terminate

139条 解除権の消滅

1. Where performance has been tendered late or a tendered performance otherwise does not conform to the contract the seller loses the right to terminate under this Section unless notice of termination is given within a reasonable time from when the seller has become, or could be expected to have become, aware of the tender or the lack of conformity.

1. 履行が遅れて提供され、その他契約に適合しないものである場合、履行の提供又は不適合を認識する時、又は認識したことを期待することができる時から合理的な期間内に解除の通知を行わない限り、売主は、この節の規定に基づく解除する権利を失う。

2. A seller loses a right to terminate by notice under Articles 136 unless the seller gives notice of termination within a reasonable time after the right has arisen.

2. 権利の発生後、合理的な期間内に解除の通知を行わない限り、売主は、第136条の規定に基づく通知により解除する権利を失う。

3. Where the buyer has not paid the price or has not performed in some other way which is fundamental, the seller retains the right to terminate.

3. 売主は、買主が代金を支払わずその他履行を行わない場合であって、その不履行が重大であるときは、解除する権利を保持する。

 

      Chapter 14 Passing of risk

     14章 危険の移転

 

     SECTION 1 GENERAL PROVISIONS

     1節 総則

 

Article 140  Effect of passing of risk

140条 危険移転の効果

Loss of, or damage to, the goods or the digital content after the risk has passed to the buyer does not discharge the buyer from the obligation to pay the price, unless the loss or damage is due to an act or omission of the seller.

買主は、危険が自己に移転した後に生じた物品又はデジタルコンテンツの滅失又は損傷により、代金を支払う義務を免れない。ただし、その滅失又は損傷が売主の作為又は不作為による場合は、この限りでない。

 

Article 141  Identification of goods or digital content to contract

141条 物品又はデジタルコンテンツの契約に対する指定

The risk does not pass to the buyer until the goods or the digital content are clearly identified as the goods or digital content to be supplied under the contract, whether by the initial agreement, by notice given to the buyer or otherwise.

危険は、当初の契約、買主に対する通知その他いずれの方法により、物品又はデジタルコンテンツが、契約に基づき供給される物品又はデジタルコンテンツであることが明確に特定される時まで、買主に移転しない。

 

     SECTION 2 PASSING OF RISK IN CONSUMER SALES CONTRACTS

     2節 消費者売買契約における危険移転

 

Article 142  Passing of risk in a consumer sales contract

142条 消費者売買契約における危険移転

1. In a consumer sales contract, the risk passes at the time when the consumer or a third party designated by the consumer, not being the carrier, has acquired the physical possession of the goods or the tangible medium on which the digital content is supplied.

1. 消費者売買契約においては、危険は、消費者又は消費者により指定された第三者であって運送人ではない者が、物品又はデジタルコンテンツを提供するための有体の記録媒体の物理的占有を取得する時に、移転する。

2. In a contract for the supply of digital content not supplied on a tangible medium, the risk passes at the time when the consumer or a third party designated by the consumer for this purpose has obtained the control of the digital content.

2. 有体の記録媒体によらずに提供するデジタルコンテンツの提供契約においては、危険は、消費者又は消費者がこの目的のために指定する第三者が、デジタルコンテンツの支配を取得する時に、移転する。

3. Except where the contract is a distance or off-premises contract, paragraphs 1 and 2 do not apply where the consumer fails to perform the obligation to take over the goods or the digital content and the non-performance is not excused under Article 88. In this case, the risk passes at the time when the consumer, or the third party designated by the consumer, would have acquired the physical possession of the goods or obtained the control of the digital content if the obligation to take them over had been performed.

3. 契約が隔地者間又は営業所外契約等に該当する場合を除き、消費者が物品又はデジタルコンテンツを受け取る義務を履行せず、かつ、この不履行が第88条の規定により免責されない場合には、第1項及び第2項は、適用しない。この場合には、危険は、受領の義務が履行されていれば消費者又は消費者が指定する第三者が、物品の物理的占有又はデジタルコンテンツの支配を取得したであろう時に、移転する。

4. Where the consumer arranges the carriage of the goods or the digital content supplied on a tangible medium and that choice was not offered by the trader, the risk passes when the goods or the digital content supplied on a tangible medium are handed over to the carrier, without prejudice to the rights of the consumer against the carrier.

4. 消費者が物品又は有体の記録媒体により提供されるデジタルコンテンツの運送を手配し、かつ、このときの選択が事業者により提供されたものでないときは、物品又は有体の記録媒体により提供されるデジタルコンテンツが、運送人に交付される時に、危険が移転する。なお、この規定は、消費者が運送人に対して有する権利に影響を及ぼすものではない。

5. The parties may not, to the detriment of the consumer, exclude the application of this Article or derogate from or vary its effects.

5. 当事者は、消費者に不利となるように、この条の規定の適用を排除し、又はその効力を変更することができない。

 

     SECTION 3 PASSING OF RISK IN CONTRACTS BETWEEN TRADERS

     3節 事業者間の契約における危険移転

 

Article 143  Time when risk passes

143条 危険移転の時期

1. In a contract between traders the risk passes when the buyer takes delivery of the goods or digital content or the documents representing the goods.

1. 事業者間の契約においては、危険は、買主が物品若しくはデジタルコンテンツ又は物品を示す書類の引渡しを受領する時に、移転する。

2. Paragraph 1 is subject to Articles 144, 145 and 146.

2. 144条、第145条及び第146条の規定が適用される場合においては、第1項の規定は、これらに従う。

 

Article 144  Goods placed at buyer’s disposal

144条 買い手の処分に委ねられた物品

1. If the goods or the digital content are placed at the buyer’s disposal and the buyer is aware of this, the risk passes to the buyer at the time when the goods or digital content should have been taken over, unless the buyer was entitled to withhold taking of delivery pursuant to Article 113.

1. 物品又はデジタルコンテンツが買主の処分に委ねられ、かつ、買主がこのことを知る場合には、危険は、物品又はデジタルコンテンツが受領されるべき時に、買主に移転する。ただし、第113条の規定に基づき買主が引渡しを受領することを留保することができる場合は、この限りでない。

2. If the goods or the digital content are placed at the buyer’s disposal at a place other than a place of business of the seller, the risk passes when delivery is due and the buyer is aware of the fact that the goods or digital content are placed at the buyer’s disposal at that place.

