試訳(仮)

翻訳 和久井 理子  (翻訳作成掲載日 2012125日)

Tentative Translation by Masako Wakui (Transalation Website Created: 25 January 2012)

 

 

この翻訳は、欧州連合出版局によりEUR-Lexウエブサイトに掲載された英語版の一部を訳したものである。日本語への翻訳の責任は、完全に翻訳者が負う。

 

Translated from the original Engish edition published by the Publications Office of the European Union on the EUR-Lex website:

 

© European Union, http://eur-lex.europa.eu/, Council Directive 93/13/EEC of 5 April 1993 on unfair terms in consumer contracts

OJ L 95, 21.4.1993, p. 29, amended by Directive 2011/83/EU of the European Parliament and of the Council of 25 October 2011 L 304/64.

 

Responsibility for the translation into Japanese lies entirely with Masako Wakui.

 

 

Consolidated versions: 2011-12-12

2011-12-12  統合版

 

This document is meant purely as a documentation tool and the institutions do not assume any liability for its contents.

本文書は、専ら参考文書とする目的で作成されたものであって、関係機関はこの内容について何らの責任を負うものではない。

 

 

COUNCIL DIRECTIVE 93/13/EEC of 5 April 1993 on unfair terms in consumer contracts

OJ L 95, 21.4.1993, p. 29

Amended by: Directive 2011/83/EU of the European Parliament and of the Council of 25 October 2011 L 304/64

消費者契約における不公正な契約条項に関する理事会指令93/13/EEC号(199345日)

改正: [消費者の権利に関する] 欧州議会・理事会指令2011/83/EU20111025日)により改正された。

 

[前文略]

 

Article 1

1

1. The purpose of this Directive is to approximate the laws, regulations and administrative provisions of the Member States relating to unfair terms in contracts concluded between a seller or supplier and a consumer.

1. この指令は、売主又は役務提供者と消費者との間で締結される契約における不公正な契約条項に関する加盟国の法律、規則及び行政上の規定を近似化することを目的とする。

2. The contractual terms which reflect mandatory statutory or regulatory provisions and the provisions or principles of international conventions to which the Member States or the Community are party, particularly in the transport area, shall not be subject to the provisions of this Directive.

2. 強行的性質を有する法律又は規則の規定及び加盟国又は共同体が締約国となっている国際条約の規定又は原則を反映した契約条項、とりわけ運輸分野におけるこのような契約条項は、この指令に服さないものとする。

 

Article 2

2

For the purposes of this Directive:

この指令の適用上、

(a) ‘unfair terms’ means the contractual terms defined in Article 3;

(a)「不公正な契約条項」とは、第3条に定める契約条項をいう。

(b) ‘consumer’ means any natural person who, in contracts covered by this Directive, is acting for purposes which are outside his trade, business or profession;

(b)「消費者」とは、この指令の範囲に含まれる契約において、自己の取引、事業又は専門職業の外で活動する自然人又は法人をいう。

(c) ‘seller or supplier’ means any natural or legal person who, in contracts covered by this Directive, is acting for purposes relating to his trade, business or profession, whether publicly owned or privately owned.

(c)「売主又は役務提供者」とは、公営か民営かを問わず、この指令の範囲に含まれる契約において、自己の取引、事業又は専門職業の内で活動する自然人又は法人をいう。

 

Article 3

3

1. A contractual term which has not been individually negotiated shall be regarded as unfair if, contrary to the requirement of good faith, it causes a significant imbalance in the parties’ rights and obligations arising under the contract, to the detriment of the consumer.

1. 個別交渉がなされなかった契約条項は、信義誠実の原則に反して、契約に基づいて生じる当事者間の権利及び義務に実質的な不均衡を生じさせて、消費者を害するときは、不公正であるものとされることとする。

2. A term shall always be regarded as not individually negotiated where it has been drafted in advance and the consumer has therefore not been able to influence the substance of the term, particularly in the context of a pre-formulated standard contract.

2. 契約条項は、予め作成され、このために消費者が契約条項の内容に影響を与えることができなかった場合、とりわけ予め準備された標準契約(約款)であるときにおいては、常に、個別交渉がなされない契約条項とみなすものとする。

The fact that certain aspects of a term or one specific term have been individually negotiated shall not exclude the application of this Article to the rest of a contract if an overall assessment of the contract indicates that it is nevertheless a pre-formulated standard contract.