2. 物品又はデジタルコンテンツが売主の営業所以外の場所において買主の処分に委ねられたときは、危険は、引渡し期が到来し、かつ、買主が物品又はデジタルコンテンツがその場所において買主の処分に委ねられていることを買主が認識する時に、移転する。

 

Article 145  Carriage of the goods

145条 物品の運送

1. This Article applies to a contract of sale which involves carriage of goods.

1. この条の規定は、物品の運送を伴う売買契約に適用する。

2. If the seller is not bound to hand over the goods at a particular place, the risk passes to the buyer when the goods are handed over to the first carrier for transmission to the buyer in accordance with the contract.

2. 売主が特定の場所において物品を交付する義務を負わないときは、危険は、契約に従い買主に送付するために最初の運送人に物品を交付する時に、買主に移転する。

3. If the seller is bound to hand over the goods to a carrier at a particular place, the risk does not pass to the buyer until the goods are handed over to the carrier at that place.

3. 売主が特定の場所において物品を運送人に交付する義務を負うときは、危険は、物品をその場所において運送人に交付する時まで買主に移転しない。

4. The fact that the seller is authorised to retain documents controlling the disposition of the goods does not affect the passing of the risk.

4. 売主が物品の処分を支配する書類を保持することが認めらている事実は、危険の移転に影響を及ぼさない。

 

Article 146  Goods sold in transit

146条 運送中に売却される物品

1. This Article applies to a contract of sale which involves goods sold in transit.

1. この条の規定は、運送中に売却される物品に関する売買契約に適用する。

2. The risk passes to the buyer as from the time the goods were handed over to the first carrier. However, if the circumstances so indicate, the risk passes to the buyer when the contract is concluded.

2. 危険は、物品が最初の運送人に交付される時に、売主に移転する。ただし、契約締結時から買主が危険を引き受けることを状況が示すときは、危険は、その時に買主に移転する。

3. If at the time of the conclusion of the contract the seller knew or could be expected to have known that the goods had been lost or damaged and did not disclose this to the buyer, the loss or damage is at the risk of the seller.

3. 売主が契約締結時に、物品が滅失若しくは損傷していたことを知り、又は知ることを期待することができた場合において、そのことを買主に対して明らかにしなかったときは、この滅失又は損傷に関する危険は、売主の負担とする。

 

     Part V Obligations and remedies of the parties to a related service contract

     5部 関係役務契約の当事者の義務及び救済

 

     Chapter 15 Obligations and remedies of the parties

     15章 当事者の義務及び救済

 

     SECTION 1 APPLICATION OF CERTAIN GENERAL RULES ON SALES CONTRACTS

     1節 売買契約の一定の一般準則の適用

 

Article 147  Application of certain general rules on sales contracts

147条 売買契約の一定の一般準則の適用

1. The rules in Chapter 9 apply for the purposes of this Part.

1. この部の規定の適用上、第9章の準則を適用する。

2. Where a sales contract or a contract for the supply of digital content is terminated any related service contract is also terminated.

2. 売買契約又はデジタルコンテンツ提供契約が解除されるときは、関係する役務の契約も終了する。

 

     SECTION 2 OBLIGATIONS OF THE SERVICE PROVIDER

     2節 役務提供者の義務

 

Article 148  Obligation to achieve result and obligation of care and skill

148条 結果を達成する義務並びに注意及び技術についての義務

1. The service provider must achieve any specific result required by the contract.

1. 役務提供者は、契約に定める特定の結果を達成しなければならない。

2. In the absence of any express or implied contractual obligation to achieve a specific result, the service provider must perform the related service with the care and skill which a reasonable service provider would exercise and in conformity with any statutory or other binding legal rules which are applicable to the related service.

2. 特定の結果を達成する契約上の義務が、明示的又は黙示的に、存在しないときは、役務提供者は、合理的な役務提供者の注意及び技能をもって、かつ、関係する役務に適用される法令その他拘束力ある法的準則にしたがって、関係する役務を実行しなければならない。

3. In determining the reasonable care and skill required of the service provider, regard is to be had, among other things, to:

3. 役務提供者に要求される合理的な注意及び技能を決定するに当たっては、特に、次の事項を考慮する。

(a) the nature, the magnitude, the frequency and the foreseeability of the risks involved in the performance of the related service for the customer;

(a) 顧客のために関係する役務を実行することに伴う危険の性質、大きさ、頻度及び予測可能性

(b) if damage has occurred, the costs of any precautions which would have prevented that damage or similar damage from occurring; and

(b) 損害が発生したときには、その損害又は類似の損害の発生を防いでいたであろう予防措置の費用

(c) the time available for the performance of the related service.

(c) 関係する役務を実行するための時間

4. Where in a contract between a trader and a consumer the related service includes installation of the goods, the installation must be such that the installed goods conform to the contract as required by Article 101.

4. 事業者と消費者との間の契約において、関係する役務に物品の設置が含まれる場合には、この設置は、第101条の規定のとおり設置された物品が契約に適合するように行わなければならない。

5. In relations between a trader and a consumer the parties may not, to the detriment of the consumer, exclude the application of paragraph 2 or derogate from or vary its effects.

5. 事業者と消費者との間においては、当事者は、消費者に不利となるように、第2項の規定の適用を排除し、又はその効力を変更することができない。

 

Article 149  Obligation to prevent damage

149条 損傷を防ぐ義務

The service provider must take reasonable precautions in order to prevent any damage to the goods or the digital content, or physical injury or any other loss or damage in the course of or as a consequence of the performance of the related service.

役務提供者は、関係する役務を提供する時に又はその結果として生じる物品若しくはデジタルコンテンツに対する損傷、物理的な傷害その他損失若しくは損害を防ぐために合理的な予防措置をとらなければならない。

 

Article 150  Performance by a third party

150条 第三者による履行

1. A service provider may entrust performance to another person, unless personal performance by the service provider is required.

1. 役務提供者は、当該役務提供者自身が履行することを要する場合を除き、他の者に履行を委ねることができる。

2. A service provider who entrusts performance to another person remains responsible for performance.

2. 他人に履行を委ねた役務提供者は、なお履行につき責任を負う。

3. In relations between a trader and a consumer the parties may not, to the detriment of the consumer, exclude the application of paragraph 2 or derogate from or vary its effects.