契約条項の一定の側面又は特定の契約条項について個別交渉がなされた場合であっても、契約が、全体として、予め準備された標準契約条項(約款)であることを示すときは、契約の他の部分についてこの条を適用することは妨げられないものとする。

Where any seller or supplier claims that a standard term has been individually negotiated, the burden of proof in this respect shall be incumbent on him.

売主又は役務提供者は、標準契約条項(約款)が個別交渉がなされてきたものであると主張する場合には、これを証明する責任を負うものとする。

3. The Annex shall contain an indicative and non-exhaustive list of the terms which may be regarded as unfair.

3. 附則においては、不公正とされることがありうる契約条項を例示するものとする。なお、不公正とされることがありうる契約条項は、これらに限られない。

 

Article 4

1. Without prejudice to Article 7, the unfairness of a contractual term shall be assessed, taking into account the nature of the goods or services for which the contract was concluded and by referring, at the time of conclusion of the contract, to all the circumstances attending the conclusion of the contract and to all the other terms of the contract or of another contract on which it is dependent.

1. 契約条項の不公正性を評価するに当たっては、契約の対象である物品又は役務の性質を考慮し、契約締結時において存在した状況のすべて及び他の契約条項又は契約が依拠する他の契約の内容を参照するものとする。なお、この規定は、第7条に影響を及ぼすものではない。

2. Assessment of the unfair nature of the terms shall relate neither to the definition of the main subject matter of the contract nor to the adequacy of the price and remuneration, on the one hand, as against the services or goods supplies in exchange, on the other, in so far as these terms are in plain intelligible language.

2. 契約条項の不公正さの評価は、契約の主要な事項の定義又は、支払われるべき代金及び報酬の適正性(これら代金及び報酬を、これと引き換えに供給される役務若しくは物品と比較して、評価される。)とは、関係しないものとする。ただし、契約条項に、平易で理解しやすい表現が用いられている場合に限る。

 

Article 5

5

In the case of contracts where all or certain terms offered to the consumer are in writing, these terms must always be drafted in plain, intelligible language. Where there is doubt about the meaning of a term, the interpretation most favourable to the consumer shall prevail. This rule on interpretation shall not apply in the context of the procedures laid down in Article 7 (2).

消費者に対して、契約の全部又は一部の条項を、書面により示す場合については、これらの条項は常に平易で理解しやすい表現を用いて作成しなければならない。契約条項の意味について疑義が生じる場合には、消費者に最も有利な解釈が優先するものとする。この解釈に係る準則は、第7条第(2)項の規定に定める手続の下においては、適用しないものとする。

 

Article 6

6

1. Member States shall lay down that unfair terms used in a contract concluded with a consumer by a seller or supplier shall, as provided for under their national law, not be binding on the consumer and that the contract shall continue to bind the parties upon those terms if it is capable of continuing in existence without the unfair terms.

1. 加盟国は、消費者との間で締結される契約内の不公正な契約条項であって、売主又は役務提供者により準備された条項が、国内法の下で消費者を拘束しないようにするとともに、不公正な契約条項を除いて契約を維持することができる場合においては、他の契約条項は、なお当事者に対して拘束力を有することとする規定を定めるものとする。

2. Member States shall take the necessary measures to ensure that the consumer does not lose the protection granted by this Directive by virtue of the choice of the law of a non-Member country as the law applicable to the contract if the latter has a close connection with the territory of the Member States.

2. 加盟国は、消費者が、非加盟国の法律を契約の準拠法として選択することにより、この指令により与えられる保護を失わないようにするために、必要な措置をとるものとする。ただし、契約と加盟国とが密接な関係にある場合に限る。

 

Article 7

7

1. Member States shall ensure that, in the interests of consumers and of competitors, adequate and effective means exist to prevent the continued use of unfair terms in contracts concluded with consumers by sellers or suppliers.

1. 加盟国は、消費者及び競争者の利益となるように、売主又は役務提供者が消費者との間で締結する契約において、不公正な契約条項が継続して使用されることを防ぐ適切かつ効果的な手段が設けられるようにすることとする。

2. The means referred to in paragraph 1 shall include provisions whereby persons or organizations, having a legitimate interest under national law in protecting consumers, may take action according to the national law concerned before the courts or before competent administrative bodies for a decision as to whether contractual terms drawn up for general use are unfair, so that they can apply appropriate and effective means to prevent the continued use of such terms.

2. 1項に規定する手段には、消費者を保護することについて国内法の下で正当な利益を有する者又は機関が、不公正な契約条項が継続して使用されることを防ぐ適切かつ効果的な手段を用いることができるように、一般的に用いる目的で作成された契約条項が不公正であるか否かの判断を求めて、国内法に従い、裁判所又は所轄行政機関に訴えの提起等を行うことができることにする規定を含むものとする。

3. With due regard for national laws, the legal remedies referred to in paragraph 2 may be directed separately or jointly against a number of sellers or suppliers from the same economic sector or their associations which use or recommend the use of the same general contractual terms or similar terms.

3. 2項に規定する法的救済については、国内法を十分に配慮しつつ、同一又は類似する一般契約条項(普通約款)を用い又は用いることを勧める同一の経済分野に属する多数の売主若しくは役務提供者又はこれらの団体に対して、個別に又は一括して、提起等をすることができる。

 

Article 8

8

Member States may adopt or retain the most stringent provisions compatible with the Treaty in the area covered by this Directive, to ensure a maximum degree of protection for the consumer.

加盟国は、消費者に最大限の保護が与えられるようにするために、この指令の範囲に含まれる分野において、条約と整合する限りで最も厳格な規定を導入又は維持することができる。

 

Article 8a

8a

[この条は、指令2011/83/EC号により挿入された。]

1. Where a Member State adopts provisions in accordance with Article 8, it shall inform the Commission thereof, as well as of any subsequent changes, in particular where those provisions:

1. 加盟国が第8条に従い規定を導入する場合、とりわけ次のいずれかの規定を導入するときには、委員会に対して、この規定について通知するとともに、それ以降に行われる変更について通知するものとする。

— extend the unfairness assessment to individually negotiated contractual terms or to the adequacy of the price or remuneration; or,

不公正性の評価を、個別交渉がなされた契約条項又は価格又は報酬の適正性についても行うことととする規定

— contain lists of contractual terms which shall be considered as unfair,

不公正とみられる契約条項の一覧を含む規定

2. The Commission shall ensure that the information referred to in paragraph 1 is easily accessible to consumers and traders, inter alia, on a dedicated website.

2. 委員会は、消費者及び事業者が容易に、なかでも専用のウエブサイトを通じて、第1項に規定する情報を利用できるようにするものとする。

3. The Commission shall forward the information referred to in paragraph 1 to the other Member States and the European Parliament. The Commission shall consult stakeholders on that information.

3. 委員会は、第1項に規定する情報を、加盟国及び欧州議会に連絡するものとする。委員会は、これら情報について利害関係者と検討を行うものとする。

 

Article 9

9

The Commission shall present a report to the European Parliament and to the Council concerning the application of this Directive five years at the latest after the date in Article 10 (1).

10条第(1)項に規定する期日から5年を経過する日までに、委員会は、欧州議会及び理事会に、この指令の適用に関する報告を提出するものとする。

 

Article 10

10

1. Member States shall bring into force the laws, regulations and administrative provisions necessary to comply with this Directive no later than 31 December 1994. They shall forthwith inform the Commission thereof.

1. 加盟国は、19941231日までに、この指令を遵守するために必要な法律、規則及び行政上の規定を施行するものとする。加盟国は、委員会に対して直ちに、これらを連絡するものとする。

These provisions shall be applicable to all contracts concluded after 31 December 1994.

これら規定は、199412 31日の後に締結される契約に適用するものとする。

2. When Member States adopt these measures, they shall contain a reference to this Directive or shall be accompanied by such reference on the occasion of their official publication. The methods of making such a reference shall be laid down by the Member States.

2. 加盟国がこれら措置をとる場合においては、この措置内でこの指令を引用し、又は、措置を公式に公表するときに、措置にあわせてこの指令を引用するものとする。加盟国は、引用を行う方法を決定するものとする。

3. Member States shall communicate the main provisions of national law which they adopt in the field covered by this Directive to the Commission.

3. 加盟国は、この指令が適用される範囲において当該加盟国が導入する国内法の主要な規定の内容を、委員会に連絡するものとする。

 

Article 11

11

This Directive is addressed to the Member States.

この指令は、加盟国を名宛人とする。

 

ANNEX

附則

 

TERMS REFERRED TO IN ARTICLE 3 (3)

3条第(3)項に規定する契約条項

 

1. Terms which have the object or effect of:

1. 次の目的又は効果をもつ契約条項

(a) excluding or limiting the legal liability of a seller or supplier in the event of the death of a consumer or personal injury to the latter resulting from an act or omission of that seller or supplier;

(a) 売主又は役務提供者の作為又は不作為により消費者に生じた死亡又は身体の傷害について、当該売主又は役務提供者の責任を排除又は制限すること。

(b) inappropriately excluding or limiting the legal rights of the consumer vis-à-vis the seller or supplier or another party in the event of total or partial non-performance or inadequate performance by the seller or supplier of any of the contractual obligations, including the option of offsetting a debt owed to the seller or supplier against any claim which the consumer may have against him;