3. 事業者と消費者との間においては、当事者は、消費者に不利となるように、第2項の規定の適用を排除し、又はその効力を変更することができない。

 

Article 151  Obligation to provide invoice

151条 送り状を提供する義務

Where a separate price is payable for the related service, and the price is not a lump sum agreed at the time of conclusion of the contract, the service provider must provide the customer with an invoice which explains, in a clear and intelligible way, how the price was calculated.

関係する役務について別に代金の支払義務が生じ、かつ、この代金が契約締結時に合意された一括支払いではないときは、役務提供者は、価格の算出方法を明確かつ分かりやすく説明する送り状を顧客に提供しなければならない。

 

Article 152  Obligation to warn of unexpected or uneconomic cost

152条 予期されない又は不経済な費用について注意を行う義務

1. The service provider must warn the customer and seek the consent of the customer to proceed if:

1. 役務提供者は、次のいずれかに掲げる場合には、顧客に注意を行うとともに、実施について顧客の同意を求めなければならない。

(a) the cost of the related service would be greater than already indicated by the service provider to the customer; or

(a) 関係する役務の費用が、役務提供者から顧客に対して既に提示した額を超えるであろうとき。

(b) the related service would cost more than the value of the goods or the digital content after the related service has been provided, so far as this is known to the service provider.

(b) 関係する役務の提供後には、関係する役務の費用が物品又はデジタルコンテンツの価値を上回るであろうとき(役務提供者が知る限度に限る。)。

2. A service provider who fails to obtain the consent of the customer in accordance with paragraph 1 is not entitled to a price exceeding the cost already indicated or, as the case may be, the value of the goods or digital content after the related service has been provided.

2. 1項の規定に従い顧客の同意を得ない役務提供者は、既に提示した費用を超える代金又は、関係する役務の提供後に代金が物品又はデジタルコンテンツの価値を超える場合には、当該価値を超える代金については、支払を請求することができない。

 

      SECTION 3 OBLIGATIONS OF THE CUSTOMER

      3節 顧客の義務

 

Article 153  Payment of the price

153条 代金の支払

1. The customer must pay any price that is payable for the related service in accordance with the contract.

1. 顧客は、契約に従い、関係する役務に対して支払うべき代金を、支払わなければならない。

2. The price is payable when the related service is completed and the object of the related service is made available to the customer.

2. 代金は、関係する役務が完了し、関係する役務の対象が顧客が使用できる状態におかれる時に、支払時に達する。

 

Article 154  Provision of access

154条 立入り許可

Where it is necessary for the service provider to obtain access to the customer’s premises in order to perform the related service the customer must provide such access at reasonable hours.

役務提供者が関係する役務を実行するために顧客の居所に立ち入らなければならない場合には、顧客は、合理的な時間帯に、この立入りを認めなければならない。

 

     SECTION 4 REMEDIES

     4節 救済

 

Article 155  Remedies of the customer

155条 顧客の救済

1. In the case of non-performance of an obligation by the service provider, the customer has, with the adaptations set out in this Article, the same remedies as are provided for the buyer in Chapter 11, namely:

1. 顧客は、役務提供者が義務を履行しない場合には、第11章に規定する買主の救済と同じ、次に掲げる救済を受けることができる。ただし、この条に規定する修正を適用する。

(a) to require specific performance;

(a) 現実の履行を請求すること。

(b) to withhold the customer’s own performance;

(b) 顧客自身の履行を留保すること。

(c) to terminate the contract;

(c) 契約を解除すること。

(d) to reduce the price; and

(d) 代金を減額すること。

(e) to claim damages.

(e) 損害賠償を請求すること。

2. Without prejudice to paragraph 3, the customer's remedies are subject to a right of the service provider to cure whether or not the customer is a consumer.

2. 顧客に対する救済は、顧客が消費者であるか否かを問わず、役務提供者の追完を行う権利による制限を受ける。ただし、この規定は、第3項の規定に影響を及ぼすものではない。

3. In the case of incorrect installation under a consumer sales contract as referred to in Article 101 the consumer's remedies are not subject to a right of the service provider to cure.

3. 消費者売買契約において、第101条に規定する誤設置がなされたときは、顧客に対する救済は、役務提供者の追完を行う権利による制限を受けない。

4. The customer, if a consumer, has the right to terminate the contract for any lack of conformity in the related service provided unless the lack of conformity is insignificant.

4. 消費者である顧客は、不適合が軽微なものでない限り、提供された関係する役務の不適合を理由として、契約を解除する権利を有する。

5. Chapter 11 applies with the necessary adaptations, in particular:

5. 11章の規定を、準用する。ただし、特に、次に掲げる変更その他の必要な変更を適用する。

(a) in relation to the right of the service provider to cure, in contracts between a trader and a consumer, the reasonable period under Article 109 (5) must not exceed 30 days;

(a) 事業者と消費者との間の契約においては、役務提供者の追完する権利に関して、第109条第(5)条に定める合理的な期間は、30日を超えてはならない。

(b) in relation to the remedying of a non-conforming performance Articles 111 and 112 do not apply; and

(b) 適合しない役務の追完に関しては、第111条及び第112条の規定は、適用しない。

(c) Article 156 applies instead of Article 122.

(c) 156条を、第122条に替えて適用する。

 

Article 156  Requirement of notification of lack of conformity in related service contracts between traders

156条 事業者間の関係役務契約における不適合の通知の要求

1. In a related service contract between traders, the customer may rely on a lack of conformity only if the customer gives notice to the service provider within a reasonable time specifying the nature of the lack of conformity. The time starts to run when the related service is completed or when the customer discovers or could be expected to discover the lack of conformity, whichever is later.

1. 事業者間の関係役務契約においては、顧客は、役務提供者に対して合理的な期間内に役務提供者に対して不適合の性質を特定する通知を行った場合に限り、不適合を援用することができる。この期間は、関係する役務が完了する時、又は顧客が不適合を発見する時若しくは発見することを期待することができる時の、いずれか遅い時から起算する。

2. The service provider is not entitled to rely on this Article if the lack of conformity relates to facts of which the service provider knew or could be expected to have known and which the service provider did not disclose to the customer.