(b) 契約上の義務に関して、全部若しくは一部について売主若しくは役務提供者による不履行があった場合又は完全な履行が行われなかった場合において、売主、役務提供者その他当事者に対して消費者が有する法律上の権利を、不適切に、排除又は制限すること。この法律上の権利には、消費者が売主又は役務提供者に対して負う債務と、売主又は役務提供者に対して有する債権とを相殺することを選択することを含む。

(c) making an agreement binding on the consumer whereas provision of services by the seller or supplier is subject to a condition whose realization depends on his own will alone;

(c) 売主又は役務提供者による履行について、専ら当該売主又は役務提供者の意思により成就されるかどうかが決まる条件を付しながら、このような条件が付された合意に消費者が拘束されるものとすること。

(d) permitting the seller or supplier to retain sums paid by the consumer where the latter decides not to conclude or perform the contract, without providing for the consumer to receive compensation of an equivalent amount from the seller or supplier where the latter is the party cancelling the contract;

(d) 売主又は役務提供者が、消費者が契約を締結せず又は履行しないことを決定した場合に、消費者から支払われた金銭を保持することを認めること。ただし、売主又は役務提供者が契約を取り消した場合において、消費者が事業者から同等の額の支払を受領すべきことを定めていた場合を除く。

(e) requiring any consumer who fails to fulfil his obligation to pay a disproportionately high sum in compensation;

(e) 契約上の義務を履行しない消費者に対して、償いとして相応性を欠く高額な金銭の支払を行うことを要求すること。

(f) authorizing the seller or supplier to dissolve the contract on a discretionary basis where the same facility is not granted to the consumer, or permitting the seller or supplier to retain the sums paid for services not yet supplied by him where it is the seller or supplier himself who dissolves the contract;

(f) 消費者に対して同一の便宜を与えることなく、売主又は役務提供者に対して、裁量的に契約を解消する権限を与えること。又は、売主又は役務提供者が契約を解消するときに、売主又は役務提供者が、未だ行っていない履行について支払われた金銭を保持することを認めること。

(g) enabling the seller or supplier to terminate a contract of indeterminate duration without reasonable notice except where there are serious grounds for doing so;

(g) 売主又は役務提供者が、期間の定めのない契約を、合理的な通知を行うことなく、解除することができるとすること。ただし、重大な解除理由がある場合は、この限りでない。

(h) automatically extending a contract of fixed duration where the consumer does not indicate otherwise, when the deadline fixed for the consumer to express this desire not to extend the contract is unreasonably early;

(h) 消費者が別段の表示を行わない限り、期間の定められた契約の契約期間が自動的に延長されることにすること。ただし、契約を延長しないことを希望する意思表示を行う期限が、不合理に早く定められている場合に限る。

(i) irrevocably binding the consumer to terms with which he had no real opportunity of becoming acquainted before the conclusion of the contract;

(i) 消費者が契約締結前に契約条項について十分な知識を得る機会を与えることなく、当該契約条項が消費者に対して取消不能な拘束力を有するものとすること。

(j) enabling the seller or supplier to alter the terms of the contract unilaterally without a valid reason which is specified in the contract;

(j) 売主又は役務提供者が、契約に定める正当な理由を付すことなく、契約内容を一方的に変更しうるものとすること。

(k) enabling the seller or supplier to alter unilaterally without a valid reason any characteristics of the product or service to be provided;

(k) 売主又は役務提供者が、正当な理由を付すことなく、供給すべき物品又は役務の特性を一方的に変更しうるものとすること。

(l) providing for the price of goods to be determined at the time of delivery or allowing a seller of goods or supplier of services to increase their price without in both cases giving the consumer the corresponding right to cancel the contract if the final price is too high in relation to the price agreed when the contract was concluded;

(l) 物品の価格を引渡し又に定めるものとし、又は、物品の売主若しくは役務提供者が代金を増額することを認めること。ただし、最終的な価格が契約締結時に合意された価格に比して過度に高い場合においては、消費者が、契約を取り消す権利を有すると規定する場合は、この限りでない。

(m) giving the seller or supplier the right to determine whether the goods or services supplied are in conformity with the contract, or giving him the exclusive right to interpret any term of the contract;

(m) 供給された物品又は役務が契約に適合しているか否かを決定する権利を売主又は役務提供者に与え、又は契約条項を解釈する権利を専ら売主又は役務提供者に与えること。

(n) limiting the seller’s or supplier’s obligation to respect commitments undertaken by his agents or making his commitments subject to compliance with a particular formality;

(n) 売主若しくは役務提供者が権限を与えた者が行った約束について、これを尊重する売主若しくは役務提供者の義務を制限すること。又は、特定の手続に従うことを条件として、自己の約束を遵守することにすること。

(o) obliging the consumer to fulfil all his obligations where the seller or supplier does not perform his;

(o) 売主又は役務提供者が義務の全部を履行しない状況の下で、消費者に義務の全部を履行する義務を課すこと。

(p) giving the seller or supplier the possibility of transferring his rights and obligations under the contract, where this may serve to reduce the guarantees for the consumer, without the latter’s agreement;

(p) 売主又は役務提供者が契約に基づいて有する権利及び義務を、消費者の同意なしに、移転することを認めること。ただし、この移転が、消費者に対する保証が減少することとなるおそれがある場合に限る。

(q) excluding or hindering the consumer’s right to take legal action or exercise any other legal remedy, particularly by requiring the consumer to take disputes exclusively to arbitration not covered by legal provisions, unduly restricting the evidence available to him or imposing on him a burden of proof which, according to the applicable law, should lie with another party to the contract.

(q) 消費者が法的措置をとり、その他法的救済を行使する権利を排除又は妨害すること。とりわけ、専ら法律により定められない仲裁制度に紛争を付すことを消費者に要求し、消費者が利用することができる証拠を不当に制限し、又は法律上は契約の相手方が負うべき証明責任を消費者に負担させること。

 

2. Scope of subparagraphs (g), (j) and (l)

2. (g)(j)及び (l)の範囲

(a) Subparagraph (g) is without hindrance to terms by which a supplier of financial services reserves the right to terminate unilaterally a contract of indeterminate duration without notice where there is a valid reason, provided that the supplier is required to inform the other contracting party or parties thereof immediately.

(a) (g)の規定は、金融サービスの提供者が、正当な理由がある場合に、期間の定めのない契約を通知を行うことなく一方的に解除する権利を保持する契約条項を妨げるものではない。ただし、当該サービス提供者は、これを契約の相手方に対して直ちに知らせなければならない。

(b) Subparagraph (j) is without hindrance to terms under which a supplier of financial services reserves the right to alter the rate of interest payable by the consumer or due to the latter, or the amount of other charges for financial services without notice where there is a valid reason, provided that the supplier is required to inform the other contracting party or parties thereof at the earliest opportunity and that the latter are free to dissolve the contract immediately.

(b) (j)の規定は、金融サービスの提供者が、正当な理由がある場合に、消費者が支払うべき利息の率若しくは消費者に対して支払われるべき利息の率、又は金融サービスに対するその他料金の額を通知を行うことなく変更する権利を保持する契約条項を妨げるものではない。ただし、当該サービス提供者は、これを契約の相手方に可能なかぎり早く知らせなければならず、かつ、相手方は直ちに契約を解消することができる。

Subparagraph (j) is also without hindrance to terms under which a seller or supplier reserves the right to alter unilaterally the conditions of a contract of indeterminate duration, provided that he is required to inform the consumer with reasonable notice and that the consumer is free to dissolve the contract.

(j)の規定は、売主又は役務提供者が期間の定めのない契約の条件を一方的に変更する権利を保持する契約条項を妨げるものでもない。ただし、売主又は役務提供者は消費者に対して合理的な通知により、これを知らせなければならず、かつ、消費者は契約を解消することができる。

(c) Subparagraphs (g), (j) and (l) do not apply to:

(c) (g)(j)及び(l)の規定は、次の事項には適用しない。

— transactions in transferable securities, financial instruments and other products or services where the price is linked to fluctuations in a stock exchange quotation or index or a financial market rate that the seller or supplier does not control;

流通性のある証券、金融証書及び売主又は役務提供者が支配することができない株式取引相場若しくは指数又は金融市場利率の変動に従い価格が決定される製品又は役務に係る取引

— contracts for the purchase or sale of foreign currency, traveller’s cheques or international money orders denominated in foreign currency;

外国通貨、旅行者小切手又は外国通貨建ての国際為替の購入又は販売に係る契約

(d) Subparagraph (l) is without hindrance to price-indexation clauses, where lawful, provided that the method by which prices vary is explicitly described.

(d) (l)の規定は、価格スライド条項であって、合法であるものを妨げるものではない。ただし、価格を変更する方法が明確にされていなければならない。

inserted by FC2 system