2. 不適合が、役務提供者が知り、又は知ることを期待することができた事実であって、役務提供者が顧客に対して明らかにしたかったものに関するものである場合には、役務提供者は、この条の規定に依拠することができない。

 

Article 157  Remedies of the service provider

157条 役務提供者の救済

1. In the case of a non-performance by the customer, the service provider has, with the adaptations set out in paragraph 2, the same remedies as are provided for the seller in Chapter 13, namely:

1. 役務提供者は、顧客が義務を履行しない場合には、第2項に規定する修正を行った上で、第13章に規定する売主の救済と同じ次の救済を受けることができる。

(a) to require performance;

(a) 履行を請求すること。

(b) to withhold the service provider’s own performance;

(b) 役務提供者自身の履行を留保すること。

(c) to terminate the contract; and

(c) 契約を解除すること。

(d) to claim interest on the price or damages.

(d) 代金についての利息又は損害賠償を請求すること。

2. Chapter 13 applies with the necessary adaptations. In particular Article 158 applies instead of Article 132 (2).

2. 13章を、準用する。特に、第158条を、第132条第(2)項に替えて適用する。

 

Article 158  Customer’s right to decline performance

158条 履行を拒否する顧客の権利

1. The customer may at any time give notice to the service provider that performance, or further performance of the related service is no longer required.

1. 顧客は、実行されない関係する役務の履行その他履行が不要であることの通知を、いつでも役務提供者に対して行うことができる。

2. Where notice is given under paragraph 1:

2. 第1項の規定に基づく通知が行われた場合は、次のとおりとする。

(a) the service provider no longer has the right or obligation to provide the related service; and

(a) 役務提供者は、通知後においては、関係する役務を提供する権利を有さず又は義務を負わない。

(b) the customer, if there is no ground for termination under any other provision, remains liable to pay the price less the expenses that the service provider has saved or could be expected to have saved by not having to complete performance.

(b) 顧客は、他の規定に基づいて契約を解除する理由がない場合には、役務履行者が履行を完了しないことにより支出を免れ、又は免れることを期待することができた費用を控除した代金を支払う責任を、なお負う。

3. In relations between a trader and a consumer the parties may not, to the detriment of the consumer, exclude the application of this Article or derogate from or vary its effects.

3. 事業者と消費者との間においては、当事者は、消費者に不利となるように、この条の規定の適用を排除し、又はその効力を変更することができない。

 

     Part VI Damages and interest

     6部 損害賠償及び利息

 

     Chapter 16 Damages and interest

     16章 損害賠償及び利息

 

     SECTION 1 DAMAGES

     1節 損害賠償

 

Article 159  Right to damages

159条 損害賠償請求権

1. A creditor is entitled to damages for loss caused by the non-performance of an obligation by the debtor, unless the non-performance is excused.

1. 債権者は、債務者の債務の不履行により生じた損失について、損害賠償を請求することができる。ただし、債務者が免責される場合は、この限りでない。

2. The loss for which damages are recoverable includes future loss which the debtor could expect to occur.

2. 損害賠償を請求できる損失には、債務者が発生することを期待することができた将来の損失を含む。

 

Article 160  General measure of damages

160条 損害賠償額の一般的な算定

The general measure of damages for loss caused by non-performance of an obligation is such sum as will put the creditor into the position in which the creditor would have been if the obligation had been duly performed, or, where that is not possible, as nearly as possible into that position. Such damages cover loss which the creditor has suffered and gain of which the creditor has been deprived.

義務の不履行により生じた損失についての損害賠償については、通常は、債権者を、義務が正当に履行されたならば債権者が置かれていたであろう状態、又は、これが不可能であるときはそのような状態にできる限り近い状態におくように、額の算定を行う。この損害には、債権者が被った損失及び債権者から奪われた利益を含む。

 

Article 161  Foreseeability of loss

161条 損失の予見可能性

The debtor is liable only for loss which the debtor foresaw or could be expected to have foreseen at the time when the contract was concluded as a result of the non-performance.

債務者は、不履行により生じた損失であって、契約締結時に予見し、又は予見することを期待することができた損失についてのみ、賠償の責任を負う。

 

Article 162  Loss attributable to creditor

162条 債権者に帰せられる損失

The debtor is not liable for loss suffered by the creditor to the extent that the creditor contributed to the non-performance or its effects.

債務者は、債権者が不履行又は不履行の結果に寄与した限度において、債権者が被った損失について責任を負わない。

 

Article 163  Reduction of loss

163条 損失の軽減

1. The debtor is not liable for loss suffered by the creditor to the extent that the creditor could have reduced the loss by taking reasonable steps.

1. 債務者は、債権者が合理的な措置をとることにより損失を軽減することができた限度において、債権者が被った損失について賠償の責任を負わない。

2. The creditor is entitled to recover any expenses reasonably incurred in attempting to reduce the loss.

2. 債権者は、損失を軽減するために費やした合理的な費用の償還を請求することができる。

 

Article 164  Substitute transaction

164条 代替取引

A creditor who has terminated a contract in whole or in part and has made a substitute transaction within a reasonable time and in a reasonable manner may, in so far as it is entitled to damages, recover the difference between the value of what would have been payable under the terminated contract and the value of what is payable under the substitute transaction, as well as damages for any further loss.

債権者が契約の全部又は一部を解除した場合において、合理的な期間内に、かつ、合理的な方法で代替取引を行ったときは、債権者は、損害賠償を請求することができる限りにおいて、解除された契約に基づいて支払うべきであった額と代替取引の下で支払われるべき額の差額を請求することができるほか、その他の損害があればその賠償を請求することができる。

 

Article 165  Current price

165条 時価

Where the creditor has terminated the contract and has not made a substitute transaction but there is a current price for the performance, the creditor may, in so far as entitled to damages, recover the difference between the contract price and the price current at the time of termination as well as damages for any further loss.

債権者が契約を解除し、かつ、代替取引を行わなかった場合において、履行について時価があるときは、債権者は、損害賠償を請求することができる限りにおいて、契約価格と契約解除時の時価の差額を請求することができるほか、その他の損害があればその賠償を請求することができる。

 

     SECTION 2: INTEREST ON LATE PAYMENTS: GENERAL PROVISIONS

     2節 支払遅延利息:総則

 

Article 166  Interest on late payments

166条 支払遅延利息

1. Where payment of a sum of money is delayed, the creditor is entitled, without the need to give notice, to interest on that sum from the time when payment is due to the time of payment at the rate specified in paragraph 2.

1. 金銭の支払が遅滞した場合には、債権者は、通知を要することなく、弁済期から支払い時について、その額に対する利息を請求することができる。この利息は、第2項に規定する利率により計算する。

2. The interest rate for delayed payment is:

2. 支払遅延利息の利率は、次のとおりとする。

(a) where the creditor's habitual residence is in a Member State whose currency is the euro or in a third country, the rate applied by the European Central Bank to its most recent main refinancing operation carried out before the first calendar day of the half-year in question, or the marginal interest rate resulting from variable-rate tender procedures for the most recent main refinancing operations of the European Central Bank, plus two percentage points;

(a) 債権者の常居所がユーロを通貨とする加盟国又は第三国にある場合には、対象となる半年間の暦日の初日の前の最近の欧州中央銀行の主要リファイナンス・オペ金利、又は、最近の欧州中央銀行の主要リファイナンス・オペ・変動入札による限界金利に、2%を足した率

(b) where the creditor's habitual residence is in a Member State whose currency is not the euro, the equivalent rate set by the national central bank of that Member State, plus two percentage points.

(b) 債権者の常居所がユーロを通貨としない加盟国にある場合には、その加盟国の中央銀行により設定された同等の金利に、2%を足した率

3. The creditor may recover damages for any further loss.

3. 債権者は、その他の損失があれば、この損失について損害賠償を請求することができる。

 

Article 167  Interest when the debtor is a consumer

167条 債務者が消費者であるときの利息

1. When the debtor is a consumer, interest for delay in payment is due at the rate provided in Article 166 only when non-performance is not excused.

1. 債務者が消費者である場合には、不履行が免責されないときに限り、第166条に規定する利率により計算される遅延利息を支払わなければならない。

2. Interest does not start to run until 30 days after the creditor has given notice to the debtor specifying the obligation to pay interest and its rate. Notice may be given before the date when payment is due.

2. 利息は、債権者が債務者に対して利息を支払う義務及びその利率を指定する通知の後、30日を経過する時まで生じない。通知は、弁済期日の前に与えることができる。

3. A term of the contract which fixes a rate of interest higher than that provided in Article 166, or accrual earlier than the time specified in paragraph 2 of this Article is not binding to the extent that this would be unfair according to Article 83.

3. 166条に規定する利率より高い利率により又は第2項に規定する時よりも早く、利息が生じることを定める契約条項は、第83条の規定により不公正とされる限度において、拘束力を有しない。

4. Interest for delay in payment cannot be added to capital in order to produce interest.

4. 支払遅延利息を、利息を生じさせる元本に組み入れることはできない。

5. The parties may not, to the detriment of the consumer, exclude the application of this Article or derogate from or vary its effects.

5. 当事者は、消費者に不利となるように、この条の規定の適用を排除し、又はその効力を変更することができない。

 

     SECTION 3 LATE PAYMENTS BY TRADERS

     3節 事業者による遅滞した支払

 

Article 168  Rate of interest and accrual

168条 利率及び発生

1. Where a trader delays the payment of a price due under a contract for the delivery of goods, supply of digital content or provision of related services without being excused by virtue of Article 88, interest is due at the rate specified in paragraph 5 of this Article.

1. 物品を引き渡し、デジタルコンテンツを提供し又は関係する役務を提供する契約に基づいて支払義務が生じている代金の支払を事業者が遅滞した場合には、第88条の規定により免責されないときに限り、本条第5項に定められた利率により計算される利息を支払わなければならない。

2. Interest at the rate specified in paragraph 5 starts to run on the day which follows the date or the end of the period for payment provided in the contract. If there is no such date or period, interest at that rate starts to run:

2. 5項に規定する率により計算される利息は、契約により定められる日又は支払期間満了時の翌日から生じる。そのような日?又は期間がない場合には、次に掲げる日から、この率による利息が生じる。

(a) 30 days after the date when the debtor receives the invoice or an equivalent request for payment; or

(a) 債務者が送り状又はこれと同等の支払の要求を受領する日の後、30日を経過する日。

(b) 30 days after the date of receipt of the goods, digital content or related services, if the date provided for in point (a) is earlier or uncertain, or if it is uncertain whether the debtor has received an invoice or equivalent request for payment.

(b) 物品、デジタルコンテンツ又は関係する役務を受領する日の後、30日を経過する日。ただし、(a)に規定される日がこの日よりも早く、若しくは不確かである場合、又は、債務者が送り状又はこれと同等の支払の要求を受領したか否かが不確かである場合に限る。

3. Where conformity of goods, digital content or related services to the contract is to be ascertained by way of acceptance or examination, the 30 day period provided for in point (b) of paragraph 2 begins on the date of the acceptance or the date the examination procedure is finalised. The maximum duration of the examination procedure cannot exceed 30 days from the date of delivery of the goods, supply of digital content or provision of related services, unless the parties expressly agree otherwise and that agreement is not unfair according to Article 170.

3. 物品、デジタルコンテンツ又は関係する役務の契約への適合性が承認又は検査により確認されるときは、第2(b)に規定する30日の期間は、承認の日又は検査手続が完了する日から起算する。当事者が別段の明示の合意を行い、かつ、その合意が第170条の規定に照らして不公正ではない場合を除き、検査手続きの最長期間は、物品の引渡し、デジタルコンテンツの提供又は関係する役務の提供の日から、30日を超えることはできない。

4. The period for payment determined under paragraph 2 cannot exceed 60 days, unless the parties expressly agree otherwise and that agreement is not unfair according to Article 170.

4. 当事者が別段の明示の合意を行い、かつ、その合意が第170条の規定に照らして不公正ではない場合を除き、第2項の規定に基づいて決定される支払期間は、60日を超えることはできない。

5. The interest rate for delayed payment is:

5. 支払遅延利息の利率は、次のとおりとする。

(a) where the creditor's habitual residence is in a Member State whose currecy is the euro or in a third country, the interest rate applied by the European Central ank to its most recent main refinancing operation carried out before the first calendar day of the half-year in question, or the marginal interest rate resulting from variable-rate tender procedures for the most recent main refinancing operations of the European Central Bank, plus eight percentage points;

(a) 債権者の常居所がユーロを通貨とする加盟国又は第三国にある場合には、対象となる半年間の暦日の初日の前の最近の欧州中央銀行の主要リファイナンス・オペ金利、又は、最近の欧州中央銀行の主要リファイナンス・オペ・変動入札による限界金利に、8%を足した率

(b) where the creditor's habitual residence is in a Member State whose currency is not the euro, the equivalent rate set by the national central bank of that Member State, plus eight percentage points.

(b) 債権者の常居所がユーロを通貨としない加盟国にある場合には、その加盟国の中央銀行により設定された同等の金利に、8%を足した率

6. The creditor may recover damages for any further loss.

6. 債権者は、その他の損失があれば、この損失について損害賠償を請求することができる。

 

Article 169  Compensation for recovery costs

169条 回収費用の補償

1. Where interest is payable in accordance with Article 168, the creditor is entitled to obtain from the debtor, as a minimum, a fixed sum of EUR 40 or the equivalent sum in the currency agreed for the contract price as compensation for the creditor's recovery costs.

1. 168条の規定に従い利息が支払われるときは、債権者は、債務者から、最低でも40ユーロの一定額又は契約価格を合意した通貨におけるこれと同等の額を、債権者の回収費用の補償として、請求することができる。

2. The creditor is entitled to obtain from the debtor reasonable compensation for any recovery costs exceeding the fixed sum referred to in paragraph 1 and incurred due to the debtor's late payment.

2. 債権者は、第1項に規定する一定額を超える回収費用であって、債務者による支払の遅滞により生じた費用について、合理的な額の補償を請求することができる。

 

Article 170  Unfair contract terms relating to interest for late payment

170条 支払遅延利息に関する不当な契約条項

1. A contract term relating to the date or the period for payment, the rate of interest for late payment or the compensation for recovery costs is not binding to the extent that the term is unfair. A term is unfair if it grossly deviates from good commercial practice, contrary to good faith and fair dealing, taking into account all circumstances of the case, including the nature of the goods, digital content or related service.

1. 支払期日若しくは支払期間、支払遅延利息の利率又は回収費用の補償に関する契約条項は、その条項が不公正である限度において、拘束力を有しない。契約条項は、関係する状況のすべて(物品、デジタルコンテンツ又は関係する役務の性質を含む。)を考慮して、信義誠実と公正取引の原則に反して善き商慣習から著しく乖離するときは、不公正である。

2. For the purpose of paragraph 1, a contract term providing for a time or period for payment or a rate of interest less favourable to the creditor than the time, period or rate specified in Articles 167 or 168, or a term providing for an amount of compensation for recovery costs lower than the amount specified in Article 169 is presumed to be unfair.

2. 1項の規定の適用上、第167条又は第168条に規定する支払期日、支払期間若しくは利率よりも債務者に不利な支払期日、支払期間若しくは利率を定める契約条項又は第169条に規定する額を下回る額を回収費用の補償額として定める契約条項は、不公正であるものと推定する。

3. For the purpose of paragraph 1, a contract term excluding interest for late payment or compensation for recovery costs is always unfair.

3. 1項の規定の適用上、支払遅延利息が支払われず又は回収費用の補償がなされないことを定める契約条項は、常に不公正である。

 

Article 171  Mandatory nature

171条 強行規定

The parties may not exclude the application of this Section or derogate from or vary its effects.

当事者は、この節の規定の適用を排除し、又はその効力を変更することができない。

 

     Part VII Restitution

     7部 原状回復

 

     Chapter 17 Restitution

     17章 原状回復

 

Article 172  Restitution on avoidance or termination

172条 契約の取消し又は解除がなされるときの原状回復

1. Where a contract is avoided or terminated by either party, each party is obliged to return what that party (“the recipient”) has received from the other party.

1. 契約がいずれかの当事者によって取り消され又は解除されるときは、各当事者は、当該当事者(「受領者」)が相手方から受領したものを返還する義務を負う。

2. The obligation to return what was received includes any natural and legal fruits derived from what was received.

2. 受領したものを返還する義務には、受領したものから派生した自然果実及び法定果実を含む。

3. On the termination of a contract for performance in instalments or parts, the return of what was received is not required in relation to any instalment or part where the obligations on both sides have been fully performed, or where the price for what has been done remains payable under Article 8 (2), unless the nature of the contract is such that part performance is of no value to one of the parties.

3. 分割された又は部分的な弁済を定める契約を解除する場合において、両当事者の義務が完全に履行されたとき、又は第8条第(2)項に基いて行われた行為に対する代金をなお支払わなければならないときは、分割された部分についての、又は部分的な弁済として、受領したものについて返還することを要しない。ただし、契約の性質からして、当該部分の履行が当事者のいずれかにとってなんらの価値を有しないときは、この限りでない。

 

Article 173  Payment for monetary value

173条 金銭的に評価した額の支払

1. Where what was received, including fruits where relevant, cannot be returned, or, in a case of digital content whether or not it was supplied on a tangible medium, the recipient must pay its monetary value. Where the return is possible but would cause unreasonable effort or expense, the recipient may choose to pay the monetary value, provided that this would not harm the other party’s proprietary interests.

1. 受領したもの(果実が派生するときは、これを含む。)を返還することができないとき、又はデジタルコンテンツ(有体の記録媒体により提供されるか否かを問わない。)については、受領者は、これを金銭的に評価した額について支払を行わなければならない。返還することができる場合において、この返還が不合理な労力又は費用を生じさせるときは、受領者は、相手方の財産的利益を害さない限り、金銭的評価額による支払を行うことを選ぶことができる。

2. The monetary value of goods is the value that they would have had at the date when payment of the monetary value is to be made if they had been kept by the recipient without destruction or damage until that date.

2. 物品の金銭的評価額は、金銭的評価による支払が行なわれるべき日まで物品が破壊され又は損傷を受けることなく受領者により保管されていたならば、この日に行われる当該物品に係る金銭的評価により得られたであろう額とする。

3. Where a related service contract is avoided or terminated by the customer after the related service has been performed or partly performed, the monetary value of what was received is the amount the customer saved by receiving the related service.

3. 関係する役務が実行され又は部分的に実行される時の後に、顧客が関係役務契約を取り消し又は解除するときは、受領したものの金銭的評価額は、顧客が関係する役務を受領することにより支出を免れた額とする。

4. In a case of digital content the monetary value of what was received is the amount the consumer saved by making use of the digital content.

4. デジタルコンテンツについては、受領したものの金銭的評価額は、顧客がデジタルコンテンツを利用することにより支出を免れた額とする。

5. Where the recipient has obtained a substitute in money or in kind in exchange for goods or digital content when the recipient knew or could be expected to have known of the ground for avoidance or termination, the other party may choose to claim the substitute or the monetary value of the substitute. A recipient who has obtained a substitute in money or kind in exchange for goods or digital content when the recipient did not know and could not be expected to have known of the ground for avoidance or termination may choose to return the monetary value of the substitute or the substitute.

5. 受領者が物品又はデジタルコンテンツと引換えに金銭又は現物による代替物を取得した場合であって、受領者が取消し又は解除の理由を知り、又は知ることを期待することができたときは、相手方は、この代替物の返還又は代替物を金銭的に評価した額の支払を請求することを選ぶことができる。受領者が物品又はデジタルコンテンツに対する金銭又は現物による代替物を取得した場合であって、受領者が取消又は解除の理由について知らず、かつ、知ることを期待することができなかったときは、当該受領者は、この代替物を返還し又は代替物を金銭的に評価した額を支払うことを選ぶことができる。

6. In the case of digital content which is not supplied in exchange for the payment of a price, no restitution will be made.

6. 代金の支払と引換えに提供されたのではないデジタルコンテンツについては、原状回復は行われない。

 

Article 174  Payment for use and interest on money received

174条 利用についての支払及び受領した金銭の利息

1. A recipient who has made use of goods must pay the other party the monetary value of that use for any period where:

1. 次にいずれかの場合には、物品を使用した受領者は、相手方に対して、使用期間の長短を問わず、当該期間における使用を金銭的に評価した額について支払を行わなければならない。

(a) the recipient caused the ground for avoidance or termination;

(a) 受領者が取消し又は解除の理由を生じさせた場合。

(b) the recipient, prior to the start of that period, was aware of the ground for avoidance or termination; or

(b) 受領者が、使用の開始前に、取消し又は解除の理由について知っていた場合。

(c) having regard to the nature of the goods, the nature and amount of the use and the availability of remedies other than termination, it would be inequitable to allow the recipient the free use of the goods for that period.

(c) 物品の性質、使用の性質と量及び解除以外の救済を受ける可能性を考慮して、受領者に当該期間について物品の無償での使用を認めることが不公平である場合。

2. A recipient who is obliged to return money must pay interest, at the rate stipulated in Article 166, where :

2. 金銭を返還する義務を負う受領者は、次のいずれかの場合には、第166条に規定する利率による利息を支払わなければならない。

(a) the other party is obliged to pay for use; or

(a) 相手方が使用について支払を行う義務を負うとき。

(b) the recipient gave cause for the contract to be avoided because of fraud, threats and unfair exploitation.

(b) 受領者が、詐欺、強迫又は不当な搾取を理由とする契約取消原因を生じさせたとき。

3. For the purposes of this Chapter, a recipient is not obliged to pay for use of goods received or interest on money received in any circumstances other than those set out in paragraphs 1 and 2.

3. この章の規定の適用上、受領者は、第1項及び第2項に規定する以外の状況における受領した物品の使用又は受領した金銭についての利息については、支払を行う義務を負わない。

 

Article 175  Compensation for expenditure

175条 支出に対する補償

1. Where a recipient has incurred expenditure on goods or digital content, the recipient is entitled to compensation to the extent that the expenditure benefited the other party provided that the expenditure was made when the recipient did not know and could not be expected to know of the ground for avoidance or termination.

1. 受領者が物品又はデジタルコンテンツについて支出を行った場合は、受領者が取消し又は解除の理由を知らず、かつ、知ることを期待することができなかったときに限り、受領者は、その支出が相手方に利益を与える限度において、償還を請求することができる。

2. A recipient who knew or could be expected to know of the ground for avoidance or termination is entitled to compensation only for expenditure that was necessary to protect the goods or the digital content from being lost or diminished in value, provided that the recipient had no opportunity to ask the other party for advice.

2. 受領者が取消し又は解除の理由を知り、又は知ることを期待することができた場合には、当該受領者が相手方に助言を求める機会がなかったときに限り、受領者は、物品又はデジタルコンテンツの滅失又は価値の減少を防ぐために要した支出に限って償還を受けることができる。

 

Article 176  Equitable modification

176条 公平性に基づく変更

Any obligation to return or to pay under this Chapter may be modified to the extent that its performance would be grossly inequitable, taking into account in particular whether the party did not cause, or lacked knowledge of, the ground for avoidance or termination.

この章の規定に基づく返還又は支払を行う義務は、特に当事者が取消し又は解除の理由を生じさせたか否か、又はそれについて知らなかったか否かを考慮して、著しく不公正であるときはその限度において、変更することができる。

 

Article 177  Mandatory nature

177条 強行規定

In relations between a trader and a consumer the parties may not, to the detriment of the consumer, exclude the application of this Chapter or derogate from or vary its effects.

事業者と消費者との間においては、当事者は、消費者に不利となるように、この章の規定の適用を排除し、又はその効力を変更することができない。

 

     Part VIII Prescription

     8部 時効

 

     Chapter 18 Prescription

     18章 時効

 

     SECTION 1 GENERAL PROVISIONS

     1節 総則

 

Article 178  Rights subject to prescription

178条  時効により消滅する権利

A right to enforce performance of an obligation, and any right ancillary to such a right, is subject to prescription by the expiry of a period of time in accordance with this Chapter.

義務の履行を強制する権利及びこの権利に附随する権利は、この章の規定に従い、一定の期間の満了により、時効により、消滅する。

 

     SECTION 2 PERIODS OF PRESCRIPTION AND THEIR COMMENCEMENT

     2節 時効期間及びその開始

 

Article 179  Periods of prescription

179条 時効期間

1. The short period of prescription is two years.

1. 短期時効期間は、2年とする。

2. The long period of prescription is ten years or, in the case of a right to damages for personal injuries, thirty years.

2. 長期時効期間は、10年とする。ただし、身体の傷害についての損害賠償請求権についての時効期間は、30年とする。

 

Article 180  Commencement

180条 開始

1. The short period of prescription begins to run from the time when the creditor has become, or could be expected to have become, aware of the facts as a result of which the right can be exercised.

1. 短期時効期間は、債権者が権利の行使を可能とする事実を認識する時、又は認識したことを期待することができる時から起算する。

2. The long period of prescription begins to run from the time when the debtor has to perform or, in the case of a right to damages, from the time of the act which gives rise to the right.

2. 長期時効期間は、債務者が弁済をしなければならない時、又は、損害賠償を請求する権利については、当該権利を生じさせる行為が行われる時から起算する。

3. Where the debtor is under a continuing obligation to do or refrain from doing something, the creditor is regarded as having a separate right in relation to each non-performance of the obligation.

3. 債務者が一定の行為を行い又は行わない継続的義務を負う場合には、債権者は、当該義務の不履行の各々に関して別個の権利を有するものとみなす。

 

     SECTION 3 EXTENSION OF PERIODS OF PRESCRIPTION

     3節 時効期間の延長

 

Article 181  Suspension in case of judicial and other proceedings

181条 司法手続その他手続に関する中断

1. The running of both periods of prescription is suspended from the time when judicial proceedings to assert the right are begun.

1. 時効は、権利を主張するための司法手続の開始時から、両当事者について、中断する。

2. Suspension lasts until a final decision has been made, or until the case has been otherwise disposed of. Where the proceedings end within the last six months of the prescription period without a decision on the merits, the period of prescription does not expire before six months have passed after the time when the proceedings ended.

2. 時効は、終局的決定その他により係争が処分される時まで、中断する。手続が本案判決なしに時効期間の最後の6箇月内に終了するときは、時効は、当該手続の終了後6箇月が経過する時の前には、完成しない。

3. Paragraphs 1 and 2 apply, with appropriate adaptations, to arbitration proceedings, to mediation proceedings, to proceedings whereby an issue between two parties is referred to a third party for a binding decision and to all other proceedings initiated with the aim of obtaining a decision relating to the right or to avoid insolvency.

3. 1項及び第2項の規定は、調停手続、仲裁手続、二当事者間の問題について拘束力のある決定を求めて第三者に委ねられる手続及び権利又は破産回避に関する決定を得ることを目的として開始される他のすべての手続に、準用する。

4. Mediation means a structured process, however named or referred to, whereby two or more parties to a dispute attempt by themselves, on a voluntary basis, to reach an agreement on the settlement of their dispute with the assistance of a mediator. This process may be initiated by the parties or suggested or ordered by a court or prescribed by the national law. Mediation ends by an agreement of the parties or by declaration of the mediator or one of the parties.

4. 調停とは、名称及び委ねる手続のいかんを問わず、それにより二以上の紛争当事者が、自らの意思に基づき、調停者の助力を得ながら自ら紛争に関して和解を行う構造化された手続をいう。この手続は、当事者により開始され、裁判所により示唆され若しくは命じられ、又は法律により定められ得る。調停は、当事者の合意又は調停者若しくは当事者のいずれかによる宣言によって終了する。

 

Article 182  Postponement of expiry in the case of negotiations

182条 交渉が行われるときの完成の延期

If the parties negotiate about the right, or about circumstances from which a claim relating to the right might arise, neither period of prescription expires before one year has passed since the last communication made in the negotiations or since one of the parties communicated to the other that it does not wish to pursue the negotiations.

当事者が、権利又は権利に関する請求を生じさせる事情に関して交渉する場合には、時効は、交渉中に行われた最後の通信時、又は当事者のいずれかが相手方に対して交渉を継続する意思がないことについて通知する時から、1年を経過する時の前には、完成しない。

 

Article 183  Postponement of expiry in case of incapacity

183条 無能力のときの完成の延期

If a person subject to an incapacity is without a representative, neither period of prescription of a right held by that person expires before one year has passed since either the incapacity has ended or a representative has been appointed.

無能力者に保佐人がない場合においては、この者の有する権利については、時効は、無能力の終了時、又は保佐人の指名時から、1年が経過する時の前には、完了しない。

 

     SECTION 4 RENEWAL OF PERIODS OF PRESCRIPTION

     4節 時効期間の更新

 

Article 184  Renewal by acknowledgement

184条 承認による新たな進行

If the debtor acknowledges the right vis-à-vis the creditor, by part payment, payment of interest, giving of security, set-off or in any other manner, a new short period of prescription begins to run.

債務者が支払、利息の支払、担保の差出、相殺その他なんらかの方法により債権者に対してその権利を承認したときは、短期時効期間を、新たに起算する。

 

     SECTION 5 EFFECTS OF PRESCRIPTION

     5節 時効の効果

 

Article 185  Effects of prescription

185条 時効の効果

1. After expiry of the relevant period of prescription the debtor is entitled to refuse performance of the obligation in question and the creditor loses all remedies for non-performance except withholding performance.

1. 時効の完成後には、債務者は、時効により消滅する義務を履行することを拒否することができ、債権者は、履行の留保を除いて、不履行について受けることができる救済のすべてを失う。

2. Whatever has been paid or transferred by the debtor in performance of the obligation in question may not be reclaimed merely because the period of prescription had expired at the moment that the performance was carried out.

2. 債務者により消滅する義務の履行として行われた支払又は移転については、履行時に時効が完成していたことのみを理由として、これらの返還を請求することはできない。

3. The period of prescription for a right to payment of interest, and other rights of an ancillary nature, expires not later than the period for the principal right.

3. 利息の支払を受ける権利及び付随的性質をもつ他の権利の時効は、主たる権利の時効が完成する時以前に、完成する。

 

     SECTION 6 MODIFICATION BY AGREEMENT

     6節 合意による変更

 

Article 186  Agreements concerning prescription

186条 時効に関する合意

1. The rules of this Chapter may be modified by agreement between the parties, in particular by either shortening or lengthening the periods of prescription.

1. この章の準則は、当事者間の合意により変更することができる。特に、時効期間を短縮又は延長することができる。

2. The short period of prescription may not be reduced to less than one year or extended to more than ten years.

2. 短期時効期間を1年未満に短縮し、又は10年を超えて延長することはできない。

3. The long period of prescription may not be reduced to less than one year or extended to more than thirty years.

3. 長期時効期間を1年未満に短縮し、又は30年を超えて延長することはできない。

4. The parties may not exclude the application of this Article or derogate from or vary its effects.

4. 当事者は、この条の適用を排除し、又はその効力を変更することができない。

5. In a contract between a trader and a consumer this Article may not be applied to the detriment of the consumer.

5. 事業者と消費者との間については、消費者の不利となるように、本条の規定を適用することはできない。

 

 続き Cont’d

inserted by FC2 system

 

inserted by FC2 system